五反田発リスボン行き急行列車

五反田駅からリスボン行き急行列車に乗ることを夢想する前期高齢者の徒然

2018・7・10

2018-07-11 09:09:32 | 日記
老老ブレックファーストは、夕べの残りの鰯の塩焼きWITH大根おろし、一口麻婆豆腐、沢庵、若布と油揚げの味噌汁、それに納豆WITH水菜。食後録画してあった新番組「絶対零度」(脚本・浜田秀哉)を見る。沢村一樹はそれなりの味を出してはいるけど、月9の主役なんて似合わない。もっと地味な番組帯での彼をみたいと書いてみて、今や月9が地味な番組帯になっているのを忘れていた。1時からリハ開始。今日はテアトロジャージャンのメイン俳優である浜田晃さんと先日「アントニオの遺言」で共演した佐藤由美さんが慰問に来てくれる中、5時過ぎまでに二度の通しをやってみる。演出家的にはもう一歩の出来。「もう一歩」は何なのか?後二日だ。母にはこれまた昨日の残りの生姜焼きで弁当を作り届けた後リハの後片付けをしていたら、何の予告もなしに先輩のシナリオライターHさんが顔を出す。偶然なんだけど、広島県の呉市が集中豪雨で被害を受けているニュースを見た時に、真っ先に呉市出身のHさんのことを思い浮かべていたもんだからびっくりする。そして更に驚いたことに、後一カ月で60年住み慣れた東京から奥さんの実家のある大阪に引っ越すことになったので、俺にどうしても挨拶しておきたいと今日突然思いついてわざわざ狭山丘陵から出てきたと言うのだ。テレパシーで彼のことを思った70歳の俺と、そのテレパシーを受けて挨拶に来てくれた78歳のHさん。人生も末期になると霊感が鋭くなるのかもしれない。9時半過ぎにHさんと別れた後、ニンニク2かけらと唐がらし4ヶをいれたペペロンチーノを作って食べて五階へ。新番組を見るつもりだったが、その前にやっていた「さんま御殿」がなかなかやめられず、ドラマは録画して明日へ。でも、その「さんま御殿」も最後までは見ることが出来ず、椅子でウタタネして気づいたら一時。「もう一歩」は何処に?ちょっと疲れている※14日(土)14時、16日(月祭)14時は満席になりました。★テアトロジャージャン第13回公演「櫻と桃の物語~リテイク2018夏~」(7月13日~16日、作演出・桃井章、出演・水沢有美、岸本敏伸、小松杏、料金3000円、開演時間13日は19時のみ、14日14時(満席)19時(空席多)15日は14時&19時、16日は14時(満席) 尚開場時間は各30分前です。予約お問い合わせは専用電話090ー9964ー2231まで)★テアトロジャージャンのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018・7・9 | トップ | 2018・7・11 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事