五反田発リスボン行き急行列車

五反田駅からリスボン行き急行列車に乗ることを夢想する前期高齢者の徒然

2018・6・14

2018-06-15 06:08:25 | 日記
カンヌ映画祭でグランプリに輝いた是枝監督の「万引き家族」を以前から母が見たいと言っていたけど、今日しか空いている日がないことに気づいて、突然行くことにする。と言っても、今日母は北里病院にリハビリに行く日なので、多分二時頃だという終わる時間に合わせて、品川か渋谷の映画館に予約しようとしたのだけど、両方の映画館共に二時以降だと上映開始が2時半だとか2時45分だとか。それだとリハビリが伸びたりすると間に合わなくなる恐れがあるので、次の作戦として3時40分上映開始の六本木ヒルズにして、北里病院前のバス停で母が出てくるのを久しぶりにポルトガル語のテキストを広げながら待つ。10分や15分遅れるのはアリかなと思っていたけど、母が出てきたのは2時40分過ぎ。会計で揉めたとのこと。やばい。乗り換えがうまくいかないと上映時間に間に合わないと思っていたら、魚籃坂下で田町行きバスを降りて10分後に六本木ヒルズ行きのバスに乗り込むことが出来て、TOHOシネマズ六本木ヒルズに到着したのは上映開始時間の5分前と言う神ワザ。でも、よかったのはそれまでで、映画が終わったのが6時過ぎだったもんだから、今から店に帰って老老ディナーの支度をしてたら何時に食べることが出来るか分からないので、母に六本木で何か食べて帰ろうかと提案したら「私はそんなに食べたくないから」と言われてしまう。母にそう言われてしまうと、たまには六本木ヒルズで夕飯食べながら今見た映画の話をしようと思っていた馬鹿息子の思惑ははずれてしまって、且つ朝の7時半に老老ブレックファースト(ソーセージWITHサラダ、納豆、海苔、かぶのサラダ風漬け物、菜っ葉の味噌汁を食べて以来、何も食べてないのでラーメンでもいいから何か食べたかったけど、強く言い張ることも出来ず、ヒルズの前で広尾行きのバスを待つ。その内、小雨。タクシーに乗るのに抵抗する母も雨には叶わず。あっと言う間に天現寺についたけど、「私はそんなに食べたくないから」と言う母とはそのまま別れて、私は一人ラーメン屋にいく。ラーメンと餃子とご飯。お腹が減っていくらでも食べられる気がしたけど「私はそんなに食べたくないから」と言う母の一言を恨み続ける。あれ?そういえば映画についての感想はなし?★テアトロジャージャン第13回公演「櫻と桃の物語~リテイク2018夏~」(7月13日~16日、作演出・桃井章、出演・水沢有美、岸本敏伸、小松杏)★テアトロジャージャンのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 2018・6・13 | トップ | 2018・6・15 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事