映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ

もと映画少女の”猫”のお喋りです♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピーナッツ

2006年02月08日 | 映画感想(日本)
私はほとんどTVを観ない・・
だから 内村光良さん・・と聞いても
ウッチャン ナンチャン の 顔のいいほう・・・・(ナンチャン ごめん!)
というイメージしか 持っていなかったし
彼の軍団? も全く知らなかった・・
ゆえに 観ようか どうしようか 迷っていた作品だった。
他から 同じ 伏見ミリオン座で レイト上映をしている 『 ブレイキング・ニュース 』 が 面白かった オススメです・・
と聞き
どちらかというと 『 ブレイキング・ニュース 』 のついでに観に行った・・というのが本当のとこでした。


楽しかったです・・
面白かった・・というより いい作品だったなぁ~ 観てよかったなぁ~ と思いました。
職場付近でも・・いえ 日本全国 そんな感じになってきていると思うんですが
うらさびれている商店街が 多いです。
地元だけでなく
旅行で温泉地に行ったときなどにも それを感じます。
たぶん映画と同様 
「再開発」という名の 大資本優遇?
     どんどん大きなショッピングセンターばかり 作られていきます。
ほとんどが車でいかないと 利用しにくいものです。
足の悪い方・・ ちょっと出たついでに 話をして 物が買え 
ちょっと怖いおじさんや
きさくなおばさんのいる・・という 
昔ながらの「商店」は 消えつつあります・・・
      でも その問題は ひとまず 置いといて

この映画は だから 再開発なんて ヤだよ・・
みんな もっと問題意識をもちなさい っていうものではなく
      あくまでも 「 野球 」 のお話 です。

この映画を観て
私は 自分が 「もしかして野球が好き」 なのかも?? と思いました。
だって よく考えると
『 ラブ・オブ・ザ・ゲーム 』 も 『 ミスター・ルーキー 』 も
HPで オススメマークつけてるもん・・(笑)
確かに 小学校の頃は
地元 中日のファンで
そのころセンターを守っていた 流し打ちの「中」 選手の大ファンでした・・

はい・・・それでは 感想です。 
とにかくテンポがいいし
出演者の 絶妙な演技 ちょこっと笑いが満載!
これは脚本の勝利なんでしょうね・・
草野球チームメンバーの いろんなエピソードがたくさん盛り込まれていますが
それが上手に おさまっています。
そして 大げさなことなど ほとんどしないのに うるうる・・・って
きちゃうんです。
とても人間味あふれる 商店(町)のおじさんばかりで
なんとなく 納得できちゃうような 平凡な話がほとんど。
映像的には
CGまるわかりの 背景(景色)なので 決して 美しくはないんですが(笑)
そんなこと 許せちゃう・・・ いえ 逆に
「手作りのよさ」 みたいなものを感じました。
    ・・・ そう・・ちょうど ふかわりょうのお父さんが
        自分の楽しみで 「愛の挨拶」 や 「威風堂々」を奏でるように・・・

ウッチャンの恋愛部分は ちょっと余分かな? とも思うけれど
(だって 彼女が 若すぎません??笑)
その部分も 彼の 原動力になっているでしょうから ヨシとしましょう。

私も 春になったら 誰かと キャッチボールしたいなぁ~♪


     2006.02.05  「ピーナッツ」  伏見ミリオン座にて鑑賞  ★★★★
                 (猫が商店街出身なので ☆ひとつオマケ♪)

コメント (3)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
« 男か女か? | トップ | ミュンヘン »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
次はフィルムで! (たまやん)
2006-02-08 23:49:51
ウッチャンは今村昌平の映画学校出身で、もともと映画監督を

目標に芸能活動してきた人なので、フィルムで撮りたかったんだけど、

予算の関係でビデオ撮りになってしまったので、

映画の画としてはあまりキレイではなかったですねえ。

(回想場面なんて特に)



東京でも結構当たったみたいだし、これだけ儲かるのなら

フィルムで撮ればよかったのに~!



ヒロインの桜井幸子さんとは9歳違いだそうです。

うーん、見た目は確かにそれ以上ありますよね。
CGは… (kiki)
2006-07-03 22:35:09
私もこの映画を観て、感激した一人です。

大げさなことはなにひとつやってないのに

じんわりほろほろと泣けてしまうんですよね。

非常に爽やかに観終わった映画でした。

ところで、CGはこだわりで野球シーン含め

使ってないそうですよ。
中日はなんとか 今は首位! (猫)
2006-07-04 13:20:03
ドラゴンズファンでない方・・ ごめんなさい(笑)



>kikiさん

はじめまして。 コメントありがとうございます。

私はCGがあまり好きじゃないので

使ってない と聞いて とても嬉しく思いました。

だからこそ 余計に あったかな感じが出たのかもしれませんね。

WOWOWで放映されたら ダビングして

お笑い かつ 中日ファンの子供達にも 

見せてあげたいと 思っています。



>たまやんさん

ありゃ・・ レスしてなかったんですね・・

今気が付きました。 もーど スミマセン。

ウッチャンには 気力とお金を貯めて

また いい映画を 今度はフィルムで!

撮ってもらいたいですね♪

コメントを投稿

映画感想(日本)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

9 トラックバック

『ピーナッツ』 (ラムの大通り)
※結末に触れる部分もあります。ご覧になってから読まれることをおススメします。 ----なんだか観る前から分かってしまいそうな映画だね。 ウッチャン(内村光良)の初監督作品なんだって? 「そうだね。 多くの人が思っている、まさにそのままの映画だと思うよ。 かつては
ウッチャン初監督作品『ピーナッツ』 (今日はどこへ行きましょうか)
ウッチャン初監督作品 ってなわけで、行って来ました。 『ピーナッツ』舞台挨拶付試写会 ちょっと遠かったので、残業もせず、高速を使って猛ダッシュ その甲斐あって開演時間には余裕で間に合ったのですが、さすがにウッチャンが来るとだけあって、既に満員 「...
ピーナッツ (Saturday In The Park)
日本  監督:内村光良 出演:内村光良     三村マサカズ     大竹一樹     ゴルゴ松本 スランプ中のスポーツライターが青春時代の仲間たちと共にグダグダ草野球チー ムの復活と地元商店街の大手企業による再開発による危機を救おうと奮闘する中 で自ら
ピーナッツ (映画君の毎日)
自分ぐらいの年齢だと、 スポ根といえばやはり野球。 サッカーも良いけどやっぱり野球の熱血が観たい。 という訳で、雨で寒い中「ピーナッツ」を鑑賞。 商店街の再開発で商店街の存続を賭けて試合。 もう誰もが想像できる通りのストーリー。 ベタでスタン
ピーナッツ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
簡単に感想を言うならば、「ウッチャン、お見事!」。その一言に尽きます。期待以上の仕上がりでした。 東京から「ヴェスパ」に乗って8時間かかる場所にあり、再開発の計画に揺れている「富士沢」の商店街。地元の仲間が結成する草野球チーム「ピーナッツ」は、かつて、地
「ピーナッツ」 (ANQ Ritzberry Fields)
映画監督になりたいと上京してきたウッチャンの悲願の初監督作品。役者本人のイメージを大事にした適材適所のキャスティング。芝居は素人のお笑い芸人ばかり集めた仲良し企画映画などと思うなかれ…。「内P」ファンは勿論の事、野球ファンなら十分に楽しめる作品だと断言し.
ピーナッツ (いつか深夜特急に乗って)
「ピーナッツ」★★★ (DVD)2005年日本 監督:内村光
映画『ピーナッツ』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
たかが草野球、腐っても草野球、されど草野球、というわけで監督志望、映画学校出身の内村光良が満を持しての劇場用映画に挑戦、監督と主演に脚本にも 東京でスポーツライターとして活躍していた秋吉光一(内村光良)が故郷の甲州は富士沢キラキラ通り商店街へと...
ピーナッツ (シネマ通知表)
2005年製作の日本映画 ウッチャンナンチャンの内村光良が監督・脚本・主演、人気お笑い芸人のさまぁ~ずやTIMら“内村ファミリー”が出演するドラマ。“伝説のサード”と呼ばれたスポーツライターが、草野球チーム「ピーナッツ」に復帰し地元商店街の危機に立ち向かう。 ...