GOTO飲み会日記

ラグビーより飲み会がメインになってしまった

6/25 有玉クラブ

2014年06月27日 22時04分51秒 | 日記
梅雨だというのに中止になることもなく開催される有玉クラブ。
それもこれもきっと私の日頃の行いのお陰。
いやいや、みんなの行いがいいからかな。

残念ながら今回も私はお休みでした。
高校のラグビー部の先輩(神戸在住)が静岡まで出て来てて、会う(飲む)ことになったのです。
当然ラグビー経験者なので有玉にかなり誘ったのですが。
残念ながら今回は不参加。
でも飲んでる最中に酔いに任せて熱く語ったら、次に来るときには必ず参加してくれるとのこと。
待ってますよー、関せんぱい

というわけで今回も石坂さんのレポートを元に報告します。

6年 けんたろう、がいと、りた、しゅん
5年 ひびき、しゅうと
4年 ゆうき、むさし、なぎさ
3年 はるか
中学生 けんせい
大人 石坂さん、森島さん、田島さん、寺田さん

前半は通常ルール、後半はハーフをつけてやりました。
やはり中学生が少ないといつもよりややスピード感に欠けるようです。(いつもが小学生にしてはテンポ良過ぎるのもあるけどね

その中でりたはいつも通り縦横無尽(みんな読める?)に動き回っていました。
しかし周りからの声が無いために、どうしても無理をすることになってしまう。
周りの声があればもっと楽にゲインできるはず。
毎回同じこと言われてるのは進歩が無い。
声、出そうね

相手チームだったけんたろう、がいとは見事にパスをつないで確実にトライ
石坂コーチも褒めておられました。

3,4年生は最近遠慮気味なのか、それ程目立ったプレーはありませんでした。
中学生がほとんどいない今回なんかは、ビッグチャンスです。
どんどん積極的にボールを呼ぼう
ただし止まってボールを呼んでもなかなかパスはもらえません。
走り込みながらでっかい声で呼ぶ。
そうすればきっとトライが取れます。

はるかがスモモの差し入れを持ってきてくれたそうです。
汗かいたあとに食べるスモモはサイコーだったとのこと。
ええなぁ。スモモ大好きやねんけどなぁ。

ま、でもやっぱりビールが一番やけどね。
コメント

6/21 優勝!!

2014年06月22日 13時21分05秒 | 日記
しゅうとがやってるソフトボール。
この土曜に湖東リーグという大会の決勝トーナメントがありました。
そして何と見事優勝したのです

準々決勝、準決勝、決勝と3試合を戦い3連勝。
決勝ではこれまで勝った事のない強豪チームを4-2で下しました。
「チーム一丸」という言葉がぴったりの戦いぶりで実力以上の力が出ていたと思います。





今日(6/22)の中日新聞に写真入で記事がでています。

しゅうとは3試合とも6番ライトでフル出場。
タイムリーや送りバント、守備でもライトゴロを捌くなど活躍しました。

この調子でラグビーの方も頑張って欲しいもんです。
コメント

6/18 有玉クラブ

2014年06月22日 10時59分09秒 | 日記
今週飲み会続き(1週間で5回)でブログ更新が滞っておりました。
本日(6/22)練習が中止になったためやっとまとめて書けます。

朝から雨だったこの日ですが、夕方には何とかやみました。
というわけで有玉クラブ決行です。

6年 けんたろう、がいと、りた、しゅん
5年 ひびき、しゅうと
4年 なぎさ
3年 はるか
中学生 たくろう、しゅうと、かいしゅう、けんせい
大人 石坂さん、森島さん、寺田さん、山内さん、後藤

前半は通常ルール、後半は走るルール(タッチした人は自陣マーカーを触るまでプレーできないってやつです)でやりました。

けんたろう、がいと、りたがたまたま同じチームに揃いましたが、やはりこの3人のアタックは破壊力があります。
スピード、パスのタイミングとも素晴らしい。

ただやっぱりどうしても流れてしまうのは悪いクセ。
特に外が余ってるときにはディフェンスに向かっていくつもりで走ろう

ひびきはいいスピードでサイドへ走りこめるようになってきました。
この日もトライをゲット
あとは声やね。
走りこんでもボールがもらえなかったり、いい位置にフォローしててもパスがこないのは大きな声で呼べていないから。
「パス」と1回呼ぶだけでは試合中はなかなか届きません。
でっかい声で何度も呼ぶ。
そうすればもっとトライが取れます。

それはしゅんも同じ。
しゅんは声は大きく出せているので、もっと何度も呼ぼう

5年しゅうとも声出んなぁ。

なぎさ、はるかは前半はよく前に出ましたが、後半ちょっと疲れたかな。
そろそろオフサイドとるからね。
タッチしたら5m下がるのを忘れずに。

暑くなってきて有玉もキツくなってきましたが、頑張っていきましょー
コメント

6/15 練習

2014年06月20日 02時17分51秒 | 日記
昨日のビーチから一夜明けたこの日も快晴。
梅雨はどこにいったのでしょう?
ビーチ出場組は昨日の日焼けで朝しんどかったのではないでしょうか。(俺だけか?

高学年は

6年 けんたろう、がいと、りた、こたろう
5年 ひびき
コーチ 石坂コーチ、舩越コーチ、高橋さん、後藤

さらにこの日はお父さん、お母さんにも加わって頂きました。
舩越さん(なぎさ父さん)、寺田さん(ひびき母さん)、杉田さん(けんじ母さん)、山崎さん(たいら母さん)が参加。
お母さん方は昨日のビーチに引き続いての参加。
元気やなぁ。

1、ランパス
2、グリッド
3、3対2
4、試合形式(VS中学年)
5、スクワット

とにかく今回は子供達より大人の方が圧倒的に多かったため、ランパスもグリッドも比較的スムーズ。
むしろ初めて参加されたお父さん、お母さんの方が大変で、子供達は勝手知ったるメニューとばかりにこなしてました。
お父さん、お母さん方は高学年のメニューに参加されるのはほぼ初めて。
普段の子供達がいかにしんどいメニューをこなしているか、身をもって体感されたのではないでしょうか?
これって結構大事です。
それだけで子供に対する声の掛け方が変わると思います。
そうです、子供達は本当に頑張ってます。
ぜひそれを理解して褒めるべきところは褒めてあげてください。
もちろん「お前より私の方がよっぽど走ってるわ」っていう激励も大いにアリです。
子供達は頑張ってるお父さん、お母さんの姿は必ず見てます。
子供達のためにもぜひカッコいいお父さん、お母さんでいてあげて下さい。(自分のことは棚に上げますが

3対2ではディフェンスはズレずに必ずトイメンに詰める、アタックはウィングまで回すことを決め事にしてやりました。
そして何より大きな声でボールを呼ぶこと。
「声を出さないとボールを出さない」というルールにしたこともあり、少しは出るようになったかな。
走りながらスタンドオフ、センター、ウィングを決めるのもスムーズに出来ていました。

ただ、途中から「左右どちらにラインを敷いてもOK、両方に敷いてもOK」というルールにしましたが両方に敷くケースはほとんどありませんでした。
ディフェンスは2人なので、アタックの3人が2人と1人でに分かれれば必ず2対1、もしくは1対0が出来ます。
3対2と比べた時にどちらが簡単に抜けるかは明白。
与えられたメニューを漠然とこなすのではなく、そういうこと(どうやったら簡単にトライが取れるか?)を考えながらやるようにしよう
そんな中でけんたろうがやった移動攻撃はいいアイデアだったと思います。
りたがやったクロスはボールを内にいれるサインなのでこのケースでは×。
せっかく外に余ってるのでそれを生かさないと。
何か工夫しようとする意欲は◎やけどね。
例えばあれがクロスダミーからウィングにパスできていたら最高だったと思います。

3対2の後、中学年から試合の申し込みが。
当然受けて立ちます。
こちらは5人、相手は7人というハンデはありますが、勝つのは当たり前。
「トライ1本取られるごとに罰としてスクワット50回」と決めて臨みました。
当たり前ながら高学年は余裕のプレー。
タックル、オーバーについては体力差を考慮して全力ではいかないようにしました。
りたの指示の声も的確。
しかし余裕過ぎて捕まっても頭の上からボールを出すようないい加減なプレーが目立ったため、ハーフタイムでそれを修正。
後半はしっかり低いプレーが出来ていたと思います。
「3,4年も頑張ってるけどまぁまだまだやな。」と余裕ぶっこいていたところ・・・。
やられました。
オフロードパスを次々につながれて見事なトライ
やるなぁ。

中学年はゆうきのオーバー、ももたかのタックル、むさしのランなどいいプレーが続出でした。
2次、3次の攻撃では全くラインが無く、すべてピックゴーやオフロードからのサイドアタックになってしまうのはこれからの課題ですが、何より全員が一歩でも前に出ようとする意欲が素晴らしい。
どこまで強くなるかこの先が楽しみです。

トライを取られた高学年は約束通りスクワットをやりました。
可哀想に思ったのか中学年も一緒にやってくれました。
情けない。




コメント

6/14 第11回ビーチラグビー東海大会 その2

2014年06月20日 02時04分45秒 | 日記
さてこれにて浜名湖の試合は一応終了。
ここで開会式です。

 開会式風景

昨年は10回記念大会ということで浜松副市長の家康くんや、地元アイドルがやって来ましたが今年は無し。
何だか盛り上がりに欠けるなぁと思っていたところ、主催者側から「間もなくレッドブルガールが到着します」とのアナウンスが。

オーイエッ
ビバ、レッドブルガール
もちろん頭に描くのは少し前に一世を風靡した「バドねえちゃん」(標準語では「バドガール」)です。

 キター レッドブルねえちゃん

 あれ 何か予想と違う

 おいっ、何でズボンやねん

そうです。レッドブルねえちゃん達は普通にズボンで来やがったのです。
なめとんかー(魂の叫び)

 でも取り合えず貰うものは貰います

 女子達も貰います

 かんぱーい

ま、ただでレッドブル飲めたから良しとするか。

そして開会式後の休憩中に浜名湖同士のエキジビジョンマッチをセンターコートでやらせてもらいました。(坂下さん、田代さん、ありがとー

 「スクール」と「withえんらぐ」の大人を入れ替えて対戦しました

 森島さんもゲスト参戦。しかし足を引っ張りました

 ひびきのラン

 「こらっ、なるボールよこさんかい」鬼は同性といえど容赦しません

 おっ、かずま抜けるか

 がいとのトライ

がいとはこの試合で2トライをマークスピードキング健在です。

 仲良くなったよそのチームの兄ちゃんとハイタッチ

 そしてノーサイド。お疲れー

 たいらもお疲れー

この大会、大人たちは頻繁に交代したものの子供たちはほぼ出ずっぱりでした。
よく頑張った
砂浜で走る疲労度はやはり芝生の上とは比べ物にならないですね。
私は1、2試合目はともかく3試合目は異様な息の切れ方で、死ぬかと思いました。
でもやっぱ楽しいなぁー。
来年はぜひもっと大勢で参加しましょー

 みんなで記念撮影

 さらにスズキの看板近くで。スズキさん、浜名湖のスポンサーになってー。

 レッドブルねえちゃんが乗ってきた車とともに
コメント