フォト&クラフト工房Gorou's (写真、カメラ、万年筆、腕時計、etc.)

写真、特に沖縄の・・・ カメラ、万年筆、腕時計など蒐集、修理復活などなど・・・写真と物の世界に嵌っています。

ワニ革のCYMA(シーマ)SWISS MADE腕時計

2018-04-27 00:01:17 | 腕時計

ワニ本革の腕時計CYMA

 裏がボロボロのワニ革の手巻きのCYMAです。

 リュウズからの水の浸透で、3時付近の文字盤に汚れがあります。

 リュウズもオリジナルが付いてます。

 

 ワニの本革ベルトが気に入ってます。古いものなので革が硬くなっています。

 ベルト穴の箇所、裏側が擦り切れてボロボロでした。こげ茶の軟らかい牛革を貼りつけて、ハンドドリルドで穴を開けました。表から見れば、破損個所は全くわかりません。
 表の皮が破損していなければ、見栄えよく修復できます。古いものは硬くなっているので、オイルを塗って軟らかくすれば、復活です。私は、革のグローブなどに使う、スポーツオイルを塗っているのですが、友人のYMさんから「馬(マー)油がイイよ」と教えていただきました。私も使ってみようと思います。

 本革ベルトは腕に着けていると特に夏場は汗をかいて、ベルト穴の箇所がヨレヨレになって来ます。革ベルトは、結局消耗品です。でも、表がキレイなものは裏打ちすることで、長く使うことができます。

 

~~~~~~~~~~    ~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ロレックスタイプ文字盤チッ... | トップ | ロレックスタイプ自動巻き、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

腕時計」カテゴリの最新記事