お仕事ブログ

日々のライター稼業など。コメント欄に書きにくいことや仕事のお話はgotogen510@yahoo.co.jpまで

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

将棋界のライター稼業

2011年05月30日 | Weblog
将棋界というのは不思議なところで、ライターの総数は決して多くないのに、だいたいの媒体は「頼める人が少ない」と困っている印象があります。
以下は仕事を依頼される理由、依頼されない理由の一例です。

【依頼される理由】
・実績がある
・原稿が面白い
・締め切りを守る
・依頼する側の面倒ごとを増やさないよう努力する
・他の仕事で切羽詰っていない印象がある
・いざというときに頑張ってくれる
・周囲に「どうにか世に出したい」と思わせる何か(性格や情熱、姿勢など)がある

【依頼されない理由】
・無名
・原稿が面白くない
・締め切りを守れない
・こだわり、文句が多い
・手間がかかる
・誰が見ても忙しい
・いざというときに逃げる
・周囲に「この人を出したらまずい」と思わせる何かがある

ざっと、こういう感じだと思います。
僕が知る限り、依頼されるべき全ての理由を持っている人は一人もいないし、依頼されない(以下略)もいません。誰もが双方のなんらかの理由を抱えており、個々の努力でどうにかなる場合もあれば、ならない場合もあります。
実績があるけど原稿が面白くない、原稿は面白いけど締め切りを守れない、締め切りは守るけど原稿が面白くない。原稿は面白いけど面倒くさい等々、もうパターンはいろいろで、依頼する側はおそらく明確にカテゴリーを分けています。

昔から年功序列でライターの新陳代謝が進まない理由はいくつかありますが、基本的には「何かトラブルがあって困らないかぎり、入れ替えが行われない」「ベテランだからダメなわけでもなく、若いから良いわけでもない」というあたりが主たるところだと思います。
将棋は文化であり、積み重ねがあって成り立っているわけなので、実績のあるベテランライターが強いのは当たり前。ベテランで何も持っていない人が淘汰されるのは当たり前だけれど、若いだけで何も持っていない人が浮かび上がれないのはそれ以上に必然。経験も実力も足りず出番が回ってこない若手はがむしゃらなパワーだけが武器であり、少ないチャンスを生かすひらめきや、めぐり合わせの運があるかどうかが勝負。

と、ここまで書いてきて思うのは、いまの若い世代は(僕も含めて。そんなに若くもないけれど)ネット中継、携帯中継という表現させてもらえる場所があって幸せだということ。昔はそんな場所はなく、どうにもならなかった人もたくさんいただろう。
観戦記者の小暮さんによく「俺のときに比べて、お前は本当に恵まれている」と言われる。小暮さんのように下の世代を寛容に受け入れてジャンジャンやらせてくれる先輩がいることは非常に有難く、その熱い魂を後ろの世代に残していきたい。そういうのって、将棋の盤上でなくても非常に大事な文化だと思う。大事なことがきちんと受け継がれて、今日があって明日があって、百年千年後がある。将棋界はいま難しい時期に差し掛かっているけれど、大事なことは昔からそんなに変わらないんじゃないでしょうか。まだよくわかんねえことも多いけど。

コメント (1)

ダービー考②

2011年05月29日 | Weblog
その後、いろいろありまして。
三連単でオルフェーブル、ナカヤマナイトを1着2着3着に。フェイトフルウォー、コティリオンを2着3着。デボネア、エイシンジャッカル、ロッカヴェラーノ、ショウナンパルフェを3着に塗りました。

ほかにも押さえの三連複などがいくらか。結局は無難な馬券となりました。
コメント (2)

ダービー考①

2011年05月28日 | Weblog
今年のダービーは絶対の中心馬がおらず、しかも馬場が渋ってなかなか検討しがいのあるレース。まずは出走馬を順に見て行きます。

【1枠1番ウインバリアシオン】
デビュー2連勝の素質馬。その後は強いところと戦って惜敗続きで、格上に遠慮してしまう感じ。前走はメンバー弱化の青葉賞(ダービートライアル)を勝利。
1枠1番は悪くないが、前走が大外一気だったのでプラスに出来るかどうか。安藤騎手の勝負強さで打開したい。
青葉賞勝ちからダービーで連対した馬にはシンボリクリスエスやゼンノロブロイがいるが、いずれも青葉賞を2馬身以上離して勝っている。僅差の本馬はどうか。
スマートな走法から、道悪は得意ではなさそうに思える。調教は無理なく自然体。ダービーに臨むにしては、やや物足りない印象。

【1枠2番サダムパテック】
ここまで6戦3勝2着2回。東京スポーツ杯、弥生賞と重賞を2勝しており、皐月賞は1番人気2着。敗れたレースも原因がはっきりしており、あとはジョッキーが修正するか。
皐月賞は出負けして後方から。直線は早めに押し上げて内に入り、うまく進路を確保できず周囲の馬に先に行かれてしまう。不器用なレース運びながら、そこからグィと盛り返した脚色は良かった。後にマイラーになる馬も好走しているレースだけに、同世代の2400メートルは守備範囲だろう。
道悪が向くイメージはなくとも、母系にパワー型のエリシオ、芝ダート万能のシアトルスルーがおり、こなしても全く不思議はない。
調教は併走馬が早めに遅れたため終いがかかったが、仕上がりはなかなかのもの。

【2枠3番オールアズワン】
札幌2歳S1着、ラジオNIKKEI杯2着。現状はややスピード不足の印象があるため、道悪で時計がかかるのはプラス。内枠を生かしてソツなく回ってくれば、上位に食い込めるかも。母父ナリタブライアンの底力に期待。
調教は長めにゆったり乗って、終いだけ脚を伸ばす感じ。リラックスはしているものの、やや物足りないか。

【2枠4番リベルタス】
朝日杯3着、若駒S1着。堅実な先行脚質と成績だったが、ここ2走は首をかしげたくなる大敗。こういうタイプは再浮上に時間がかかる。調教も反応悪く、苦しい戦いを強いられそう。

【3枠5番オルフェーヴル】
皐月賞1着、スプリングS1着。皐月賞は苦手と思われていた左回りを克服して圧勝。しかし直線入って内に大きくよれており、その先に他馬がいなかった(内にいたサダムパテックは急に隣に来てびっくりしたかも)のは幸運だった。あの着差はインパクトが大きいが、スムーズさと瞬発力が生きる展開にも助けられた印象。
調教は出走馬中最も覇気があった。ただ左によれる癖は変わらず出ており、レースに行っての不安はある。後方からの競馬が向いており、道悪で前のペースが遅くなると……。

【3枠6番クレスコグランド】
京都新聞杯1着。ここまで6戦3勝2着2回で素質は相当なものだが、レース、調教ともにまだまだ遊びが残っている。秋の主役候補ながら、ここではまだ厳しそう。いまの感じで好走したら脱帽。母はマンハッタンカフェの全妹。

【4枠7番ベルシャザール】
1頭ずつ書くのは疲れますね。いまのところ強調材料は特に見つからず、ここではどうか。

【4枠8番フェイトフルウォー】
京成杯1着。皐月賞は大敗だったが、レース後は気配が上昇している。道悪実績もあり、前で競馬が出来れば面白い。田中勝騎手が何も考えずに内をピッタリ回ってきてくれればなお面白い。スタミナはあるので、アサクサキングスのようなレースを期待。

【5枠9番コティリオン】
NHKマイルCは2着。重賞でも好走を重ねており、連下くらいには塗りたい気もする。末が目立つ競馬をしているが、器用さもある。気になる一頭。

【5枠10番ナカヤマナイト】
共同通信杯1着。皐月賞は2番人気5着。皐月賞はマイナス8キロ、ダービー追い切り後の体重も増えておらず、調整に苦労している印象がある。地力高く、当日プラス体重で出てこられれば首位逆転も。

【6枠11番デボネア】
デットーリ、ああデットーリ、悩ましい。
皐月賞は後方から脚を伸ばして4着。悩ましい。
父のアグネスタキオンは道悪得意ではないが、母父のシングスピールはジャパンカップとドバイワールドカップを優勝したオールマイティ。悩ましい。
でも調教はモッサリしていて一変という感じもなかったので、このデットーリ過剰人気ではちょっと。

【6枠12番エーシンジャッカル】
距離不安が囁かれることでおなじみのフジキセキ産駒。こちらは同父サダムパテックと違い母系のスタミナ色も薄く、ここまでのレースぶりを見ても普通に足りないか。
ただ調教は抜群調子絶好で、鬼のようなスローでうまく立ち回れればもしかしたら。

【7枠13番ロッカヴェラーノ】
すみれS1着。脚質に幅があるのは強みだが、皐月賞では後方からデボネアとの追い比べで、わずかに先着を許した。このレースを勝ちに行くなら前で競馬するしかないか。
スタミナは相当なものがあり、武騎手が思い切った競馬をすれば一発も。
ただ調教はそれほど目立つものなく、調子自体は微妙かもしれない。

【7枠14番ショウナンパルフェ】
青葉賞2着。パワー型で道悪もこなせそう。青葉賞組は勝ち馬以外苦しい傾向にあるが、調教は抜群。(馬の力以外は)マイナス要素も見当たらず、混戦なら出番がありそう。
個人的には母方の色濃いトウルビヨン系が好みなので、どこかで結果を出して種牡馬入りしてほしい一頭。

【7枠15番トーセンラー】
きさらぎ賞の1着は圧巻の差し切り。ただ皐月賞の走りを見る限り左回りに戸惑っていた感じで、向いていない印象。学習能力の高いディープインパクト産駒なので、対応しても不思議はないが。
調教は良く、頭を低くした小気味良い走法は道悪にも対応できそう。気になるのは母父のリシウスが短距離系の種牡馬であること。ディープインパクト産駒は母父の特徴を色濃く出す感じなので、この馬もマイル前後がベストかもしれない。

【8枠16番トーセンレーヴ】
トライアルのプリンシパルS1着。頭がカックンカックン動く(笑)。
競争馬としての実力は、まだここでは足りない印象。このローテーションで調子を悪くしないあたりは、底の深さを感じさせる。調教もいい。無理なく成長してもらって、来年に期待したい。

【8枠17番ユニバーサルバンク】
8戦1勝2着5回の堅実派。毎年一頭はいる、クラシック路線での物差し馬。馬券圏外の2レースは不利を受けて騎手がやめたもの(ラジオNIKKEI杯)と、外にふくれた馬のあおりを受けたもの(若葉S)。ここでも相手なりに走れるかも。
無理なくそれなりの成績を残してきた馬なので、もう一皮むければ。調教は気合いが入っていたが、脚色は変わらずそれなり。イマイチ脱出は難しいか。

【8枠18番ノーザンリバー】
アーリントンカップ1着。祖母のソニックレディは欧州でマイルG1を3勝など世界を股にかけた名牝。全姉のルミナスポイントも短距離路線で活躍しており、ここで好走するイメージは沸きにくい。3歳時はダート路線で行くのも面白そう。


以上、どうにか完走しました。
余裕があったら後で続きを書きます。
コメント

久しぶりに書く

2011年05月19日 | Weblog
ちょっといろいろ立て込んでいたのと、面倒くさかったのとで更新が滞っていました。
明日からも更新は滞ると思われますが、今日は少し気分が乗って時間もあるので日記を書いてみます。

【5月18日】
東京将棋会館で行われた渡辺竜王と中村真梨花女流二段の名人戦第4局大盤解説会へ。入場料を払うときに職員の方に「お疲れ様です」と声をかけたら、「え?あはは、ありがとうございます」という反応。これはデフォです。
以下は解説会に参加してみて思ったことなど。

・開場前に、1階までびっしりと行列が出来ていた。最近は立ち見も当たり前になってきているので、一列目は1000円増しくらいで、事前申し込みの指定席にしてもいいのでは?1時間とか待つならそっちのほうが有難い人もいるはず。

・お客さんが座るパイプイスの中に、ちょっとくたびれているものがあった(背もたれが壊れているなど)。長い時間ずっと背もたれ無しは厳しいので、注意してしっかりした椅子を並べてほしい。

・イスがきれいに並んでいるので、前の席に背の高い人が座ると、右に左に首を振りながら大盤を見なきゃいけなくなる。自分がそうしているということは、きっと後ろの人にとっては自分も邪魔なはず。たとえば奇数列の席と偶数列の席で、少しずつイスの位置をずらしたら少しでも楽にならないかなと思いました。10センチくらいでも効果があるのでは?

・解説会は面白い。解説棋士のなかにも、来てくれたお客さんのために、ここだけの話を用意しておこうと考えている人が多いようです。いまはネットで何でも紹介されてしまいますが(それが新しいお客さんを呼び込むことも多々あるけど)、棋士のなかには「その場のノリでサービスしようと思って喋ったけど、関係者や対局者に聞かれたくないんだよなぁ」とぼやくことも。狭い世界なのでネット上で紹介するときは面白いからだけでなく、そのあたりも考慮したほうがより解説棋士もぶっちゃけられるかと。そこは愛で、いろんな愛があるけどとにかく愛で!

ざっとこんなところでしょうか。解説会は楽しいので、これからもちょくちょく見にいくと思います。

あとどうでもいいことなんですが、会館から出てすぐのところで電線の上を歩く未確認歩行物体を発見しました。目をこらして見てみると、なんとハクビシンのよう。面白いので電線をつたって歩くハクビシンを追いかけていったところ、普通のお宅(豪邸)に帰っていくではないですか。千駄ヶ谷のセレブは珍しいものを飼ってるんですね。
もっとどうでもいいことなんですが、恥ずかしながら網羅したはずの千駄ヶ谷で道に迷いました。奥が深いぜ千駄ヶ谷。



コメント (2)