フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

リバーシブル腕時計の修理

2016-08-21 00:10:00 | 腕時計

リバーシブル腕時計、イタリア・オリビアンコの修理

 イタリアのブランド、オリビアンコのリバーシブル腕時計の修理を依頼されました。リュウズが空回りしていて、動きません。

 

 表面のデザイン、スモールセコンドタイプです。日付はありません。

 

 オレンジ色の裏面、テンプが見える箇所にカンマ形の孔が開いています。テンプは何かに引っかかっているようで、振るとわずかに動きますが正常な往復運動ではありません。

 

 裏面のベゼルを外して、ムーブメントの具合を調べます。

 

 テンプの引っかかりは、ガンギ車などを触っても動かないので、一度外して着けなおしたらスムースに振れました。香箱の歯車をピンセットで押すと、テンプが動き出しました。
 リュウズを押し込んだ位置で空回りするので自動巻きかと思ったのですが、開けて見たらローターがありません。ゼンマイの手巻きでした。
 香箱を押さえるネジを回しても巻き上がりません。受板を外してみたらネジが折れていました。

 香箱のゼンマイに直結しているパイプと、それを押さえるネジが両方とも折れていました。ゼンマイが巻き上がっているのに無理してさらにリュウズを巻いたので、細い径のネジが折れてしまったようです。ネジだけでなく香箱の芯まで折れてしまっているので、さて、どうしますか。

 

 方針を検討して、またご報告いたします。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~      ~~~~~~~~~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 腕時計の手巻きジャンク蒐集 | トップ | スイスMADE、スモールセコンド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

腕時計」カテゴリの最新記事