きららのきらきら生活

ただ今のんびりソウル旅行記アップ中です~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

映画~硫黄島からの手紙

2006-12-09 | ☆2006年*鑑賞映画☆

 「硫黄島からの手紙」公式サイト


クリント・イーストウッド監督による「硫黄島2部作」。「父親たちの星条旗」に続く第2弾、日本側から見た硫黄島、、、


戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。
アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林(渡辺謙)が硫黄島に降り立った。
着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げる。
そんな栗林の登場に、硫黄島での日々に絶望していた西郷(二宮和也)ら兵士たちは希望を見出す。
だが、一方で古参の将校たちの間で反発が高まり…。


「父親たちの星条旗」ではほとんど顔を見せることのなかった日本兵が、どのようにしてこの硫黄島の戦いに望んだのかが今作を観るととてもよく分かります。
あちらの作品ではすっごく残酷な日本兵に思えたけど、、、やはり人間。
死ぬのは怖いし、本国で待つ家族を思う気持ちは今の私たちと何も変わりはないのです。

最後の最後まで戦い続けるという姿勢。
今の私たちにはなかなか出来ないこと。これぞ日本の精神だ、とすごく考えさせられた。


普段邦画をあまり鑑賞しないのでなんともいえませんが、コレがハリウッド作品だとは信じられない。
やっぱりアメリカ人とは違う、日本人ならではの祖国への思いとか戦争に対する考えとかがきちんと描かれていたと思います。
感情に訴えかけることなく、たんたんと見せ付けられる戦闘シーンは前作に引き続き圧巻。
(あの自決のシーンは恐ろしかったです、、、)
モノトーン調のフィルムに映える爆弾の炎や人間の血、そして日の丸の赤がとっても印象的でした。


イーストウッド監督がきちんとオーディションで選んだという、キャストが凄かった。
渡辺謙、、、何気に彼の作品を観るのは初めてかもしれない。「ラスト・サムライ」も「SAYURI」も未見なので。
彼の演技、最初からビックリでした!なんていうのか、演技に見えないほど自然な演技。
日常がそのまま切り取られたようなセリフの言い回しにちと感動。
アカデミー賞候補?の嵐・二宮くんも自然でいい感じでした。目がいいです。



★★★★☆*    どちらか、、、といわれたら絶対にこっちの作品をおススメします!


今夜、フジテレビにて「硫黄島~戦場の郵便配達」が放送されますね!
そういえばこちらに主演の伊藤淳史くん、この映画のオーディションに落ちたって言っていました!

ジャンル:
ウェブログ
Comments (48)   この記事についてブログを書く
« B\'z LIVE-DVD発売と『いい男... | TOP | ステキなクリスマスリース »
最近の画像もっと見る

48 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日見て来ました~☆ (latifa)
2006-12-09 18:10:52
きららさん、こんにちは。
私も見て来ました^^
渡辺謙さん、凄い迫力というか、存在感でしたよね。
あれが、ぱっとしない人が演じてたら、がっかり・・・したかもしれませんが、カッコ良くて堂々たる人が演じていたので、何だか嬉しかったです。

私は、西隊長の部分で、涙が止まりませんでした。
こんにちは♪ (ミチ)
2006-12-09 20:42:51
待ちに待った作品でした。
昨日もう一度「父親たちの~」を鑑賞しておいたのですが、おかげで重なっているシーンがよく分かりました。
繋がっている部分がたくさんありましたよね。
キャストもみなさん良かったです!
今日は硫黄島デーですね! (マダムS)
2006-12-09 20:57:32
こんばんは~
これからまたドラマですね!!
伊藤君、オーディション残念でしたね?
彼みたいなキャラクターも欲しかったかな・・
こんばんは~ (志信)
2006-12-09 23:09:13
この映画私も観たいと思っています。
前作の「父親たちの星条旗」も観たし、私の友達もこの映画は良いよー!(むしろ、今回の方が共感できる、といった感じ)と言っていたので期待しちゃいます★
やはり観るべき? (ルールー)
2006-12-10 00:37:17
きららさん、おひさし鰤♪
もうなんだかんだオフまで野球三昧でなかなか抜け切れなかったのが、ようやく落ち着いたと思ったら、今度はギックリ腰を患っちゃいました。
そんなわけで今日は結婚記念日で映画観て食事して…の予定が、鍼治療行ったりですべてキャンセル…

ところでその映画なんですけど、予定ではきららさん低評価の『007カジノ・ロワイヤル』に行くつもりだったのだけど、やっぱり『硫黄島からの手紙』の方がいいかしらね?
イーストウッドが取り上げてくれなければ、もしかしたら知らないままだったかもしれない硫黄島のお話。。
TVの「~戦場の郵便配達」もなかなか見応えありましたね。
きららちん☆ (mig)
2006-12-10 01:57:04
誤字直しとかしてたらこんな時間になっちゃったよ~。

せっかく二部作だから両方観ることも大事だけど、
どっちかと言われたら断然わたしもこちらを押し
日本人だからね、やっぱり。
多くの人に観てもらいたいな☆

↓やっぱりイイ男、1位は断然稲葉さんなのね
わたしだったら、、、誰かなぁ~
(ってこころではもう決まってるかも
latifaさん♪ (きらら)
2006-12-10 09:09:26
こんにちは~

この映画内容が素晴らしいのはもちろんですが、
やっぱりキャストがすごく良かったですよね!

渡辺謙さん、
ふつうの家庭人としてのやさしさと日本兵を統率している指揮官としての強さみたいのがとっても伝わってきましたね。
あんなに凄い俳優さんだと思いませんでした。

ミチさん♪ (きらら)
2006-12-10 09:30:50
ミチさんのように私も事前に復習?しておきたかったかも、、、です。
あああーこんなトコ「父親たち~」にもあった、、かも?とは思えたものの、はっきり重なったのは
あの自決した兵士たちのシーンだけでしたから。

キャストはよかったですよね。
あやしい日本人とか起用されていなくて本当によかったです。
マダムSさん♪ (きらら)
2006-12-10 09:46:36
こんにちは。
マダムさんのレビューとっても素晴らしかったです
なんだか自分のが恥ずかしいわ

硫黄島作品3部作!みたいな感じですね。
ドラマもとっても分かりやすくて良かったです。
伊藤くんは、、、オーディションに落とされたのが分かる気がしました
志信さん♪ ( きらら)
2006-12-10 18:21:43
こんばんは
コレは必見だと思います。
いいとか悪いとかそういうことよりも、こういう事実があったことってのを知ることも大切だし。
とくに志信さんのような若い世代(でしたよね。。。?)にはおススメかも!

そしてぜひぜひ感想聞かせてくださいね!

Recent Entries | ☆2006年*鑑賞映画☆

Similar Entries