お仕事ブログ

日々のライター稼業など。コメント欄に書きにくいことや仕事のお話はgotogen510@yahoo.co.jpまで

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

将棋棋士の名言100

2012年10月24日 | Weblog
告知です。
11月22日に「将棋棋士の名言100」という本を出すことになりました。
名言の本はどうしても他人の褌で相撲をとるような感じがしてしまい、お話をもらったときには引き受けるべきかどうか迷いました。というか断ることを半ば決めた状態で、担当編集の方と会いました。
それがなぜ、こんな運びになったのか。経緯なども追って書いていきますが、それはまあ後回し。まずはこの本の楽しみ方を紹介してみようと思います。

【楽しみ方その1 名言を楽しむ】
名言本と謳っているのだから、名言そのものを楽しむのが一番自然ですね。
ひたすら過去の書籍や将棋雑誌を読み漁って集めたのが、およそ500くらい。この作業は楽しく、また知識も増やすことができたので有意義でした。今後もライフワークにしたいと思います。
名言の数は100にすると決まっていたので、どの言葉を採用するか、とても迷いました。泣く泣くお蔵入りさせた言葉たちも、今後の仕事のなかで生かしていきたいなと前向きに考えています。
もちろん過去の文献にある名言だけでなく、自分が直接聞いた生(き)の名言も収録しました。

ちなみに、章分けは以下のようになりました。

第1章 覚悟
第2章 戦略
第3章 棋士の素顔①
第4章 宿敵
第5章 思考
第6章 棋士の素顔②

章の終わりには用語解説、あと巻末には年表がついています。
この本は出版芸術社から出るのですが、実は将棋の本に携わるのはこれが初めてだそうです。なので将棋ファンに楽しんでもらい、同時に一般の人にも受け入れられる作りにしないといけないわけです。
これはなかなか難儀しました。でも最終的には、一般の人に将棋や棋士のことを好きになってもらう入り口になるように。それ以上のことは考えすぎないようにしようと決めて、随分と楽になりました。用語解説や年表はそういった工夫のひとつ。もちろん将棋ファンが見ても楽しめると思います。

次の更新は、おそらく一週間後あたりでしょうか。次のお題は【楽しみ方その2 名言の背景、解説で楽しむ】です。





コメント (8)

書く

2012年10月19日 | Weblog
いま、友人に選んでもらった映画を見てるところ。
クリント・イーストウッドはハニーフラッシュ時代によく見ていて、あれはボンキュッボーン……。
間違えた。ダーティハリー時代によく見ていて、ドン・ガン・バーンだった。暴力が理屈を上回るという当たり前の摂理を知った、印象的な映画でした。懐かしいな。

このところ、ゆえあって昔の将棋雑誌や本を片っ端から読んでいます。その故は将棋検定のため、とかだったら殊勝なんですがそんなこともなくて(まあ、検定は受けますけど)。
自分がささやかながらやらせてもらってるから分かる感覚として、一冊の本という単位では当たり前のこと、ひとつの記事、ひとつの言葉を引き出すためにどれだけの労力が掛かっているかがよく伝わってくる。人間関係があり、企画がある、取材があり、執筆があり、編集があり、印刷があり、配送があり、書店の作業もある。もちろん記事を書かれる側の気持ちもあるし、読者の求めるものもあるし、利益の追求だって立派な仕事だ。
今日だけで10年分くらいの将棋世界を読んだけれど、押し寄せる情報量に将棋酔い。いくらか予備知識があるから、右に左に意識を振られてグロッキー状態。あんな濃いものを速読でどうにかしようたってダメだダメだ。

ミリオンダラーベイビーは、いまマギーが病院に担ぎ込まれたところ。いろんなことは想像できるし、たぶん9割はその通りになるんだろう。でも物語は残りの1割が全ての価値を決める。もうひとつ言えば、物語なんてものに実体はない。あるのは作用だけ。
さてさて、どうなることやら。予想が裏切られるといいな。





コメント (3)

最近のこととか

2012年10月10日 | Weblog
まずは恒例(?)でありながら、誰も望んでいないサッカーゲームのスタメンの進捗状況から。

FW  ディ・ナターレ
FW  ロベルト・ソルダード
OMF アンドレア・ピルロ
OMF クラウディオ・マルキージオ
DMF アルトゥール・ビダル
DMF ガットゥーゾ
RSB 内田篤人
LSB ドメニコ・クリッシト
CB  アンドレア・バルッツァーリ
CB  ジョルジョ・キエッリーニ
GK  ジャンルイージ・ブッフォン

結構手厚くなってきました。戦術的にはボランチ2人とフォーバックは扱いが難しいので、もう少しいじってみようかと。

猫のトイレを片付けなきゃいけないので、続きはまたいずれ。最近はまっていることなど書こうかとは思ってます。
コメント (4)