五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆ まんがホーム 感想➁

2015年11月09日 | ◆4コマ誌① まんがホーム

2015年12月号 のつづきです。

 ①は、『坂の上の職人工房 nest』 『いぬにほん印刷製版部』
    『けいさつのおにーさん』 『となりの宇宙人』 『凸凹ガールズ』
です。
 
 

●らいか・デイズ (むんこ 先生)

 秋めいてきた時期。

 らいかさん、朝食が豪華すぎて驚いていますが、竹田くん家も素敵な朝食・・・
 と思いきや、母上は仕事が忙しくて、一気にほおばっていたのはもったいない(^^;

 学校では、まなみさんが宿題を教えてもらいたがっていますが、頼み方がヒドくて笑!
 他にも、悠美さんの「マフラー1本編み」教室やら、小西くんとまなみさんの掃除機やら、
 愉快なこと盛りだくさんでありました! 人力掃除機の方が、スカートの中見えそ(ォィ

 そして、竹田くんの揚げパンづくりでシメでしたけど、秋の深まりとともに
 様々な人々の色々なことがあって、楽しかったですね~今回。

 

●ゆーこさんと魔法のマント (橘紫夕 先生) 

 イリヤさん、マントを取り戻すべく、バイト開始!?

 イリヤさんが「ジャパニーズ・ロリータファッション」に見とれていた所、
 ミモリさんに見つかってしまい、何だかんだと彼女の家へ行くことに・・・

 日本の家に興奮しているイリヤさんですが、忍者屋敷をイメージしていたようで、
 床や天井からヤリが出てこないことを、残念がっているのが可笑しい(^^;
 そして、神社で巫女さんになってしまうイリヤさん、可愛らしかった~。

 しかし、当初の目的を忘れて、日本オタク文化に耽溺しそうなあたり、
 なかなか楽しい感じでしたね~。

 

●孔明のヨメ。 (杜康潤 先生)

 社日以降、孔明さんは忙しくなっているようですが、徐兄さんは・・・?

 絶賛就職活動中ということで、士官先を探しています。
 しかし、ほぼ門前払いをくらっていて、疲れもたまってきている様子。

 徐庶(字:元直)は、若い頃に友人から敵討ちの助太刀を頼まれ、
 その結果、役人に捕まったこともあるわけで、そのあたりが負い目なのですね。

 徐母さんは、そんな息子に学問させたことについて、月英さんに語っていましたけど、
 その言葉からは、息子への愛だけでなく、誇らしさを伴った気持ちを感じちゃいました。

 それを陰から聞いていた徐兄さんは、負い目だけでなく、これまで培ってきたものを
 無駄にしたくない考えも持っていて、そこから先へ進む道しるべを見つけていたのが、
 よかったですね~・・・ 一方、劉備さんの方も、ニーズが合う状況でしたし(^^;
 これは、早くも徐兄さんの仕官、来ちゃうんでしょうか?
 となると、三顧の礼も近い??

 

●ようこそ!オーロラ百貨店 (師走冬子 先生)

 コミックス2巻は、12月7日発売! そんな今回、寒い季節に防寒具。

 えにさん、ユーモアは人の心をあたたかくすると言っていますが、
 むしろジョークで寒さをもたらすタイプの人もいるわけで、存在自体が絶対零度とか
 言われちゃう社長さんが、ややフビン(´▽`;) でも仕方ない(ォィ

 ということで、あたたかくする物ならデパートにいっぱい。
 コート、ブーツ、帽子と、いつもの面々がおススメ商品を愉快に紹介しています。
 さらに、鍋フェアの試食や、カゼ薬、寝具など、冬を感じさせるあれこれが楽しかった。
 まあ最後に、風邪気味らしい新城さんに、格別のユーモアが炸裂していたのは、笑!

 

●天国のススメ! (宮成樂 先生) 

 打出の小槌で大きくなったのは・・・?

 柘榴さんの所から拝借してきたという打出の小槌。
 太一くんが「大きくなれるかも」と聞いて、頭の中で白黒対決してましたけど、
 黒が勝ってしまうほど、大きくなりたいんですねえ(^^;

 そこで使ってみたは良いものの、なぜか大きくなったのは妹の麦ちゃんで、
 あらまあ、美少女になっていたのが、面白かった!
 けれど、元に戻すべく、柘榴さんに話を聞きに行くことになりますが・・・

 麦さんが自分よりも大きくなったことにショックを受ける太一くんに笑いましたが、
 それでも麦さんは、様々なトラブルを頑張って解決してゆく兄の姿に、
 何かを感じていたのが微笑ましかったですね。 最後の太一くんのセリフも兄らしい!

 

●のちの真田幸村である (真田寿庵 先生)

 兄になったというので、しっかりしなければと決意する弁丸くん。

 ですが、何をすれば「しっかり」かをかわからず、しっかり者に話を聞きに行きます。
 はじめ兄上の所へ行ったとき、信之さんはしっかり者だよな~と思っていたら、
 兄上には誰がしっかり者かを聞きに行っただけだったので、笑ってしまいました(^^;

 そこで、兄上が推薦する喜平さんに話を聞くため向かいますが、
 喜平さんは鎧兜の整理をしていて、2人の興味がそちらに向かっていたのは、楽しい。

 けれど、鎧兜を整理していたのは、戦が近いためで、そのことを理解していない
 子供2人の様子が、微笑ましくも、どことなく切なく感じてしまったりも・・・
 そして、喜平さんの語る「しっかり」が、とても良い内容だったのは、素敵でした。

 

●まんがの装丁屋さん (小石川ふに 先生) 

 いきなり頭を下げて現れた編集さん・・・

 当然、良い話のわけはなく、デザインの大幅修正という話に。
 「伝えるのが心苦しい」と述べつつ、別の人にデザインをお願いしようかとまで
 言ってくるのは、余程のこと。

 聞いてみれば、営業部のトップが交代したとかで、その人の方針が問題の様子。
 まあ「革命起こす」とか言っちゃう人は、真っ当であること、少ないですよね。
 経験則も大事ですけど、それだけに囚われるのも、感心しません。

 とはいえ、要望とあれば、方針が合わずとも、やらねばならぬのが、お仕事。
 ヒドイ修正内容であっても、請ける律さん、立派でありました!
 ここでヒナさんの語るデザインのあれこれは、興味深い話でしたね~。

 

●マチ姉さんの妄想アワー (安堂友子 先生) 

 今回、クニ姉さん登場! ・・・ですが、世紀末スタイルが可笑しい(^^;

 【続・カチカチ未来】新たにやって来た、さらに未来の改訂版の2人。
 いかにもといった感じの美形になっていて、確かに近年の絵柄って、こうなりますよね。
 しかし、絵柄だけでなく、ストーリーまで18禁アレンジって、いいのか!?

 【年360日くらいはこんな】織姫と彦星さんに突如、会ってよいと許可が出ます。
 が、互いに七夕以外の日は、油断しまくりの姿をしていて、大笑゜(*゜´∀`゜)゜
 でも、わかるわかるといった感じでしたよ・・・ 休みの日ってあんなのですよね(ぇ

 他、耳なし芳一さんが、念珍さん別バージョンに見えて仕方なかったりでしたけど(ォィ
 色々と楽しかったです! クニ姉さんの乙女心にも笑!

 

コメント