五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆ まんがタイムスペシャル 感想

2017年03月24日 | ◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル

2017年5月号

 

 今月の『恋愛ラボ』感想はこちら
 表紙は、猫かわいがりマキ!
 彼女に抱かれて眠っている猫の可愛さも、たまりませんね。
 他、倉木先輩も猫を抱え、裕貴くんは猫とざわ子さんが一緒です。

 

 

 今月の「背筋が凍ったで賞」は、『アテナの初恋』

 

 今回、ミントにまつわる恋話・・・と思いきや?

 みんながハーブティーを嗜む中、ミントティーを好むアテナ様。
 そこへ、ミントティーが好きな男性が現れて、またまた恋の予感。

 といった感じで、いつも通りに浮かれながらも愉快なオチがついて・・・
 なんて考えていたら、今回はぞっとするようなラストになっていたのが、
 恐ろしくも引き込まれる内容になっていましたね。

 ギリシャ神話におけるミント(メンテー)の逸話も、怖い話だったり、
 逆にペルセポネ様がメンテーを助けたという話だったり、解釈は様々。
 ここでは前者の話とのつながりで、まさに背筋が凍る思いでした。

 神の気まぐれは恐ろしい・・・
 そんなことを感じつつも、いつもと違った雰囲気が印象的でありました。

 

 

【4月7日、コミックス1巻・発売!】

●ざしきわらしと僕 (西岡さち 先生)

  

 ざしきわらしと、彼女が見える少年のお話。

 祖母の家で暮らすことになった裕貴くん。
 そこには彼にしか見えない座敷童子のざわ子さんがいて、彼女との交流を皮切りに、
 やがて多くの人々や妖怪たちと仲良くなってゆく生活が描かれる4コマ作品です。

 今回は、クリスマスパーティーをする裕貴くんたち。
 和室にツリーで「和洋折衷」とか言っちゃうざわ子さんが面白い。

 みんなで集まって、ホールケーキならぬホットケーキを食べるのも変わってますが、
 なぜなら、ホールケーキによる心理戦勃発が存在するため、というのは笑(´▽`;)

 さらに、サンタ談義から、プレゼント交換と、クリスマスらしい光景が繰り広げられ、
 そんな様子が微笑ましかったり。

 プレゼント交換では、理緒さんが裕貴くんを意識しまくった男子向けマフラーを用意。
 それが誰の手に渡っても、からかわれそうと気にしていましたけど、巡り巡って
 結果オーライになっていたのはよかった。

 などなど、にぎやかなクリスマス会でありました。
 それぞれのプレゼントも面白かったですが、「祭りの後」の空気感にも趣を感じつつ、
 今後も楽しみです!

 

 

【ゲスト作品】

●ご指名は劇場で! (町田すみ 先生)

  

 夜の蝶は役者志望!?

 【主な登場人物】
 ・こんどうみそら : 声が小さい役者志望。
 ・蘭香      : 水商売のお姉さん。 意外と面倒見がよい。
 ・黒部      : 黒服。 みそらさんに興味を持つ。

 札幌・芒野繁華街で、水商売をしている蘭香さんがからまれていますが、
 タチの悪い客がいるのかと思いきや、そこには小柄な女性が・・・

 小柄な女性・みそらさんは声が小さく、そばにいないと聞き取れないほど。
 話を聞くと、お店で働きたいのだとか。

 みそらさんは役者志望で、蘭香さんのお客を送り出す姿に「役者」を感じたため、
 ここで働けば演技力をつけられると考えているようで(^^;

 そんな役者志望で声の小さい小柄なみそらさんが、夜の蝶として働けるのか?
 と気になる内容でしたけど、文句を言いながらも世話を焼く蘭香さんの存在が安心感。

 お店の黒服・黒部くんも、みそらさんを逸材とか言ってましたし、
 ここからどのような話が繰り広げられるのか気になりますので、つづきに期待したい!

 

 

●市長さまっ! (土肥けんすけ 先生)

  

 とんでもない市長が現れた!?

 【主な登場人物】
 ・吉祥文 : 市長。 私欲と野心にまみれてる。
 ・荻窪  : 秘書。 市長に振り回されまくる常識人。
 ・中野  : 秘書。 市長が好きで、市長に尽くす。

 市長当選の挨拶で、「私がこの市を支配するっ!」とか言っちゃう吉祥市長。
 そんな感じで、賄賂をもらいたがったり、お金に執着したりと、
 とんでもない市長っぷりが面白おかしな4コマ作品です。

 小学生の市長訪問でも、「表向きは」清く正しくふるまうべきと言い出したり、
 子供に便宜を図ろうとするなど、かなり危ない発言が多くて愉快でしたね(^^;

 そんな私利私欲にまみれた市長のキャラクターが、かなり面白かったですし、
 彼女に振り回される秘書の荻窪さんと、市長に忠実な中野さんが両脇を固めているのも
 バランスがとれてますし、もっと読んでみたい所。 なので、つづきに期待です!

 

 

【その他】

●ごにんばやし (水瀬るるう 先生)

 今回、タイトル回収!

 ついに、棚上げにし続けてきたバンド名が決まる!?
 5人で集まって話し合いをしていますけど、なかなか決まらず・・・
 それぞれ出すアイデアは良いものだけに、決めかねるといった雰囲気。

 そして、亜子さんが咄嗟の思い付きで出した「わらびもち」から、
 和風方向へイメージが固まり、そこからトントン拍子にバンド名が決まるまで
 なめらかな流れだったのは気持ちよかったですね。 ようやくタイトル回収です。

 

●ローカル女子の遠吠え (瀬戸口みづき 先生) 

 同じ静岡県でも、地域によって精神が違う!?

 浜松は「やらまいか精神」、静岡は「しょんない精神」と、それぞれ地域ごとに
 人々の気質に違いがあるという話は、興味深かったですね。 両極端だし(^^;
 しかし、徳川家康がからむと、岡崎や東京を含めた争いが勃発していて笑!

 それにしても、五樹くんといい、「やらまいか精神」で成功者が多いというのは
 何となく納得してしまう話でしたね・・・ 当の五樹くんは能天気でしたけど。
 また、東部と伊豆の精神も、それぞれ愉快でした(´▽`;)

 

●課長と私のおかず道 (梨尾 先生)

 今回、2本立て! 1本目は、いつも通りに課長と保志さんのおかず道。

 炊飯器を買おうと下見に来た保志さんが、課長さんと遭遇。
 やたらと炊き具合に詳しい課長さんが愉快で、保志さんも参考になってます。

 そこで、話は美味しいご飯からおかずに至り、角煮の余りをどうすべきかと
 課長さんが悩んでいると、保志さんがアイデアを出して、美味しそうな料理の
 イメージが出来上がっていたのは、好感触でありました。

 
 2本目は、1本目で話題に出ていた豚の角煮を作る課長さん。

 豚バラ肉をぶつ切りにする所から始まり、フライパンで肉に焼き色を付ける・・・
 なんて過程が、食欲をそそる手際の良さで、見ているだけでお腹がすきそうでしたよ。

 肉が柔らかくなるまで煮るとか聞いてるだけで、想像しちゃいますものね。
 そして、出来上がった料理を食べる課長さんの満足そうな様子に満たされます。
 保志さんのことを考えているのには、ニヤリとしましたけど!

 

●難関女子の恋愛参考書 (井冬良 先生) 

 モテるためには、体を鍛えねば!

 ということで、筋トレ始める男子ども(´▽`;) マコトくんは乗り気でなかったものの、
 オトメさんのことを考えて、一気にやる気になっていたのが愉快でした。

 そんなこんなでしたけど、付け焼刃の特訓では、逆上がりもできない所がご愛敬。
 さらには、男子の沽券にかかわる出来事まであって、苦笑しつつも面白かったです。

 そして何やら、「まんがタイムファミリー」6月号にオトメさんたちの話が掲載される
 とのことで、こちらにも注目ですね!

 

●まちがいだらけの恋愛道場 (たうみまゆ 先生) 

 マサスケくんの恋!

 って、いつものことですが、今回は同じ職場の新人・相原さなさんという
 美人さんに惚れてしまったようで、そのことを2人に相談しています。
 しかし、趣味のことを尋ねても、彼女が無趣味と答えるのは、ウソくさいと一刀両断。

 まあ、「自称・無趣味」はプライベートについて教える気がないというのは納得です。
 それにしても、芝さんのオタク語を理解できないマサスケくんは可笑しかった!
 私も、イマイチわかるか怪しい部分がありつつ、ラストの「最強のクソ腐女子」には
 大笑いでしたよ゚(*゚´∀`゚)゚

 

●メェ~探偵フワロ (ナントカ 先生)

 突如、小さな女の子を預かることになったフワロさん。

 リズという名の幼女は、おとなしめで手がかからないものの、
 あまりに反応が薄くて、相手をするフワロさんも苦戦する様子が微笑ましい。
 けれど、やがて寂しくなったのか、母を恋しがって泣き出してしまい・・・

 なんてお話でしたけど、帰ってきたアーサーさんがあやそうとしても逆効果(^^;
 でも、そこはさすがレモンさん、見事に泣き止ませ、なだめていたのがよかった。
 そして最後に、気疲れしたフワロさんを癒したものが、素敵でしたね~。
 なんだか、あったかいお話になっていました。

  

  

【新人賞@まんがタイムスペシャル】

・こころん💛 (右仙言人 先生)

 

 個性的な幼稚園児のお話。

 【主な登場人物】
 ・心ちゃん : 幼稚園児。 やたらとしっかり者だが、行動がズレてる。
 ・愛ちゃん : 心ちゃんの友人。
 ・和ちゃん : 心ちゃんの友人。

 三葉幼稚園に通う心ちゃん。
 洗濯物が良く乾きそうな天気だからと幼稚園で干そうとしたり、
 年金の心配をしたり、しっかりしているものの、どこかズレています。

 そんな心ちゃんの姿が、面白おかしく描かれる4コマ作品。
 友人の愛ちゃんと和ちゃんが、良いツッコミ役になっているのも良い。
 そのキャラクターの面白味を堪能してみたいので、つづき期待です!

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ◆ 今月の恋愛ラボ | トップ | 【雑記】3月27日つれづれ・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事