お仕事ブログ

日々のライター稼業など。コメント欄に書きにくいことや仕事のお話はgotogen510@yahoo.co.jpまで

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

8月23日

2013年08月23日 | Weblog
昨日は夕方に渋谷から歩いて帰ってきたので、疲れて寝てしまい、午前1時過ぎに目が覚めて仕事をいくつか。
すぐにお金になる作業と、そういう見通しのまったく立たない作業。うまくバランスをとるのも、ライターの素養のひとつなんだろうなとか考えながら。

最近どうにも頭が悪くなってきたような気がするので、目に入った数字が素数(1と当該数字以外では割り切れない数字)かどうかを瞬時に判断するという遊びをよくやる。たとえば通りすがりの車のナンバーは2桁か3桁なので簡単。バーコードとか電話番号とか長いやつは大変。
そういうのは簡単な法則(偶数、末尾5と0は素数ではないとか)を利用したり、九九の応用とかブロック分けからの絞りで判断する。でも「瞬時に判断する」というのをルールにしているので、だいたいは理屈を考える前に答えを出さなければいけなくて、やっていることは自分の直感が合っているかどうかの確認作業が大半だ。
まあ慣れてくると正解率も上がるし、確認も時間がかからなくなってくる。詰将棋で先に詰み形が見える、という例のアレみたいなものかもしれない。なにより一文の得にもならないあたりが似ている。

まだ眠くならないので、録画したサッカーの試合を見ながら本を読もうかな。いまの気分は、中平邦彦さんの『西から来た凄い男たち』。ではまた近々。

コメント

8月16日

2013年08月16日 | Weblog
NHK将棋講座テキストの9月号が発売されました。
以下は見どころなど。

【表紙】
王位戦ではじめてタイトル戦に登場した行方尚史八段のイラスト。編集会議のときに「7月号の佐藤天彦七段とかぶらないようにしたい」という話が出ましたが、出来上がりはどこからどう見ても行方さんでした。さすがです。

【口絵】
10月から「将棋フォーカス」の講師を担当する井上慶太九段を特集。加古川将棋倶楽部・こども教室を紹介しています。写真からも井上先生の人柄が伝わってきますね。

【鈴木大介の振り飛車のススメ】
振り飛車の初級者講座も今回が最終回。右四間飛車対策、角交換四間飛車のコツがわかりやすく解説されています。

【棋士道】
棋士道も18回目なんですねぇ。
高島一岐代九段と東和男七段。淡々とした筆致に、しみじみとした思いがにじみます。

【さんぽみち】
女流棋士のリレーエッセイのコーナー。村田智穂女流二段が関西駒桜フェスタの裏話をつづっています。井上先生、おいしいでんな。

【将棋クローズアップ】
とにかく旬な企画をやってみようという、自由度満載の将棋クローズアップ。今回は棋士の大学進学についてのルポルタージュを松本哲平さんが執筆しています。
アラカルトは、6~7月に「将棋フォーカス」で放送された「女子会~関西若手女流棋士」を誌上でダイジェスト掲載。村田智穂女流二段、室田伊緒女流初段、香川愛生女流初段、室谷由紀女流初段、長谷川優貴女流二段が登場して、こういうのガールズトークっていうんでしょうか。おじさん読んでいるだけで照れちゃいますね。

【『貴族』天彦がゆく】
佐藤天彦七段のエッセイは昨今の研究会事情など。駄洒落やものまねをまじえての検討風景は、たしかにファンが見たら楽しいでしょうね。辛口トークにはピーッ!!を入れなきゃいけませんが。

【NHK杯戦観戦記・自戦記】
▲村山慈明六段-△阿部光瑠四段戦(観戦記=椎名龍一さん)
・タイトルが「インシュアランスの罠」。ハードボイルド小説みたいですが、内容はいつも通りの椎名節。
▲糸谷哲郎六段-△船江恒平五段戦(自戦記=糸谷哲郎六段)
・糸谷さんの自戦記。タイトルの「将棋考」から分かるように、糸谷さんの将棋や勝負に対する考え方が詰まっています。
▲高崎一生六段-△飯塚祐紀七段戦(観戦記=鈴木宏彦さん)
・タイトルは「イッセイ一代の会心譜」。駄洒落ですか鈴木さん(笑)。
▲広瀬章人七段-△瀬川晶司五段(観戦記=小暮克洋さん)
・放送をご覧になった方はおわかりと思いますが、「まれに見る大激闘」でした。これがそのままタイトルになっています。局後に発見された絶妙手、周辺事情など小暮克洋さんの取材が存分に生かされた観戦記です。
なおP82の8図からの見出しに誤植が発生してしまいました。■広瀬の執念 → ■広瀬の懸念 
完全に編集部のミスです。せっかくの作品に水を差す形になってしまい、申しわけありません。お詫びして訂正いたします。(10月号の誌面に改めて訂正を掲載します)

【渋谷系日誌】
僕の連載です。糸谷自戦記のことや、上田初美さんのことなどを書いています。

【棋戦プレイバック】
女流名人位戦、マイナビ女子オープンのプレイバックを、上田初美女流三段に書いていただきました。番勝負の敗者という立場ながら、凛とした実によい文章だと思いました。

【テキスト感想戦】
以前にも同じようなページがありましたが、今月から改めて始まりました。いわゆる読者ページです。
これまではハガキのみでしたが、9月号発売の時期に合わせて、メールでの受け付けも開始しました。ご意見、ご感想に加えて、「重箱のスミ」クイズの応募もできます。アドレスは以下のものになります。気軽にコメントをお寄せください。

<shogi-text@nhk-book.co.jp>

※いただいたご意見は、「読者のページ(テキスト感想戦)」など誌上で紹介させていただく場合があります。ペンネーム希望の方、掲載を希望されない方はその旨を明記してください。また掲載にあたり、一部文意を変えない範囲で変更させていただく場合があります。
また、ご質問に必ず対応するものではありませんので、あらかじめご承知おきください。
コメント

8月7日

2013年08月07日 | Weblog

(博多にて。明日はラーメン行きたし)
コメント