五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆ まんがタイムスペシャル 感想①

2014年02月24日 | ◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル

2014年4月号

 Manga_time_sp_2014_04

 今月の『恋愛ラボ』感想はこちら

 表紙は、ピッチャー姿のリコと、応援団マキ!

 なんでこんな格好なのでしょうね(^^;

 また、3月6日にコミックス2巻が発売『どろんきゅー』の佐倉&遠藤さんも、応援してます!

 

 

 今月の「革命の足音で賞」は、『踊る!アントワネットさま』より、ロベスピエール!

 Manga_time_sp_2014_04_p022

 笑顔が爽やかな好青年で、弁護士をしているマクシミリアンさん。

 マリーさんとも仲良しで、ルソーの著作を貸してくれたりしていましたが、

 真面目で理想が高く、現実の理不尽にだいぶ悩まされている様子。

 そんな彼が、後に革命を主導する存在となり、恐怖政治を行うことになろうとは・・・

 本作品、間違いなく革命へと近づきつつありますが、その状況でマリーさんは、

 どう行動することになるのか、かなり気になるところです。

 

 

 

【3月6日、コミックス2巻・発売!】

●どろんきゅー (吉村佳 先生)

 Manga_time_sp_2014_04_p071_2 Manga_time_sp_2014_04_p077_2

 今回、2本立て!

 1本目は、遊園地へ遊びに行く佐倉さんたち。

 けれど周囲に廃墟や墓場のある遊園地には、霊がたくさん?

 佐倉さんは怖がって、アキさんは喜ぶという、いつも通りの2人が面白い。

 

 【コーヒーカップ】で霊を振り回して、高笑いするアキさんには笑いましたし、

 【ゲームセンター】では、佐倉さんのために頑張ってくれる霊が愉快だったりでしたけど、

 【ナンパ】から始まる怪奇シーンは、さすがにビビりましたよ!(((゜Д゜)))

 久方ぶりに本格的なホラーっぽさが出ていて、インパクトありました。

 

 そして2本目は、小学生時代のアキさん話。

 ワイルドさゆえ、男子よりも女子から好かれていたアキさん。

 そんな娘を心配した母上が、「女を磨くべき」と、兄姉に教育を任せますが・・・

 

 なんて感じでしたが、兄も姉もろくでもねーことばかり教えていて、役に立たない。

 姉マリさんが教える「男性心理の分類」で、結局は女性が男性を支配するカタチに

 落ち着いているのは笑った゜(*゜´∀`゜)゜ アキさん、真面目に学びなさんなや。

 それにしても、遠藤家は個性的な一家でありますが、

 まともなのが弟くん(母上も?)くらいしかいないのが、アレですねえ(^^;

 

 などなど、遊園地話とアキさん子供時代話が楽しかった今回。

 アキさん、黙っていれば美少女ですけど、まあ、カッコよい所もありますからね。

 これでいーのではないでしょうか・・・ なんて、まとめつつ、

 3月6日発売のコミックス2巻ともども、今後も楽しみです!

 

 

 

【ゲスト作品】

●おかってスタディ (大川マキナ 先生)

 Manga_time_sp_2014_04_p051 Manga_time_sp_2014_04_p053

 料理を学ぶ女子大生のお話。

 町村せりあさん、割烹着が似合ってますが、女子大生。

 清楚な雰囲気で料理を作ってますけども、その腕前は残念!

 そこで年下の“先生”から、料理を習うことに・・・?

 

 せりあさんの料理は、妹の咲さんにも不評。

 おいしいごはんを作ろうと頑張るせりあさんですが、要領が悪くて上手くできません。

 そこに、咲さんの同級生・柚島ハヅキくんがやって来て、

 料理が得意だとわかったものだから、さっそくせりあさんが彼を「先生」にすることに。

 

 なんてお話でしたけど、ハヅキくんを誘うのに、

 せりあさん「・・・・・・年上は好き?」と聞いていたのは、笑!

 ハヅキくんも町村家の設備を気に入ったようで、そこから料理教室が始まります。

 せりあさんと彼とのやりとりが楽しかったのはもちろんですが、

 作ったおにぎりの可愛らしさが、たまらなく良かったですね~。

 

 大川マキナ先生の作品ということで楽しみにしていましたが、

 やはり、そのファンシーさが魅力的でありました。

 ぜひとも、つづきに期待です!

 

 

 

【最終回!】

●ぱふぃん (にたこ 先生)

 Manga_time_sp_2014_04_p141 Manga_time_sp_2014_04_p142

 ナヨナヨ男子と中国的少女の物語も・・・ 完結!

 ジュンくんを狙っていた黒幕・リュウとの戦いも、ついに決着。

 ぱふぃんの機転によって、リュウに一泡ふかせることに成功していますが、

 データが消える苦しさを訴えていたのには、共感しちゃいましたねえ(ぇ

 

 まあ、そんなこんなで戦いは終わり・・・

 とはいかないようですけども、ジュンくんはもう狙われなくなり、一安心。

 けれど、そのためにぱふぃんは中国へ帰ることに。

 ジュンくんは一緒にいてほしかったようですけども、

 ぱふぃんはあっさり消えてしまって、なんとも寂しい。

 

 まあ、先生の言うように、一緒にいると危険だと判断したからでしょうね。

 ・・・とは思うのですけども、本当にそうなのかどうなのか、よくわからないラストでしたね(^^;

 トビラ絵では、仲睦まじい2人が描かれていますが、

 そうしたロマンスっぽさは皆無のまま、終わっちゃった感じですし。

 でも、ナヨナヨ男子のジュンくんが、男らしさを見せていたのは、大きな前進。

 そんなラストが、よかったですね~・・・ と感じつつ、楽しませていただきました!

 

 

 

●風紀のフーコ (永みはじ 先生)

 Manga_time_sp_2014_04_p147 Manga_time_sp_2014_04_p151

 風紀を守る謎の少女の物語も・・・ 最終回!

 姿を消してしまったフーコさんをよそに、肩の力を抜く生徒たち。

 新たな風紀を守るべく、他の学校へ行ったのでは? なんて憶測も流れていますが・・・

 

 そこで生徒たちが喜んでいるのは、さすがにフーコさん哀れ(´▽`;)

 まあ、堅苦しい“風紀委員”がいなくなって、羽が伸ばせるのだから仕方ないですかね。

 これもまた、風紀を守る者のさだめなのでしょうか。

 心配してくれる生徒もいましたが、「したいことを我慢しなくてよろしい」の言葉で、

 あっさり心配しなくなっていたのは笑った゜(*゜´∀`゜)゜ その程度かよ!

 

 けれど、ようやく手にれた自由に、なぜか空しさを覚えてしまう生徒たち。

 そこへ現れたのは・・・ なんてお話でしたけど、

 まあ、いつも通りな感じで終われたのは、よかった・・・のかな?

 風紀を守るという厳格さは、守らせられる側からすれば窮屈なものですが、

 それでも一定の風紀は守られた方が、すごしやすい空間になるのも確か。

 フーコさんが守ろうとしてきた風紀とは、そんなものなのかもしれませんね~。

 

 などなど、謎の“風紀委員”フーコさんの物語。

 最後、フーコさんを追って行った彼がどうなったのか気になりますけど、これでシメ!

 私はけっこう好き作品だったので、終るのは残念ですが、楽しませていただきましたー!

 

 

②へつづきます。

 

コメント