五反田発リスボン行き急行列車

五反田駅からリスボン行き急行列車に乗ることを夢想する前期高齢者の徒然

2018・10・3

2018-10-04 09:00:33 | 日記
事の始まりは夕べ見たテレビ。ビートたけしのMCで,医療の専門家が出て来て,色々アドバイスするよくある健康バラエティだ。今日のテーマは認知症。自分自身にも身近に迫っているテーマについつい見入ってしまう。そして,今日語られていた認知症予防の一つに食事をよく噛んで食べることが必要だとあって,最低30回は噛むのと噛まないで食事するのとでは,認知症になる危険度が数倍も違うと云うのだ。30回噛む?それって一度口にいれた食事を飲み込むのに30秒はかかるってことだよね?えーと俺は?とちょうど傍にあった煎餅を口にいれてみたら,なんとゆっくり噛んだつもりが7秒で喉に飲み込んでいた。煎餅ですらそうなのだからご飯や魚と云った柔らかい食べ物だと何秒で飲み込んでいるんだろと怖くなって,今日の老老ブレックファースト(ちりめん青ネギ混ぜご飯,キンピラ,笹蒲鉾のバターソティ,なすのサラダ風浅漬け,豆腐の味噌汁)の時に母にもそのことを教えて,二人で「30回運動」を始めることにした。するとどうだ?今までだと所要時間はご飯一膳半で約10分から15分だったのがなんと35分もかかってしまうことになった。母なんか20分程度だったのに50分もかかってしまった。更には二人とも途中でお腹が一杯になる。いつもの一膳半(母は半膳分)のご飯が食べられなくなってしまうのだから,この「30回運動」は満腹中枢を抑えるにも効果があるのかも知れない。いや,いやそれ以上に食事時間が伸びると云うことは,そんなに話題はなく,ただ並んで座って口をもぐもぐさせているだけでも,95才の母と70才の息子の風景として自分で云うのもなんだけど,愛おしい。そして今日の老老ディナーは,朝残した混ぜご飯にこれまた残した笹蒲鉾とキンピラを刻んでくわえた酢飯をいなり寿司に,それにきゅうりの浅漬けと卵のお吸い物を添えて。勿論ディナーも「30回運動」を実行。8時に近所に住む女性映画監督のWが来る。30歳で第一作をとって,40歳で第二作。それから5年。まだ子供が生める年齢だし,どっちをとろうかとフラフラしている。そんなWを一喝。どっちもやれよ。どっちもやれるだろ!…Wさん,次回作,期待してます。★テアトロジャージャン第14回公演は「M家の人々Ⅳ・誰がルルを殺したのか」(作演出・桃井章、出演・大塚みどり、棟里佳、荒木真樹彦、茂木英治)・会場はテアトロジャージャン(東京都渋谷区恵比寿2ー31ー3オーオカビル四階 電話03ー5422ー7407)・料金三千円・開演時間 10月31日(水)は19時のみ、11月1日(木)2日(金)3日(土)は14時&19時、11月4日(日)は14時のみ、開場は開演の三十分前です。・予約お問い合わせ 090ー9964ー2231(予約専用電話)ご来場をお待ちしております★テアトロジャージャンのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。
コメント