JECA五所川原福音キリスト教会ブログ

五所川原福音キリスト教会の活動の様子を写真などで綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クリスマスコンサートをしました

2017-12-25 11:18:36 | クリスマス

12/24(日)の午後、
工藤篤子クリスマスコンサートをしました。

雨予報でしたが、天気も支えられ、
各地(遠くは上北・南部方面からも!)から
たくさんお越し頂きました。







地中海ソプラノ工藤篤子さん。
全8曲とアンコール1曲歌って下さいました。

地中海ソプラノを聴いた事がある方は、
あまりおられないと思います。
地中海地方の、柔らかい温かな声質をさす言葉で、
イタリア歌曲の声質を金管楽器にたとえるなら、
地中海ソプラノは木管楽器にたとえられます。





工藤さんのお話しされる声と、歌の声とは
全く違う印象がありました。

よく響くあのすばらしい声は、
一体どこから出るのかと思われるほど、
すばらしい声でした。

以前はメゾソプラノだったようですが、
アドバイスによりソプラノに転向されたとか。

工藤さんの著書「賛美のこころ」には、
声というものは、神が与えるものというような
表現をしておられます。

まさに声は神の賜物ですね。




歌もすばらしいですが、率直な証しやメッセージに
心が動かされました。


歌の作曲者、作詞者についても教えて頂きました。
特にJ.S.Bachについても触れてくださり、
♯は主の十字架と個人の十字架を示し、
♭はへりくだりを示し、

今回歌った「主よ人の望みの喜びよ」の1拍目の
八分休符は「主が人を休ませる(平安)」という
意味が込められているようです。
また、三連符は、喜びを表すようです。

これを覚えていると、
J.S.Bachの曲ももっと味わい深く歌えそうですね。


アンコールの後は、みんなで
「良き力に守られて」を立って歌いました。



作詞はボンヘッファーという、ナチス時代の教会の牧師で、
やがて殉教してしまいますが、
亡くなる少し前に婚約者のマリアに送った
クリスマスカードに書かれていた言葉なのです。


実は、この曲は私が個人的に好きな曲で、
今年、友人から楽譜を取り寄せました。
いつか教会でみんなと賛美したいと
思っていて、実現に至りませんでした。


それが、工藤さんの方から、
この曲を皆さんで賛美してはどうかとの
打診があったので、迷いなくOKを出して、
この実現に至ったというわけです。
もちろん、工藤さんは私の願いを
全くご存じないのですが。


神様は、私の小さな願いを聞き入れて
このような形で実現して下さったのでした!!

主に感謝です!




板柳のカフェ・イリスで販売していたお菓子の家。
ある姉妹が買ってきてくれました。

まだこのままの形です。
来週の日曜に皆で食べる予定です。


MERRY CHRISTMAS TO YOU!




コメント

クリスマス・コンサートのご案内(加筆)

2017-12-24 18:02:14 | クリスマス

クリスマス・コンサートのご案内です。

当分の間、これがトップ記事になります。
普段の記事は、この次になります。
そちらもお忘れなく!!




「工藤篤子 クリスマス・コンサート2017」
日時/12/24(日)14:00~16:00

場所/五所川原福音キリスト教会

入場無料です。



曲目は・・・

「久しく待ちにし」「主よ 人の望みの喜びよ」
「Oh Holy Night」などクリスマスソングや
讃美歌ほか。


~地中海ソプラノのステキな歌声を
クリスマス・イヴの日に!~

*地中海ソプラノとは、声質のことで、
明るく、柔らかい声質です。
イタリアの曲を歌う声を金管楽器にたとえるならば、
地中海ソプラノは、木管楽器にたとえられます。

落ち着きのあるソフトな声の響きに、
心が安らぎます。

是非この機会に、教会においで下さり、
コンサートをお楽しみ下さい。


あなたのお越しをお待ちしています。





コメント

クリスマス礼拝&コンサートのご案内

2017-12-22 09:13:15 | クリスマス

12/24(日)の礼拝のご案内です。

12/24はクリスマスイブです。
教会ではこの日に、クリスマス礼拝
お献げいたします。

是非、この機会に教会においでください。


待降節第4主日クリスマス礼拝
10:30~12:00


いつもの礼拝式とは少し形式が変わります。
クリスマスキャロルと聖書朗読が続き、
信徒による信仰の体験談、クリスマスメッセージなど。


聖書/ルカの福音書2章1~7節

「戸をたたくイエス」

織田信明牧師


*新改訳聖書、教会福音讃美歌を使用しています。
受付にございますので、ご利用ください。


「見よ。わたしは戸の外に立ってたたく。
だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、
わたしは彼のところにはいって、
彼ととともに食事をし、
彼もわたしとともに食事をする。」
ヨハネの黙示録3章20節


いよいよ24日午後2時より、
地中海ソプラノ工藤篤子クリスマス・コンサートです!




クリスマスの曲以外も歌って下さいますよ。
地中海ソプラノの、明るく柔らかい声色を
お楽しみください。

入場無料です。

コンサート後は、お茶を用意しています。
ごゆっくりお過ごしください。







コメント

日フレのクリスマス会2017

2017-12-10 16:51:15 | クリスマス

12/10(日)の午後、
日曜フレンズのクリスマス会をしました。

三々五々集まって来た子供達、
時間が過ぎても来ない子たちもいて、
打ち合わせできず、焦りましたが、
なんとか無事に始まりました。




初めは26人ほど。
あとで3人増えて、今年は29人になりました。
感謝!

賛美、ゲームの後はお話。
今年は純粋にクリスマスストーリー。
絵と音楽付きで朗読をしました。





今年も恒例の「点灯式」。



昨年リードしてくれた女の子たちは、
今年もよくやってくれました!




イエス様の光が広がりますように!





おやつタイムは、ロールケーキwithいちご。
わいわいにぎやか。


クリスマス会後は、恒例の「アフター日フレ」。
今回は、短縮版で4時くらいまで。
遅く来た3人も、アフターで楽しみました。


来月は、恒例「新年お楽しみ会」で、
発表会vol4の予定です。

お楽しみに!



コメント

冬の海鳥たち

2017-02-17 10:42:02 | クリスマス

月1で、隣町の鰺ヶ沢に、
聖書の学びのために訪問しています。


帰りは海(漁港)や川に寄って、
水鳥の撮影の楽しみもあります。




幼鳥と成鳥のオオハクチョウが川に。





普段、海にいる「ウミアイサ」の♂が2羽、
川岸に居ました。
川の河口部には、海鳥も来ています。



ウミアイサ。
左は雄の成鳥。右は、大人になりきれていない雄?
雌ではなさそうです。





一見して夫婦かと。違いました。





こちらもウミアイサ。別の個体です。


真冬は、川が凍ると、
水鳥は来なくなりますが、
最近、少し気温が高くなり、氷が溶けると、
たちまち鳥が川に訪れます。


白鳥の北帰行もあと1ヶ月半ほどで
見られるかもしれませんね。





コメント