五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

◆ まんがライフ 感想①

2015年01月21日 | ◆4コマ誌⑤ まんがライフ

2015年3月号

 

 表紙は、バレンタインなミカちゃん!
 いっぱいのチョコに囲まれて、さくらもタローもご満悦。
 他、コミックス発売作品やゲスト作品も・・・

 そして、今月号より目次4コマとなります
 山本さほ先生『ひまつぶし4コマ』も!
 
 

 今月の「いい絵で賞」は、『わくわくワーキング』より、みお&中野!

 

 バレンタインも近いというので、チョコをたくさんもらって帰って来た高沢くん。
 しかも、手作りの物があるというので、嬉しそうにしています。

 そんな彼を見て、手作りに挑戦する気になったみおさんでしたが、
 彼女の腕では、湯センにも苦戦している様子で・・・
 という感じでしたけど、そこへ“救いの神”ともみさん&中野くんが!

 みおさんの失敗を見越した準備が、さすがの優秀さで笑!
 そして、中野くんのアドバイスで何とかなりそうでしたが・・・

 ここで、ともみさんが2人を眺めつつ、「いい絵」だと評していましたけど、
 それは2人がいい仲だからではなく、高沢くんにあげるチョコを作るみおさんと、
 彼女に片想いをしているにも関わらず、その恋路を手助けする中野くんという、
 微妙な関係に対して言っているのが、悪趣味ですわ~でも同感ですわ~(ォィ

 そんなこんなでしたけども、はっきり言ってしまうと、
 みおさんって中野くんといる時間の方が、親密に見えてしまうんですよね~。
 まあ、それでもチョコは高沢くんが本命なわけで、そんな関係も見所です。

 

 

【1月27日、コミックス1巻・発売!】
●紡木さん家の場合 (碓井尻尾 先生)

  

 母親不在の父・息子・娘、そんな一家のお話。

 紡木家は、母親が長期出張中のため、1人娘の結ちゃんをめぐり、
 父・権三郎さんと、兄・夏くんが、競い合うように溺愛しています(^^;
 そんな2人を眺めつつも、結ちゃんは平静で純粋・・・
 といった家族と、お隣の菊池さん(ツッコミ役)による日常を描く4コマ作品です。

 今回は、節分ということで、鬼役をどちらがやるかで、父兄がもめている様子。
 事態を察した菊池さん、さっそく駆けつけていて笑゜(*゜´∀`゜)゜
 2人が鬼役をやりたがる理由もヒドかったし・・・

 
 ところが、結ちゃんは豆まきに積極的ではない!?
 というあたりで、オロオロし始める父兄が可笑しい(´▽`;)

 けれど、結ちゃんが豆まきに消極的な理由が、純粋な心から出ていて納得。
 確かに、“あのお話”を知ってしまうと、鬼に情がうつるというものですし。
 そのことを知った父兄の感激っぷりも、なぜか愉快だったり・・・

 菊池さんがソフトボール経験者ということもあって、
 何だか妙な節分になってましたけど、これだけ楽しめるのであれば、
 それはそれで、素敵なことなのかもしれませんね・・・ なんてキレイにシメ。

 
 充実した節分を堪能した父兄に笑いつつも、次のイベント・バレンタインには、
 暗雲立ち込めている夏くんの姿が、フビンでありました! 【もらってたまるか】て。

 などなど、紡木家の1人娘・結ちゃんをめぐって、父親と兄が相争う
 バイオレンスな4コマ作品(間違ってはいませんから)!
 菊池さんというツッコミ役がいなければ、どうなっていたのやら・・・
 コミックス1巻は、1月27日発売ということで、ますます今後も楽しみです!
 
 
 

【コミックス1巻・発売中ゲスト!】 
●高尾の天狗と脱・ハイヒール (氷堂リョージ 先生)

  

 三十路のOLさんと、山に住む天狗の子の出逢い・・・

 「まんがくらぶ」にて連載中!
 ノリコさんは、ちょっと性格に問題ありなOLさん。
 そんな彼女が、フラれたことをきっかけに登った高尾山で、
 出会ったのは天狗の子!? そこから始まる楽しい登山ライフ4コマです。

 しかし、ノリコさんがフラれたのも、その性格が原因。
 自分は時間にルーズなくせに、他人のわずかなルーズさには厳しいとか、
 こんな人(失礼)が主役で大丈夫なのだろうか? と心配にもなりますが、
 一応「成長記録」とありますので、そうした展開に期待したい所ですかね。

 
 けれどノリコさん、「学習しない女」とか言われてるし(^^;
 そこで、山をなめていた彼女が出会う、天狗の子・聖などとの交流が、
 重要になってくる感じでしょうか。

 お調子者なノリコさんと、聖ら天狗さんとの交流が、面白おかしく描かれます。
 さらには、山の【ご利益めぐり】、名物についても興味をひかれたり、
 「山」という舞台が風流を感じさせてくれるのも、好感触ですね~。

 「まんがくらぶ」連載中の本作品、
 コミックス1巻が発売中とのことで、ますます今後も注目です!
 
 
 

【新人4コマ杯 12月期月間賞】
・ コスモス・エイト (卯月あおば 先生)

 

 8人きょうだい物語!

 父親が単身赴任で不在の家庭には、8人のきょうだいが!
 長男・透一くん(大学3年生)のもと、生活しているようですが・・・

 といった話のようですね。
 編集部コメントによりますと、透一くんの弟妹たちへの“親バカ”ぶりが
 微笑ましい内容らしいのですが、8コマだけでは、そのあたり不明瞭(^^;

 8人きょうだいそれぞれの個性も、ここだけでは見えてきませんし、
 これはぜひとも、読んでみたい作品ですね~。

 

②へつづきます。
 

コメント