フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

クロノメーター・スモールセコンド

2017-12-14 01:19:01 | 腕時計

SWISS MADE BENAR クロノメーター・スモールセコンド

SWISS MADE のクロノメーターです。

 メタルベルトの手巻き、クロノメーターです。文字盤が黄色く変色しています。プラ風防は、もちろん傷はありますが、比較的きれいです。ベゼルやケースには腐蝕が見られますが、まあまあの状態です。

 ゼンマイが巻けません。巻きの受板を外して香箱に載っている歯車を取り出します。香箱の軸から外れていました。オイルの汚れも酷いので、ベンジンで洗浄しました。他は面倒なので、洗浄はここだけにします。

 ゼンマイ周りの丸穴車と角穴車は受板で留められていて、軸の箇所に石が付いています。ゼンマイは巻けるようになったのですが、テンプが上手く振れません。よく見ると、ヒゲゼンマイが緩急針から外れていました。巻上げヒゲタイプなので、外れやすいです。先の曲がったピンで、ヒゲゼンマイを曲げたりしないよう慎重に、緩急針の間に押し込みます。

 上手く動き出しました。時間は少し進み気味だったので、緩急針で調整しました。
 テンプ周り、ガンギ車とアンクルの接点にもオイルを差しておきました。

 さすがクロノメーター、60年以上たっているのに非常に正確です。

追伸-

 文字盤が黄色く変色しているようなので、ベゼルを外してクリーニングすることにしました。

 ベゼルがきつくはまっていて、開けた時に文字盤の11時と12時の間、斜めに傷つけてしまいました。参ったなぁ・・・
 文字盤が変色していると思っていたのですが、ベゼルを外すと実はプラ風防が黄色く変色していました。在庫の中から同じ径の風防を探し出してきて、取り替えます。

 傷はアクリル系の塗料で修復します。

 黄色と白を混ぜてクリーム色を出そうとしたのですが、黄色が強過ぎて文字盤の色が上手く出ません。

 でも細い線状の傷なので塗る箇所も細くて、ほとんど目立たなくなりました。

 風防も透明でキレイになって、これでOKでしょう。

 

 

~~~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古いエルジン(ELGIN)の修理 | トップ | 古いデジカメ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

腕時計」カテゴリの最新記事