「たぬき音楽祭」-ネオ公民館『誉』-「NU」 その他ごくたまに日記が書かれたもの。

8割告知。1割旅行記。1割日記。大橋周辺を歩いてます。

アライバリズム-Hei Tanaka “ぼ〜んツアーだい!” 開催決定!!

2019年03月11日 | 主催(アライバリズム 、大橋月桃ディスコ)
※随時情報を更新していきます。






元SAKEROCKの田中馨がリーダーとなり
「あの世のザッパに教えたら、なんて言うだろ?」をテーマに
2016年1月渋谷WWWの自主企画をまさかのSOLDOUTで大盛況のうちに終わらせ、何かがまた始まったのだ。

狂気!カオス!から、覗きみる、キュートやポップ!
騒がしい!やかましい!から、はみ出た、空っぽ!
空っぽと一体になって踊る、前人未到の1拍子音楽。

田中を筆頭に個性的なメンバー各人が、それぞれの態度で音楽に振り回され続けた先にある泣けて笑える、最後は大きなクエスチョンのお土産付き


こんなにお得なライブはHei Tanakaだけ!!

WEB:http://kakubarhythm.com/special/bornbonebomb



↑何度自分で書こうと試みてみても、Hei Tanakaの紹介文があまりにも的を得ていたので勝手に拝借。加えていうならMVやみよのさくせいがあまりにも人間的で優しくドラマチックなのだ(聴けば聴くほどに)。やめたり 止まったり はじめたりの繰り返しで地方でイベントをやってきましたが、こういう音楽に出あう度、迷っていた心が勝手に躁縦され、遂には動かなかった体が動き出せてしまうから不思議なもので、1人の人間にとっての切実な表現とは誰かの何かへと続いていくんだなと嬉しくなってしまう。
2007年から数えて12年目を迎えた不定期的感情型イベント“アライバリズム”。Hei Tanakaを筆頭に、“いいね”では間に合わない心踊る音楽と表現と何かを持ってお待ちしています。
また、22歳未満のフレッシュな感性の世代や、2歳児以下のBabyを育てている方々は入場無料となっています。たまにはこういう日もどーぞ。





アライバリズム-Hei Tanaka “ぼ〜んツアーだい!”
2019.5.19(日)
場所:島根県松江市出雲ビル地下1階(島根県松江市白潟本町33)
時間:16:00-21:00
料金:3000円(+1 D ORDER)
※当日券は3500円となります。
※22歳未満入場無料
※2歳児以下子育て中の方無料

ご予約・問い合わせ:
ご予約の方は、下記メールにて
■ 氏名(フルネーム)
■公演日5月19日(日)
■枚数
■返信用メールアドレス
■電話番号
をお送りください
mail : tanukirhythm@gmail.com
(担当:後藤)

-LIVE-
Hei Tanaka
O.G.K
さよならHOMEゲーム(ex.たぬき温泉BIGバンド)

-DJ-
2bn(PLAYON./Parade)
H to H(ヒロポン+グルジア食堂)
and more...

-出店-
TOMOKAZI(似顔絵)
竹村亭


-装飾-
ヨシノカナエ


<O.G.K>

その力強い声と声量、ユーモアいっぱいの楽曲とLIVE STYLEには若者だけではなく中高年からも高い評価を受ける。田舎町の小さな祭から大祭、結婚式の司会進行、バスケットボール大会でのMC、保育園や介護施設、学園祭から成人式でのLIVE、本来のクラブやライブハウスだけにとどまらず精力的に活動している。また、鳥取盲学校に特別音楽講師として招かれ、子供たちとセッションや制作を行ないLIVEを成功させた。O.G.Kは市とStreetから支持を得る数少ないラッパーである。2013年 1st『THE BEGINNING』2016年 2nd『COME ORIGINAL』リリース。現在3枚目のALBUMを製作中。



<さよならHOMEゲーム>

地元バンド「さよならHOMEゲーム」が“一緒に遊ぼう!”と、隣近所の人や仲間に声掛けして集まった世代も価値観も凸凹な楽隊。農家、そば屋、珈琲屋、高校生、舞台作家。つまりは、バンドマンとは違う道を歩んだバンドマン達が放つ濁りと混沌の“ある光”をどうぞご覧あれ。



DJ 2bn(PLAYON./Parade)

元某レコードショップ・バイヤー。高円寺在住。現在は渋谷オルガンバーのレギュラーパーティー「Parade」のメンバーとして活動中。過去には名古屋の老舗CLUB BUDDHAにて最新のINDIE~DANCE MUSICをPLAYするパーティー「PLAY ON」のオーガナイズ、また岐阜県奥飛騨温泉郷、福地温泉での温泉×音楽フェス「FUKUNE」のプロデュースも。時代とジャンルを超えた幅広い知識と膨大なライヴラリーから選りすぐった楽曲を確かなスキルと過剰な音楽愛でジャンルを越えてMIXしていくプレイが真骨頂。



TOMOKAZI

暮らしの中に絵があること。
それが誰かのBetter Lifeへ繋がると信じて絵を描き続けています。似顔絵は月に一度、鳥取市内のカフェにて。


竹村亭

鳥取市用瀬駅前の自宅の土間でライブ企画をはじめて5年。自分たちが楽しめることを日々研究中。 天然酵母パン「もりのひと」でパンに合う料理を出しています。


H to H(ヒロポン+グルジア食堂


???



《会場の紹介》


山陰のバンドマンにはステージに柱のあるライブハウス『旧B1』、ディスコ世代の方には『DISCO白潟』として馴染みのある大正時代に建設された出雲ビルの地下スペース。
現在はcafeとして利用されていますが、一日限りの音楽スペースとして開催させていただけることとなりました。当ビル3階では、NUという小さな音楽スペースが昨年OPEN。今後、このビルでどんな驚きが生まれるか楽しみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2年に1度の秋祭り たぬき... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

主催(アライバリズム 、大橋月桃ディスコ)」カテゴリの最新記事