五反田発リスボン行き急行列車

五反田駅からリスボン行き急行列車に乗ることを夢想する前期高齢者の徒然

2016・6・3

2016-06-04 05:27:12 | 日記
さすがに昨日はホボ徹夜だったので11時前に眠りについて目覚めたのが5時。普通ならまぁまぁの睡眠時間なんだけと、ホボ徹夜だし、目覚ましをかけた6時半まで眠っていられたなと思ってしまうのは当然か?昨日の残りのアジの干物をバターで炒め直してリフォーム(醬油一滴)、これまた残り物のイカとじゃがいもとインゲンの煮物、卵入り納豆、もずくと茗荷の味噌汁で老老老ブレックファーストを終えてから、今日は部屋に帰ってのんびりと風呂に入ってそれから何か映画に行こうと思って手帳をみたら、何と今日は午後3時に乃木坂時代に時々来てくれていたMちゃんが友達と一緒に来店することになっていた!やばい!もう帰れないから仮眠してから3時まで台本の直しにかかる。二年半ぶりにあう人妻Mちゃんは相変わらず元気溌剌で、3時に飲もうと云うのだからどれだけ飲むのだろうかと期待していたのだけど、開口一番「ノンアルコールビール」と仰る。うん?どうしたどうした?実は……とMちゃんは口籠もりながら「ここに来る前に病院へ行ったらね……」えええっ?まさか?まさか?「仕事も一段落した処だし、今日は思い切り飲めると思っていたんだけど」そりゃおめでたいことだし、乾杯するけとさ、私とあわなかった二年半にそんなミダラでピュアなことに励んでいたなんて。後はオボロ。一緒に来た演出家のIちゃんが色っぽかったんで標的をかえればいいかとスカートから伸びる彼女のきれいな脚をチラチラ眺めて邪なことを思っていたら、6時過ぎ、これから婚約者に会うのだと告白される。あ、そう。そうだよね。君みたいなきれいな脚してたら婚約者の三人や四人いてもおかしくないよね(嘆息)二人が帰った後はもう飲むしかなくて、当然のごとく眠りが押し寄せて、10時過ぎにはまだ営業時間だと云うのに電気を消して五階への階段を這い上っていた★テアトロじゃーじゃん第七回公演『お棺発子宮行き鈍行列車』(作演出・桃井章 楽曲提供・津森久美子 出演・浜田晃/桑原なお 宮崎優里 茂木英治) 日時7/14(19時開演)7/15~7/17(13時半&19時開演)7/18 (13時半開演)場所・バージャージャン 料金3000円。尚本公演は座席数が25席しかありません。お早めにご予約下さらないと満席になる可能性もあります。よろしく。詳しくはホームページ参照★テアトロジャージャンのホームページが開設されました。過去の作品や今後の上演予定作品の情報が掲載。jerjan-hiroo4f.jimdo.comへアクセスして下さい。「テアトロジャージャンへようこそ」でも検索できます、、。、
コメント