JECA五所川原福音キリスト教会ブログ

五所川原福音キリスト教会の活動の様子を写真などで綴ります。

イースター礼拝と祝会でした

2016-03-28 09:53:34 | イースター

27日(日)はイースター(キリストの復活祭)。
晴天にも恵まれて、
初春らしい穏やかな一日になりました。




講壇の花
(白梅、アルストロメリア(白)、つばき(赤)、菊(黄))

イースターらしく白を基調に、
とても愛らしい花材でした。


礼拝では、イースターの讃美歌を歌い、
子どもの話や、祈りと説教がありましたが、




教会の開拓時期をご存じのお一人の、
生き生きした信仰の証しもありました。感謝。




午後は、祝会。



持ち寄りの食事はすばらしく、
食べきれないほど盛りだくさんでした。
ごちそうさま!


一通り食べながら、次は出し物です。
・・・が、なかなか出し物と言っても、
みなさま、「能ある鷹は爪を隠す」なのか、
単なるシャイなのか?!

結局、披露したのはまず牧師。



手品を見せてくれましたが・・・


近くで見ている子どもたちに、
手の内を読まれ、バレバレ。
手品は観客との距離が大事です。笑



そして、飛び入り参加のR君が。。。



カードマジックを披露してくれました。

これには、近くで見ていた子ども達も、
しーんと事の成り行きを見守り、
大成功でした。


出し物の後で、教会員の愛唱讃美歌・聖歌を
くじ引きして、当たった曲を7曲ほど歌いましたが。。。


当たったのは、ほとんどが、
遠方者や欠席者の愛唱讃美歌が多くて、
とても不思議な感じでしたが、

これも神様のお計らいだったのかも。。。と
神様のみわざを感謝しました。




ゲストがたくさん来られたイースターですが、
前任の牧師先生ご家族が来られて、
最後に、残っていた人たちと記念写真。



しばらく会わないうちに、子ども達は大きくなりました。




2歳くらいだったYちゃん(左)もすっかり大きくなり、
いつもは教会の中で最年少のAちゃん(右)が、
いいお姉ちゃんぶりを発揮していましたよ。


「わたしはよみがえりです。いのちです。
わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。」
ヨハネ11章25節


クリスチャンにとっては、
毎日がイースターです。

復活のいのちに満たされているからです。


感謝♪







コメント

3/27(日)の礼拝ご案内

2016-03-25 10:49:42 | イースター

3/27(日)の礼拝のご案内です。


復活節第1主日イースター礼拝

聖書/マルコの福音書16章1~16節

テーマ/「よみがえられた主」

メッセージ/織田信明牧師




初めて来られた方や求道中の方にはもれなく
小型聖書とトラクトを差し上げます。




また、先着4名様には、「寺の中からキリストへ」を
差し上げます。




午後は「祝会」を致します。
食事をしながら、駄物や歌でお楽しみ下さい。

入場無料です。
(礼拝の中で奉献(献金)がありますが、
強制ではありません。)






教会の中もイースター色です。





イースターリース2016













プラの卵にデコパージュしました。







 
コメント

日曜フレンズのイースター集会

2016-03-20 21:51:52 | 日曜フレンズ

20日(日)午後1時30分から、
日曜フレンズのイースター集会をしました。




まだ全員揃っていませんでした。
三々五々来て、23人くらいの子ども達が
来られて感謝でした。










この日のメニューは、

絵と音楽による「イースター物語」、
歌、出し物(子ども達)、ゲーム、
エッグハント、エッグシール飾り、


出し物。歌を歌いました。



そして、2月にできなかった
「チョコフォンデュ・ファウンテン」。



テンションが上がりまくり!!








具は、バナナ、イチゴ、マシュマロ、チーズクラッカー、
ミルクパン、プリッツ、ポテチ(チップスター)など。

やはりこの季節は、イチゴが人気がありました。


常連の子ども達の他に、新しい子たちも数人いて、
ワイワイがやがや、楽しくできました。



 


コメント

3/20(日)の礼拝ご案内

2016-03-18 14:33:35 | 主日礼拝

3/20(日)の礼拝のご案内です。

10:30~12:00


受難節第6主日礼拝
(*3/20~26は、受難週、
3/25(金)は受難日です。)


聖書/マルコの福音書15章22~41節


テーマ/「この方はまことに神の子であった」


メッセージ/織田信明牧師



暗唱聖句

「イエスの正面に立っていた百人隊長は、
イエスがこのように息を引き取られたのを見て、
『この方はまことに神の子であった』と言った。」
マルコの福音書15章39節


*礼拝の中で、奉献(献金)の時がありますが、
強制ではありません。かごが回って来た際は、
次の方に渡して下さい。

*聖書、讃美歌、点字聖書、点字讃美歌は
受付にございます。

*耳の聞こえにご不自由を感じている方のために、
ヘッドフォンが備え付けられています。ご利用下さい。





*礼拝後の予定

日曜フレンズ(幼・小学生対象)。




日曜フレンズのイースター集会があります。
無料です。

エッグハント、イースターエッグ製作、
イースターのお話(絵と音楽)、歌、ゲーム、
チョコフォンデュなど。


お楽しみに!





コメント

渡り鳥と梅の開花

2016-03-14 16:21:40 | 小鳥・生き物

津軽も雪解けが進み、五所川原市内の大きな道路は
すっかり雪が消えてしまいました。

田んぼも一部を除いて、
ほとんど雪が消えています。
(沼にはまだ氷が張っていました。)





ブルーの空に、雪の残る岩木山が美しく映えます。

岩木川原にはリンゴの木も多く、
剪定された木々が並び、5月の開花を待っています。



川原には、渡り鳥たちが南から北へ移動する
中継地として行き来しています。



緑の首の「マガモ」たちや尾が長い「オナガガモ」




奥は茶色の首の「ヒドリガモ」。
手前は「オナガガモ」。





空にはオオハクチョウと共に、
マガンも加わっていました。驚きです。






種を越えた協力なのでしょうか。





別の日の別の個体のマガン。



市内から山の方に向かうと、
梅林がありますが・・・




なんと1本だけ開花しているのです。
本来は4月末頃に咲くのですが、早すぎますね。

今年は桜も早そうです。





梅の木の近くに居た「ホオジロ」です。


小さな春、見つけた!気分です。笑



皆さんの住む所は、もうすでに春爛漫ですか。
それとも、まだ雪の中でしょうか?


北国の津軽にも、まもなく本格的な春が
訪れようとしています。






コメント