剛くんのブログ+パグpug

メニエール病、突発性難聴、顔面神経麻痺、近視、頭痛、逆子に不妊症。鍼灸師剛くんと26人の鍼灸師+パグの奮闘記

おいでん祭 1日目

2017年05月27日 | ボランティア活動
みなさん こんばんは

今日は おいでん祭 1日目


予想した以上にたくさんの

来場者の方が来てくださいました

ご近所に住んでらっしゃる方で

・膝が痛いんだけど
どこに行ってもよくならない

・耳鳴りがして聞こえづらい

・生理痛がひどくてどうしたらいいか

などなど

整形外科疾患 耳鼻科疾患

婦人科疾患 内科疾患などなど


様々な症状についての

相談がありました





お灸の体験では

熱そう 痛そう

といったイメージが

体験してみたことで

「以外と気持ち良いもんだね!」

とイメージが

変わった様子でした



願いが通じたのか

前日の大雨が

嘘のように晴れ

程よい風に恵まれた天候でした




明日も良い天候になるそうです!


皆さん

この機会に

お気軽に

ご相談 体験に

来て下さい!

この調子で

明日も晴れますように!


この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ 明日から おいでん祭

2017年05月26日 | ボランティア活動
みなさん こんばんは

いよいよ

明日(5/27) 明後日(5/28)は

豊川市 おいでん祭です

準備もひと段落して

あとは天気が良いことを

祈るばかりです

今回のブースの場所は




野球場内の踊りメインステージの

右手奥

搬入出入り口から

入ってすぐの正面あたり


です


毎年

ブース内は老若男女問わず

踊り手さんも含め

たくさんの方がきてくださいます





当院にみえている

患者さんの中でも

踊り手として出られる方も

多くいらっしゃいます


連日の練習で

身体は疲労困ぱい

でも本番で良いパフォーマンスを

したいから頑張ると

そんな踏ん張り時には

はりきゅう治療


です

今まで体験したことのない方や

身体の悩みがあるけど

どうしたらいいかわからない方などなど

実際に話を聞いて

受けてみると

イメージが変わります!


百聞は一見に如かず


まずは

この機会に

ご友人 お知り合いを誘って

美味しい食べ物を食べたり

元気の出る踊りをみたり

剛鍼灸院のブースに来たり…

お祭りを

満喫していただきたい

と思います



では 当日

会場でお待ちしています!

当日は良い天気になりますように…



この記事をはてなブックマークに追加

顔面神経学会

2017年05月25日 | 顔面神経麻痺
5月31日(水)、6月1日(木)

当院、一部の鍼灸師は、顔面神経学会に参加するためお休みさせていただきます。
尚、治療院自体は通常診療させていただきます。

この学会は、毎年参加している学会で、顔面神経麻痺のみに焦点をおいた学会となります。
また、同時進行で 顔面神経麻痺リハビリテーション技術講習会にも参加します。

今まで、顔面神経麻痺は原因不明の病気とされてきましたが、近年、その原因が次第に明らかになり、その大半はヘルペスウイルスの類が原因とわかってきました。そして、治療法も確立されつつあります。

しかし、病気が発症してから時間が経過すればするほど深刻な後遺症を残すことが少なくありません。経験していないとなかなか難しいことですが、必ず前兆となる症状があらわれます。

顔面神経麻痺の原因はウイルス、ではなぜウイルスが悪さをするのかというと、体が疲れていて免疫力が低下した時に再発するからです。医療用語では、再活性といいます。ほとんどの場合、以前に感染したことのある、口唇ヘルペスのようなもの、水ぼうそうのウイルスなどが体の中で生き残っていて、体力が落ちた時に一気に増殖して猛威を奮う。

顔面神経麻痺は、ある日、突然、顔が動かなくなるだけでなく、帯状疱疹があらわれたり、耳が聞こえなくなったりすることもあります。最近、寝不足、寝ても疲れが取れない、キーンと耳鳴りがする、肩こりや頭痛、目の奥が痛くなりやすいなど体の気になる症状がある時は要注意です。

もう一つ注意点としては、肩こりや頭痛などがあって、痛み止めの薬を続けて飲む時は、免疫力が低下して麻痺の原因になるウイルス感染を引き起こしやすいので注意が必要です。

幸いなことに、このような諸症状、痛み止めが必要な症状には鍼灸治療で対応できます。そして、妊娠中、癌などで免疫抑制剤を使用している時には、鍼灸治療で顔面神経麻痺の治療をすることができます。手術をしなくても、ボトックス注射をしなくても、鍼灸治療で対応できる範囲があります。


顔面神経麻痺専門外来



顔面神経学会の日程で気になる発表は以下のとおりです。
子供の顔面神経麻痺、免疫抑制剤の使用中や、入院中、妊娠中の顔面神経麻痺、癌による麻痺など、当院でも来院状況が多い症例となります。しっかり、最新の情報を学習してきます。



5月31日

評価法1

◆完全麻痺例について
◆柳原40点法の最悪時麻痺スコアの検討
-完全麻痺判定の変更(8→10 点以下)に向けて-
◆正中法 ENoG の予後推定値と治癒期間の乖離例の検討
-健側 CMAP 値による測定精度の検証-
◆末梢性顔面神経麻痺の病的共同運動程度に影響を与える因子について
‐Sunnybrook 法による検討‐
◆Saito-Box を用いた顔面神経麻痺の評価


評価法2

◆交代性顔面神経麻痺における電気生理学的検査結果と予後の関連について
◆末梢性顔面神経麻痺の病的共同運動程度に影響を与える因子について
‐積分表面筋電図評価による検討‐
◆病的共同運動における瞬目反射迷入再生率と表面筋電図積分値比との関係
◆瞬目顔面筋反射による病的共同運動の評価基準と早期診断の検討
◆ハイスピードカメラを用いた陳旧性顔面神経麻痺患者における瞬目の質と頻度の解析


特別講演 1

「陳旧性顔面神経麻痺の形成外科的治療ー遊離筋肉移植による「笑い」の再建を中心にしてー」


ランチョンセミナー1

「頭蓋顔面領域における、機能と整容の改善を目的とした二次再建ー顔面神経麻痺の再建を中心にー」


シンポジウム1 「腫瘍切除に伴う顔面神経麻痺の予防と治療」

◆耳下腺腫瘍における顔面神経の取扱い:耳下腺腫瘍手術918例の経験から
◆Recipient Bed Prepartion を念頭においた耳下腺癌切除後の顔面神経即時再建
◆秋田大学における顔面神経鞘腫症例の検討
◆腫瘍切除後の顔面神経即時再建術の結果に影響を及ぼす因子は何か
◆同一施設・同一術式による連続症例の検討


シンポジウム2 「顔面神経麻痺後遺症の予防と治療」

◆病的共同運動の経時的変化
◆小児顔面神経麻痺後の病的共同運動患者に対する治療
-ミラ-バイオフィードバック療法と集団リハビリテーションの治療効果の検討-
◆陳旧性顔面神経麻痺の眼症状の治療法に対する誤解とそれをもたらす思考的バイアス
◆病的共同運動に対する形成外科的治療
◆顔面神経麻痺後遺症としての病的共同運動・顔面拘縮、鰐の涙に対する治療の検討


一般口演 小児

◆先天性顔面麻痺症例に認められた顔面神経鞘腫
◆先天性顔面神経麻痺の筋電図所見について
◆左顔面神経麻痺で発症した乳幼児筋線維腫の一例
◆当科における乳幼児顔面神経麻痺症例の検討
◆乳幼児の顔面神経麻痺評価におけるタブレットデバイスの使用の試み


一般口演 ウイルス 1

◆Bell麻痺発症時期と前駆症状・気象要因に関する検討
◆Hunt症候群における難聴の特徴とその予後
◆水痘ワクチン定期接種化前後のHunt症候群発症動向
◆水痘ワクチン接種済みの児童に発症したHunt症候群


一般口演 ウイルス2

◆当科末梢性顔面神経麻痺症例における糖尿病合併例の検討
◆ステロイド治療とHBV
◆イピリムマブ使用中に発症した顔面神経麻痺の 2 症例
◆顔面神経麻痺をきたした HIV 感染症例


一般口演 その他

◆真珠腫症による耳炎性顔面神経麻痺に対する手術治療
◆真珠腫性中耳炎による顔面神経麻痺5症例
◆当初Bell麻痺として加療し、最終診断の異なった症例の検討
◆右突発性難聴の診断を受けた後、1カ月後に右顔面神経麻痺をきたし、
◆神経梅毒の診断に至った1例



6月1日

特別講演 2
「顔面神経研究の歴史的展開―どのようにして各機能が発見されたか―」


ランチョンセミナー2
「自家神経とナーブリッジの組み合わせによる神経修復」


一般口演 ボツリヌス治療

◆当院における顔面神経麻痺後の病的共同運動、顔面拘縮の治療
◆顔面神経麻痺後遺障害に対するボツリヌストキシン併用リハビリ治療効果の客観的評価
◆積分筋電図を用いた顔面神経麻痺に対するボツリヌストキシン治療の効果判定
◆顔面神経麻痺後遺症患者の瞼裂高と瞼裂幅の変化
◆顔面の 3D モデルを用いた顔面神経麻痺後拘縮の評価
◆Kinect V2を用いた顔面神経麻痺評価の可能性


シンポジウム3 「顔面神経減荷術の適応と実際」

◆名古屋市立大学における顔面神経減荷術の適応と実際
◆当科における顔面神経減荷術の変遷
◆顔面神経減荷術における術中所見の検討
◆腫瘍性顔面神経麻痺(疑い)症例に対する顔面神経減荷術
◆当科における顔面神経減荷術症例と非手術症例との比較検討
◆顔面神経減荷術の効果と限界


シンポジウム4 「ウィルス性顔面神経麻痺治療プロトコールの評価」


◆Bell麻痺の実践的治療プロトコール
◆ウイルス性顔面神経麻痺における実践的薬物治療
◆小児顔面神経麻痺治療プロトコールの確立に向けて
◆DPC から見た顔面神経麻痺診療


第8回顔面神経麻痺リハビリテーション技術講習会

1)Bell麻痺とHunt症候群の病態
2)急性期顔面神経麻痺のリハビリテーション原則
3)顔面神経麻痺評価法(柳原40点法、House-Brackmann法、Sunnybrook法)
4)顔面神経麻痺後遺症に対する早期リハビリテーション
5)理学的リハビリテーションの実際とその効果
6)形成外科的治療:外科的リハビリテーション
7)病的共同運動と顔面拘縮について
8)顔面神経麻痺の中枢性リハビリテーション

この記事をはてなブックマークに追加

豊川市民まつり おいでん祭 5月27日 28日

2017年05月11日 | ボランティア活動
みなさん こんばんは

5月27.28日 愛知県豊川市

陸上競技場&野球場にて

毎年恒例の

豊川市民まつり

おいでん祭が開催されるため

本日も準備を進めております





平成元年の第1回目より 

毎年参加している企画で

もう30年近くになります

この会場では

来場された一般の方々に対して

無料の健康相談や

お灸の体験をしていただきます

「お灸は熱いの?」
「なんで鍼やお灸が効くの?」
「今悩んでいる症状について
 病院に行ったらいいのかわからない」


など

さまざまな相談を受け

実際にお灸を体験していただきます

お灸は 昔のお灸と違って

間接的におこなう温かいものです

毎年 200人以上の方々が

当院の鍼灸ブースに

足を運んでくださいます

お灸を体験しながら

・体の不調はあるが 
 病院にかかったほうが
 いいのかわからない

・お子様の様子に疑問を持っていて
 治療したほうがいいのか迷っている

・今 病院で治療している症状に対して
 鍼灸治療は有効なのか


など 様々な相談を受けます


当院に治療にみえる

難聴などの耳鼻科疾患
仮性近視などの眼科疾患
逆子や不妊症などの婦人科疾患
潰瘍性大腸炎などの内科疾患など


整形疾患以外で患者さんが

来院することを皆さんに紹介すると

意外!と驚かれる方もいらっしゃいます


今年もたくさんの方々に

鍼灸の正しい知識と効果を

お伝えできるように準備を

進めていきます


剛鍼灸院電話











この記事をはてなブックマークに追加

日本耳鼻咽喉科学会

2017年05月11日 | 突発性難聴・メニエール病
来週の5月17日(水)~5月20日(土)は
日本耳鼻咽喉科学会です

今年は広島!

広島国際会議場と
ANAクラウンプラザホテル
で開催されます



当院は

・メニエール病
・突発性難聴
・顔面神経麻痺

など耳鼻疾患領域を専門としているため
毎年外せない学会となっています

今年注目の内容は


~~~~~~~~~~~~~~~
◆細胞機能からみた内耳性難聴の病態とその治療
◆喉頭・気管の再生医療
◆耳鼻咽喉科・頭頸部外科学研究の最前線
◆耳鼻咽喉科領域における新たな診療技術
◆「聞く力」阿川佐和子
◆めまいの診療 up to date
◆嚥下障害診療
◆音声障害診療
◆耳小骨再建術
◆音声リハビリテーション
◆「舌下免疫療法の最新知見-スギ花粉症を中心に-
◆睡眠障害から見たアレルギー疾患
◆「ダニによる通年性アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法
◆ラセン器機構の新たな解明
◆メタボリック症候群モデルマウスにおける糖化最終産物と難聴の関係
◆第4群:人工内耳
◆第12群:小児難聴
◆第23群:睡眠時無呼吸
◆第37群:臭覚・味覚
◆第45群:小児難聴2
◆第54群:顔面神経
◆第60群:めまい・平衡2
◆第63群:めまい・平衡3
~~~~~~~~~~~~~~~

と目白押しです!
朝ごはんも昼ごはんも食事しながらの講義で
一日中カンヅメが4日間

集中力が途切れないように
頑張ってきます!




メニエール病の剛鍼灸院電話







◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

メニエール病・突発性難聴
顔面神経麻痺専門

剛鍼灸治療院
豊川市萩山町1-5
Tel:0533-84-5963
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




この記事をはてなブックマークに追加

ブログクリック

人気ブログランキング にほんブログ村 犬ブログ パグへ