五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆ 今月のドリフ

2015年12月05日 | ◆[不定期] ヤングキング・アワーズ

ヤングキングアワーズ 2016年1月号より

 今月の『蒼き鋼のアルペジオ』感想はこちら
 今月の『僕らはみんな河合荘』感想はこちら
 今月の『ナポレオン -覇道進撃-』感想はこちら
 
 
 
 

以下、ネタばれあります。 (未読の方はご注意ください)

 
 
 
 
 

●ドリフターズ (平野耕太 先生)

 

 空母・飛龍にて・・・

 邂逅を果たした山口多聞少将と、菅野直大尉。
 とうぜん話題は、艦載機、そして爆装や燃料のことに及びますが、
 まともな機は1つもなく、かつ物資の備蓄もわずか・・・

 ではあるものの、多聞さんは「この世界」では、それでも充分な兵器として
 使用できることを述べており、大きな期待を抱かせてくれますね~。

 いつか、飛龍の艦載機で、菅野直大尉が、空を飛び、山口多聞少将指揮のもと、
 縦横無尽の活躍を見せつけてくれるのではないか? といった風に。

 

 

 

 それと、もう1人・・・

 多聞さんから「ローマ歌劇に出て来そうな御仁」といわれるスキピオさんに笑!
 しかし菅野さんとは違って、さすが多聞さん、「スキピオ」の名前を聞いて
 驚いております。

 菅野さんなどは、ローマなら「カエサルつれてこいよ」とか言ってて、
 失礼きわまりないのだけど、愉快すぎ!(´▽`;)
 スッラとかティベリウスとかは、天寿を全うしているので、来れないか~。

 そして、「のらくろ」には大笑いでした゜(*゜´∀`゜)゜
 そりゃそうだ、菅野さんドンピシャ世代じゃないですか!
 こーゆーの、面白すぎですわ。

 

 

 

 スキピオと山口多聞の邂逅が、もたらすものは・・・?

 それはともかく、スキピオさん、(話の通じる)多聞さんに出逢ったことで、
 2000年未来の兵器を、自分が目にしていることを知ります。

 そこで、この2000年ほどの歴史、とくに軍事に関する話を聞きたがり、
 「勉強は得意なのだ」と言っていたのには、思わずニヤリとしちゃいましたよ!

 以前も語りましたけど、私はハンニバルを「天才タイプ」、彼を模倣・研究し
 後を追ったスキピオを「秀才タイプ」とイメージしていたので、
 まさにイメージ通りのスキピオ像に、膝を叩いてしまいました。

 これで、スキピオに大戦時までの軍事知識が加わるとなれば、鬼に金棒状態。
 超1級の軍事的才能が、本領発揮できる下地が出来上がるわけで、心強いこと、
 この上なくなりますよね・・・ わくわくするな~。

 こうした時代を超えた人物の邂逅には、やはり胸が躍らざるを得ませんし、
 そこから生まれる“化学反応”には、大いに期待しちゃいますよね!
 本作の魅力の1つだと感じます。

 

 

 

 そして物語は、豊久陣営へ・・・

 ここで信長さんが語っていた、島津豊久という人間のこと。
 彼を形作った核となる薩摩島津人についての話は、壮絶ながらも物悲しい、
 でも納得感のある内容でありました。 それゆえに豊久は「放っておけない」と。

 ただ、豊久同様「放っておけない」タイプとして、劉邦が例にあがってましたけど、
 劉邦さんはですね~、割とリーダーシップのある切れ者な一面をもった
 油断ならないタイプだと思っているんですよね~、なんて語りたくなったり(^^;

 最近やってた中国ドラマでも、そうした感じで描かれていましたからね。
 というのは余談ですが、信長さんが自分を「張良」に例えていたのは、笑いました!
 いや、立場的にはそうなりますかね、すると蕭何はサンジェルミ伯? もしくは陳平?

 
 閑話休題。
 それはともかく、次々と西から敗残兵がやって来るのは、信長さんの想定の内。
 しかし、そこで人間は人間で、エルフやドワーフはそれとは別に、再編成をおこなう
 という話は、なかなか興味深かった。

 「みんな仲良く世界を救おう」なんてことは、「できぬ」と考えている豊久さんや、
 他の面々は、さすがといった所でしょうか。

 大きな脅威を前にしたからといって、昔日の恨みを忘れられるということはない。
 というのは、ある意味、人間を含めた知的生命体にとって絶望ともいえる断絶ですが、
 それは現実的でもあります。

 軍事は、嫌なくらいに現実的なもの。
 それをわきまえる武士たちの会話に、ゾクッと来るものがありましたよ。

 などなど、多聞さんとスキピオさんの邂逅から、豊久陣営のお話まで、
 色々あったものの、この間にも黒王軍は迫りつつあるわけで、はたしてどうなるのか?
 不安をはらみつつも、今後も楽しみです!
 

◆ ヤングキングアワーズ 感想
 

コメント   この記事についてブログを書く
« ◆ 今月のナポレオン | トップ | ◆ ヤングキングアワーズ 感想 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆[不定期] ヤングキング・アワーズ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事