きららのきらきら生活

ただ今のんびりソウル旅行記アップ中です~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画~トゥモロー・ワールド

2006-11-19 | ☆2006年*鑑賞映画☆

 「トゥモロー・ワールド」公式サイト


近未来SFアクション映画?
普段まったく興味のないジャンルの映画だけど、なんとなくキャッチコピーとクライヴ・オーウェンに惹かれて観て来ました☆


西暦2027年、人類は18年間の長期に渡って子どもが生まれない未曾有の異常事態が続いており、このままでは人類絶滅の危機は免れなかった。
そんな中、何の目的もなく働いていた国家官僚のセオ(クライヴ・オーウェン)が、ある日突然、何者かによって拉致される。
セオを拉致したのはセオの元妻ジュリアン(ジュリアン・ムーア)が率いる反政府組織で、世界がひっくり返るような秘密を掴んでいた……。


あんましSFっぽくなかったような、、、
チラシ観てると宇宙とか出てきちゃうようなお話かと思っていたけど全然違ってた!
だからかな?結構はまってしまいました。
「子供が誕生しない世界」、ってそんなことありえない!と心では思っているけどなんだかホントウに起こりうる未来って感じもするし、、、

しかし、納得いかない部分もアリ
なぜ21年後に子供が産まれなくなる?不妊症率90%!?
なぜこんなにもテロが暴走している?
なぜ世界や人々は悲壮感にあふれ、ダークになっている?
このあたりの世界観というか背景がほとんど説明されていないのでちと置いてきぼりになってしまいます。


ただわたし的にはこのあたりのことも、リアルな映像や音楽などで十分カバーされちゃいました。
オープニグから長回しワンカットが多くて、特にラスト近くの8分間ワンカットはスゴカッタです!
そして、赤ちゃんの泣き声と共に消えていく銃声。赤ちゃんの姿にひれ伏す人々。感動涙しちゃいました。
役者も演技派そろだし。テーマが重いだけにコレ重要かな。

ジュリアンの両親が亡くなったのは『NYのあの事件』ってなっていたけどあれは9.11のことですよね?


暗い中にも一筋の光を見るようなラスト。
そう遠くない未来がこの映画のようにならないためにも今、私たちがきちんと平和な世界を守っていかなきゃね♪
ヒトゴトじゃない!!


★★★★☆      映画館ガラガラ、、、 さみしい、、、


クライヴ・オーウェン、やっぱり「声」いいなぁ~☆
あと、「キンキー・ブーツ」のキウェテル・イジョフォーもいましたね!「インサイド・マン」に続いての共演ですね!
それにしてもジュリアン・ムーアの出番が、、、ビックリでした!


そして明日から3日連続また映画!(あ、今日入れたら4日連続だ。。。!)
たぶん、、、体力持ちません><

Comments (42)   この記事についてブログを書く
« キケンなケーキ | TOP | 映画~王の男 »
最新の画像もっと見る

42 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
一番乗り? (kazupon)
2006-11-19 20:36:17
きららさん、コメント一番乗りです!^^
これ観ている間「スゴイ映画だなぁ」って
ずっと思ってました。
途中のジュリアンが殺される所とか、
あそこもワンカットに近いノリで撮られて
ますよね。もうめちゃくちゃ怖いというか・・。
あそこまでリアリティのある映像ってなかなか
無いと思います。もちろんラストの赤ちゃん奪還
のくだりなんかめまいしそうでしたし。
実は原作読みかけなんですけど、
全然違うんですよね。ジュリアンは元妻じゃない
し。
背景説明は全て潔くとっぱらってると
思うので、そこをつっこまれるレビューが
多いのかなぁと予測してますが
「トンマッコル」もこれもハマった作品に
なりました。
こんばんは (ノラネコ)
2006-11-19 21:27:16
これはメタファーとしてのSFですね。
「子供が生まれない」のではなくて、こんな世界へ「生まれてきてくれない」という。
キーの生んだ子供は、それでも「仕方がないなあ」と希望の役目を引き受けてくれたのでしょう。
久々に骨太の社会派SF。
良い作品だったと思います。
当たりっ♪ (メビウス)
2006-11-20 19:40:21
きららさんこんばんわ♪

自分も鑑賞2日くらい前まで気にも留めていなかった作品ですけど、クライマックスの8分間・・と言う部分が気になって観てみたら当たりでした♪あの長回しには観ていて手にかなり力が入ってしまいました。

SFぽく見えないのも、やっぱりリアル世界から21年後と比較的近い将来を描いてるからというのも含まれているんでしょうね。それが逆にリアル。
Unknown (あっしゅ)
2006-11-20 20:56:33
ボクもこの映画観ましたよぉ~。
っていうか期待はずれ、、、。クライヴ・オーウェンっていい男なのに最近はずれの映画が多いと思っているのはボクだけでしょうか?
そんなダサダサ映画でも泣いちゃいそうなシーンがあったんです、、、。
建物の中で赤ちゃんが急に泣き出したとき、人々が神を見るかのようにすがってきた時、やっぱり子供ってのは大人たちの生きるための希望!なんだなぁって思った瞬間泣きそうになりましたけど、、、。でもそれだけの映画でした。
見たいと思ってた (ふる)
2006-11-20 21:16:50
ジュリアン・ムーアも嫌いじゃないし。

設定も好み。

どうでもいいことなんだけど、

田口トモロヲ

という役者を思い出した。
あーあ、またどーでもいいこと書いちゃった
kazuponさん♪ (きらら)
2006-11-20 22:56:32
イチバン乗りありがとう

ジュリアンが殺されるところ、確かに思い返せばワンカットだったかもしれませんね~!
じゃぁ!あのボールみたいなヤツを口で飛ばしているのも実際にやったのかな?
アレ、かなり気になりました!「スゴイ~!」って
映像すごかったですね。
それだけでもう十分です!楽しかった!
kazuponさんの高評価作品、私もどっちも楽しめました!
なんだかうれしいです
ノラネコさん♪ (きらら)
2006-11-20 23:01:37
ノラネコさんのレビュー読んで、「SF」と表現された意味が分かったような気がしました
確かにこんな世の中だったら産まれてきたくないですもんね。
「キー」という名前も「鍵」にかけられてるんだと後で気づきました!
なかなか深い作品だと思いました。
うーーむ (koko)
2006-11-21 04:49:12
田口トモロヲ・ワールド・・・いやだ~~!!

きらりんは本当に映画好きなのね
私はこの頃は夜中に録画した映画見たり、今週やっとプラダ見に行く予定!(あ、手帳に書かなくちゃ!)
今ね、プラダの著者の新刊読んでるんだけどこれがなかなかおもしろくならなくて・・・

映画おもしろいといいな~~!
あとね、SAtCの原作者の小説をたくさん買ったの!そっちはおもしろそう!!
TB&コメントありがとうございました! (睦月)
2006-11-21 18:04:42
こんにちわ!

この作品・・すんごくリアリティのある描写が満載でしたね。たった21年後の未来の図も決して他人事だの未知のことだのなんて思えなかったし・・・。
子供が産まれない世界だなんて・・・こんなに恐ろしいことなんだと痛烈に心に迫るものがありました。

ただ、きららさんもおっしゃっているように、さまざまな事象についての説明がちょっと不足していたように思います。そこのところさえもう少し詰めてくれればもっと楽しめたのになあ・・・なんても思ったり。

クライブ・オーウェン・・・いい男っすよね♪
観にいって得した♪ (ななな)
2006-11-21 19:46:21
きららさん、こんにちわ。
私も観にいく予定はなかったんだけど何となく駅の広告見てて観たいなぁ~と思ってそのまま行ってしまいました♪
映像すごかったですよね!
目まぐるしく展開するから目を離していられないしドキドキでした。

20年後にあんな世界になってたら嫌ですよね~。
生きていくのも嫌になりそう・・・真っ先に自殺薬を使っちゃうかもです(苦笑

Recent Entries | ☆2006年*鑑賞映画☆