お仕事ブログ

日々のライター稼業など。コメント欄に書きにくいことや仕事のお話はgotogen510@yahoo.co.jpまで

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第35期棋王戦本戦▲羽生善治名人-△畠山成幸七段

2010年11月24日 | Weblog
【第1譜】▽久しぶりの羽生戦
 畠山が下座で羽生を待っている。盤側に座って挨拶をすると、緊張をほぐすためだろうか、途切れ途切れにいろいろな話をしてくれた。
「後藤さんには以前、記録係をやっていただいたことがありましたよね。立派になられて……恥ずかしながら、特別対局室は久しぶりなんです。なんかこう、いいですね。羽生さんと指せるのも、いつ以来だか……」
 羽生と畠山は過去に6局指して、羽生の5勝1敗。一番近い対局でも、もう8年ほど前になる。第一人者の羽生と指すのは活躍の証。畠山も期するところがあるのだろう。
 二人でしんみりと感傷的な雰囲気に浸っているところに、颯爽と羽生が現れて一変。一枚また一枚と駒を並べるうちに、更に張り詰めた空気が作られていく。
 途中図▲6八玉は、やってこれますか?という問いかけ。羽生相手に乱戦を仕掛けるのは怖いが、羽生相手だからこそ縮こまっているのは勿体無い。畠山は18分の考慮で△2四歩を決断した。以下▲同歩△同角で初王手。それを▲同飛と切り飛ばし、▲1五角の王手飛車。なんとも派手な応酬となった。
 指了図まで進んで、ようやく局面は落ち着いた。先手は一歩得、後手は竜を作ったことを主張している。
(途中図は9手目▲6八玉まで。指了図は24手目△3三同桂まで)

【第2譜】▽真夏日
 畠山は1989年に、双子の弟の鎮七段とともに四段昇段を果たした。早指し新鋭戦での優勝実績もあり、今期棋王戦では坪内利幸七段、村田顕弘四段、小林裕士六段、糸谷哲郎五段と骨っぽいところを破って本戦入りを果たした。
 指し始め図からの▲7八玉に代えて▲6五角と打つのは、△7二銀▲4三角成△4二銀で「二枚の銀を手順に使われてしまうので」と羽生。
 △9四歩で昼食休憩。両者とも出前の注文は無かったので、おそらく外に出たのだろう。この日の東京は32度の真夏日。明治通りを歩いてたら、大きなスズメバチが丸まって落ちているのを見かけた。加藤一二三九段御用達、うなぎ屋「ふじもと」近くの駐車場では、車の陰で猫が情けない声を出していた。すぐそこのエサまで移動したくても、アスファルトが熱くて動けない。
 対局再開。羽生は6、7筋に位を張り、厚みを築いていく。畠山は銀冠に組み替えて戦機をうかがう。▲6六銀右は「位を取ったら位の確保」の格言を地で行く自然な指し手だったが、この場合は良くなかった。羽生は局後に「▲7七桂△7二金▲8六歩△4三銀と、相手の銀をうわずらせるべきだった」と話している。指了図、先手陣に隙が生じている。
(第2譜指了図は47手目▲6六銀右まで)

【第3譜】▽手ごたえあり
 ひんやりとした対局室に、ぷふぅと大きく息を吐く音が響く。畠山は集中して読みを入れるとき、まず腹に力を込めて「くっ」と息を止め、区切りがつくまでそのまま頑張っているようだ。素潜りの漁師が獲物を狙っている姿を連想させる。
 一方の羽生、眉はハの字で目は垂れ気味。口も半開きで、どこを見ているのか何を考えているのか全く読めず、海中をただフワフワとたゆたっているような感じ。シャツの右ポケットには、交通機関で使う緑色のカードが透けて見える。ワンポイントのペンギンもゆるゆると揺れている。
 指し始め図の▲6六銀右は疑問。4八の地点がお留守になってしまった。不用意に海面に姿を見せた幻の魚。しかし畠山は素知らぬふりで△7二金。すぐに獲物に飛びつかず、自陣の整備を怠らないあたりは流石。羽生の▲8六歩を見てから△4八歩とモリを一突き。この手があるから▲6六銀右は軽率だった。△4八歩に▲同金なら△2八竜と敵陣に侵入できる。
 羽生は身をよじるように▲4六角。△4九歩成に▲3六歩の反撃を見せつつ、2四竜の横利きが消えれば▲8五歩△同歩▲8四歩△同銀▲7四歩のコビン攻めを狙う。バランス感覚に優れた羽生らしい角打ちだったが、指了図△4九角を見落としていた。
(第3譜指了図は52手目△5二角まで)

【第4譜】▽羽生苦戦
 16時半頃、控え室では鈴木大介八段と近藤正和六段が本局を観戦していた。指し始め図の一手前▲4六角のところでは、前日の都議選の話で盛り上がっていたのだが、△4九角を見て「畠山さん、これはうまくやったか?」と目つきが変わった。思わしい受けが見当たらないのだ。
 ちなみに都議選の話というのは、鈴木八段がとある若手棋士に選挙に行ったかと聞いたら「行ってません。さすがに私も総裁選なら行きますよ」と胸を張って答えたというもの。冗談なのか本気なのかわからないのが棋士の魅力でもある。
 対局室の羽生も苦しんでいた。歩を成る場所に打ち込む△4九角が見えておらず、形勢不利を自覚していた。どうやれば優位に立てるかではなく、差を広げられないように粘る手段を模索していた。
 控え室では▲4八金△6七角成▲同玉△2八竜▲4九飛の自陣飛車で頑張るしかないと見られていたが、局後に羽生に聞くと「そこで△3八銀から△2九銀成と桂を取られて自信ありません」の返事。たしかにその展開は攻撃力に乏しく、勝ち味は薄いようだ。
 本譜は竜の侵入を許す代償を、玉頭攻めに求めた。指了図の▲8三歩には△同金、△同玉、△7一玉と、どれも有力だから迷ってしまう。
(第4譜指了図は63手目▲8三歩まで)

【第5譜】▽どれでも勝ち?
 ▲8三歩の悩ましい叩き。控え室の鈴木大介八段は「こういうのは△7一玉と引くのが形です」とピシャリ。近藤正和六段は、のんびりした口調で「私は畠山さんとは奨励会入会が同期なんです。同期同期、これは△8三同金が正着だ」。
 感想戦で畠山にそのまま伝えると「ふふふ、近藤さんがそんなことを……しかし△8三同金だったかもしれませんね」の返事。一見すると玉の脇腹が涼しいようだが、9三に玉を上がる形が思いのほか粘り強いのだ。羽生も「△8三同金は嫌でした」と認めている。
 ただし実戦の△7一玉も疑問手ではない。「3、4筋の金銀に近づくのが本筋かと思いまして」という畠山の感想も、いかにもプロらしい考え方と言えるだろう。
 ちなみに指し始め図から△8三同玉と取るのは、▲6一飛△7一桂に▲6四歩がピッタリ。次に▲6五角と打つ手が厳しく先手勝ち筋となる。
 羽生は△7一玉に▲8二角と打ち込み、局面のスピードアップを図る。4九の金を味良く受ける手が無い以上、足を止めるわけにはいかない。
 指了図▲7二飛は、▲6二金までの詰めろ。受けは△6二銀、△6二桂、△5一玉の三択。種明かしをすると、どれを指しても畠山は優位を持続できる。しかし、それが厄介なのだ。
(第5譜指了図は69手目▲7二飛まで)

【第6譜】▽畠山勝勢
 羽生が▲6二飛と打ち下ろした指し始め図。▲6二金までの詰めろを防ぐのが畠山の当面の課題となっている。
 継ぎ盤を見た三浦弘行八段は、「△6二銀と受けて畠山さんの勝ちだと思います」と言い残して立ち去った。羽生は△6二銀に対して、▲3五角△4九竜▲5三角成と進めて、先手玉は詰まないのではないかと読んでいた。しかし▲3五角には△4九竜ではなく、△4四歩▲同角△5二金と受けておけば、寄りつきが無い。つまり△6二銀と指せば畠山の勝ち。
 また指し始め図から△5一玉と逃げる手もある。畠山は▲8一とと取られる手を気にしていたが、平凡に△4九竜と金を取って後手の一手勝ちのようだ。先手玉は△7六角以下の詰めろで、後手玉は詰まない。
 畠山の指した△6二桂は後で△5四桂の二段跳ねを狙った手で、これも後手の勝ち筋。羽生は▲3九金打で、一転して局面の速度を緩めに行くが、△8五角を決めてから△1九竜が冷静な応手。
 自陣に金を使って攻め駒が無くなった。指了図▲6四歩のところは、さすがの羽生も「どうにでもしてくれ」という心境だったろう。
 畠山は頬を膨らませて、それから大きく息を吐いた。羽生は呼吸しているとは思えないほど、静かに盤面を見つめている。
(第6譜指了図は75手目▲6四歩まで)

【第7譜】▽逆転
 畠山は残り16分から慎重に11分使って△8六香と指したが、皮肉なことにこれが敗着となった。ここは△8六歩とするべきで、以下▲8八歩△5四桂▲5五角△6六桂▲同角に、そこで△6五香と打つ。それなら後手が残していた。
 羽生は△8六香に「いや…」と頭を抑え、それから▲6三歩成。逆転。
 そういえば、今年の棋聖戦五番勝負で羽生と戦った木村一基八段は第3局を勝ったあとに、こう話していた。「羽生さんはサラッとしていて、盤外戦術をするイメージは無かったんですが、いやいやなかなか」。
 たとえば、羽生は「ん?」と呟きを漏らした直後に着手することがある。盤側で見ている記者は、「ああ、読みの世界から現実に戻ってきたのだな」と思う。しかし自分が対局相手だったら、「羽生さんは何か(指し手)に気付いた様子なのに、なぜ確認もせずに指してくるのだろう」と疑わしく思うかもしれない。
 確かに羽生には思わせぶりな所作が多い。果たしてそれらは意識してやっているのか。それとも無意識なのか。意識しているなら、普段の実直で理知的な言動や行動の意味合いが変わってくる。もし無意識なら……相手が勝手に、柳を幽霊に見立てていることになる。どちらにしても恐ろしい話。
 指了図、羽生に決め手が出る。
(第7譜は90手目△4八歩まで)

【第8譜】▽空飛ぶ魚
 羽生は大きくゆったりしたモーションで▲4九竜と着手した。これが決め手。△同銀には▲2六桂△2五玉▲2七歩と必至を掛けて後手勝ち。先手玉は飛車を渡しても詰まない。
 背筋をピンと伸ばした羽生は、盤面全体を見下ろしている。フワフワと海中をたゆたっていた魚が、力強く水面を蹴って舞い上がる様が脳裏に浮かんだ。畠山が空気の塊を吐くように咳をして、天井を仰ぎ見る。なんだ、空も飛べるなんてずるいじゃないか。
 感想戦が終わり、羽生が部屋を出た後も、畠山はしばらく席を立てないでいた。「ふふ、すみません。負けると魂から血が吹き出るような感じがして…後藤さんも奨励会にいたから分かると思うけど…」。
 搾り出すような声。よく分かると言えるほど打ち込んでいた自信は無くても、かさぶたの存在を確認することくらいはある。畠山は不器用に笑みを作って「勝ち負けではなく、もっと頑張りたかったです」。
 四段に昇段したときに、目標を聞かれた畠山はこう答えている。「今より10倍強くなりたい」。棋士になってもうすぐ20年。10倍強くなったかと聞かれれば、きっとノーと答えるだろう。でも、10倍強くなりたいかどうかの問いなら、答えは聞くまでもない。
(投了図は101手目▲2六桂まで)
コメント

将棋と日々

2010年11月18日 | Weblog
【17日】
いくらか原稿の整理をして、夕方に新宿で腹ごしらえしてから将棋会館へ。着いたのは夕食休憩まんなかあたりの時間でした。
棋王戦の渡辺竜王-広瀬王位戦、王将戦の羽生名人-豊島五段戦、そしてA級の郷田九段-三浦八段戦を控室で終局まで観戦。順位戦中継の棋譜コメント欄に登場した関係者の一人として、にぎやかしてきました。

【16日】
いくらか原稿を整理して、夕方に新宿の家電量販店へ。空気清浄機と新しいプリンターを購入して配送の手配をし、そのあと下北沢へ移動。東京おいっすの「合格写真館」を観て、そのへんの焼き鳥屋で一杯やってから帰宅。筋道がしっかり立っていて、とてもよいお話でした。

【15日】
いくらか引越し後の整理をして、夕方に近所のお店で一杯。越してからは新規開拓で美味しいお店を探してさまよってます。今のところ入ったお店にハズレはなく、これはなかなかいい引越しだったかもしれない。

【14日】
エリザベス女王杯はすごいレースでした。スノーフェアリーの末脚は、いつぞやの富士Sでのトリプティクのワープ走法を彷彿とさせますね。JCでトリプティクは馬券に絡めませんでしたが、スノーフェアリーはどうでしょう。手厚い面子になりそうで、今から楽しみです。
コメント (4)

整理整頓

2010年11月07日 | Weblog
こんばんは。
いくつか、思いつくままのテーマを書いていきます。

【ネット中継】
携帯中継が始まるにあたって新規で記者を募集し、順位戦中継でも新しい記者さんが増えて、無理なく人が回るようになってきたような気がします。
当初は「人が増えれば個々の仕事が減るんじゃないか」と心配してくれる方もいましたが、向上心があれば何も問題ないです。
中継に関しては先っぽでいろいろやらせてもらっていますが、僕らのような経験者が未開の地を掘削して、次に残していければいいんじゃないかなくらいに思っています。

【観戦記】
これは新聞や雑誌の観戦記のこと。
媒体によって求めるものが違うのは当たり前の話で、書き手はそのニーズに応える努力をすることが大前提。
書きたいことを書くのではなく、書きたいことを書かせてもらえる場所を探す。でも求められるものが凝り固まっていて渋滞しているなと感じられるときには、怒られてもいいから劇薬をぶっこむ。そんな冒険の繰り返しです。
そこで「こいつは無茶するからいらない」と言われれば、「ごめんなさい」と謝るか、「こっちも願い下げだ」と強硬姿勢に出るか、まあ僕は後者のほうが多いタイプかもしれません。納得できる理由を示してもらえれば引き下がるけれど、そういう作業はかなりのパワーが必要。そこまでの労力をかける価値のない書き手だと思われたら、それはこちらの実力不足。つまりは、そういうことです。

【引っ越し】
しました。
荷物も新居に運び終え、あとは旧居の掃除をして引渡しすれば完了です。部屋がひとつ増えて、家賃もいくらか増えて、まあ増えた部屋は猫部屋になるかもしれないので増えた感は薄いのだけれども。
猫を移動させるときは、本当に修羅場というか戦場というか戦慄というか、大変なイベントでした。
引っ越し業者が来る前日に友人に来てもらったんですが、キャリーバッグに入れようと思ったらとにかく猫が暴れる暴れる。もともと野良猫だったので野性が強く、いくらかひどい目に遭ったところをもらってきたので、捕まる=死ぬかもしれない、という意識が強いのかも。こちらは「傷つけないでキャリーに入ってもらいたい」、あちらは「捕まったらどうなるか分からない。命懸けで逃げる」なのだから、人に勝ち目はないですよね。
四人掛かりで追い詰めて、友人は噛まれて爪立てられても「大丈夫だよ」と話しかけ、最後は力技でどうにかキャリーに詰め込みました。
傷だらけになった友人は「かわいそうなのは猫」とポツリ。僕も嫁も、そばにはいたけど手出しは出来ず。飼うなんておこがましくて、ただ一緒にいられるだけで嬉しいけれど、いざとなったら責任を持って、自分が怪我しようが何しようがずっと一緒にいるという気持ちが必要なんだと思いました。スキルが足りない部分は覚悟で補うしかない。
覚悟って、覚えて悟るなんですね。こうして字面を見ると、結構すごい言葉なんだな。

猫の写真を貼ろうと思ったけど、今は「猫は家につく」ということでまだ気を許してくれていないので、また今度やります。

コメント

メモ2

2010年11月01日 | Weblog
せんて:ごとう げんき
ごて :わたなべ しゅう


▲2Bひよこ(定跡手順。ほかには、▲3Cきりんが有力)

△同ぞう(同らいおんは、あとで結局引くことになり手損)

▲3Bぞう(▲3Bらいおんは、△3Aひよこ)

△2Aきりん(きりんを差し出す。他の手は難しい)

▲同ぞう(▲3Cきりんは、△同ぞう、▲同らいおん、△2Bきりんで先後反転の筋に入る)

△同らいおん(次に△3Aぞう以下のキャッチろ)

▲3Bきりん(この一手の受け)

△2Cぞう(代えて△3Aぞう、▲4Aらいおん、△3Cひよこは、▲同きりん直、△同ぞ
う、▲3Aきりんで先手良し)

▲3Aひよこ(本将棋でも、どうぶつしょうぎでも、玉を下段に落とすのが基本)

△1Bらいおん(「いつもやってるのと同じ形になった」と、しゅう君)

▲3Cきりん直(2枚ぞうは、雁木のようなもので好形。これを崩しにいく)

△同ぞう(ここは意外に手が広い。一手パスしても、せんてが勝ち切れるか微妙)

▲同きりん(代えて▲同らいおんは、△3Bぞう、▲同らいおん、△2Bらいおんから手厚くされてしまう)

△2Bきりん(手堅い。「きりん冠」は好形のひとつ)

▲4Aらいおん(手筋のパス。相手らいおんの位置をずらす狙い。なかなかの手だと思うが「なに本気で考えてるんだか」と、いな君)

△1Cらいおん(バランスは崩れるが、他の手も難しいか)

▲1Aぞう(この手が指したかったがゆえのパス。↑に代えて△1Aらいおんは、▲1Cぞうが決め手になる)

△1Bきりん(しゅう君が△1Bひよこと指そうとしたところで、あきら君から「それは▲4Bらいおんで指す手が無い」と助言が。しゅう君、全てを悟って△1Bきりんを着手)

▲2Aひよこ(次に▲3Aらいおんが絶品。らいおんは前線にいればいるほど働きが強い)

△2Bきりん(最善。千日手の筋で粘ろうとしている)

▲3Aらいおん(△2Aきりんを防ぐ。代えて▲2B同きりん△同らいおん以下、形を決める手が結果的には最善。本譜は紛れがあった)

△1Bきりん(最善の辛抱。あきら君、ちらりと見たが何も言わず)

▲4Bらいおん(「らいおんは真ん中へ」らいおんも立派な攻め駒なので、駒効率重視)

△2Bきりん(おそるべき6歳。千日手を厭わない大人の指し回し)

▲4Aらいおん(千日手を打開しようとしての様子見だが、失着。すぐに▲2Bぞう~▲2Cきりんで精算すべきだった)

△1Bらいおん(チャンスを逃した、もとい緩めてもらった。△2Aきりんなら後手勝勢だった)

▲2Bぞう(ここで決行するなら、最初からやったほうがよかった)

△同らいおん(以下、しばらくは一本道)

▲2Cきりん(盤面がすっきりしてきた)

△同らいおん(駒の損得なし。大熱戦)

▲3Bぞう(手番をどう生かすかだが、2Aひよこを守る意味でこの手は仕方ないか)

△1Bらいおん(代えて△1Cらいおんは、▲2Cきりん、△1Bらいおん、▲3Aらいおんで先手勝勢)

▲2Cきりん(ここで手を渡す。不安定な格好だが、次の手は悩ましい)

△1Aひよこ(敗着。ここでは△2Bひよことして、▲3Aらいおん、△3Bぞう、▲2Bきりん、△1Cらいおん、▲1Aひよこ成、△4Bぞう、▲3Bらいおん、△3Aきりん、▲4Bらいおん、△2Bらいおん、▲1Bにわとり、△2Aらいおん、▲1Aにわとり、△2Bらいおん、▲1Bにわとり…で王手王手の千日手模様。ただ後手には、▲1Bにわとりに△同らいおん、もしくは△2Cらいおん!という手もあるかも。)

▲同ひよこ成り(たまたま勝ち筋に入る)

△同らいおん(「純粋な手損じゃんか」とあきら君。しゅう君、キッと睨む)

▲2Aひよこ(4Aから滑らせるように。森下九段の歩使いを彷彿とさせる)

△1Bらいおん(「ごとうさん、あとでボウリング行こう?」としゅう君)

▲A3らいおん(「いいね」とげんき君。あとでボウリングでボコされることは、このとき知るよしもなかった)

まで、せんて勝ち

※符号とか手順とか、合ってるかあまり自信ないです。ケアレスミスも多いかも。おかしいとこあったらコメントください。

コメント (5)