五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆ まんがくらぶオリジナル 感想②

2010年10月22日 | ◆4コマ誌⑥ まんがくらぶオリジナル

2010年12月号 のつづきです。

 ①は、『こうかふこうか』 『ももかすいっち』の感想です。

 次号より、『アバタもミロクさん』連載開始!

 でも、いろいろと最終回になるようで・・・悲し(T_T)

 

●うちの姉様 (野広実由 先生)

 イチョウで秋を感じる東大グループ。 姉様の銀杏講座で、銀杏食べたくなってしまった・・・

 でも手間がかかりそうだし、荒澤教授を見ていると、私も「ガリ」の方に行きたいかも(^◇^;)

 「ガリ」が楽しそうだな~。 しかし、堅葉見くんの新たな“妄想”が・・・可愛いじゃないか(ぇ

 

●リコーダーとランドセル (東屋めめ 先生)

 教育実習の川内先生、“肉食”すぎ! 子供は範疇外で、犯罪にならずよかったです(ぉぃ 

 盛山先生、相談してるし(´▽`;) でも、あつし君に関わるときの赤面っぷりは可愛いなあ。

 そして花屋には笑った!! しかし川内さん退場には早すぎるので、再登場に期待してます!

 

●つくねちゃん+30 (ひらふみ 先生)

 つくねちゃんの出す心理テストですけど、私は「五里霧中」「一期一会」でした・・・ウワーン!!

 にしても、「ラブボーイ+」にハマるアラサー女性・・・やっぱり、女性向けも売れるのかな?

 しかし、「このチ〇カスが!」に反応するゲームの高性能っぷりには感動しましたよ(そこ?)

 

●はなむら酒店 (青木光恵 先生)

 今回、父ちゃん話! ジョギング始めてがんばっていますけど・・・影響されやすいタイプ?

 「ロッキー」はテレビで「4」まで観たことありますけど、あの音楽が流れると確かに燃える!

 でも、たき火が趣味とか自分ルールとか、ホント意味不明な人だなあ・・・面白いけど(^^;

 

●絶叫!夢見るレシピ! (宮嶋星矢 先生)

 秋の特別企画ということで、「ちょい足しグルメ」について色々。 チャレンジャー宮嶋先生。

 カップ麺や納豆ごはんに、甘い系お菓子をちょい足しとか、開拓精神にも程がある!!(゜Д゜;)

 ツインテールな友人Kの「正体」には笑った!(*゜´∀`゜) 試食数50品目って尊敬モノです。

 

●いとをかし (楠見らんま 先生)

 モテモテなのは、あおいちゃんだけではなかった! みどりさんに恋文の山!!・・・女性から。

 「お姉サマ」キャラなみどりさんは女性にモテて、「男の娘」なあおいちゃんは男性にモテる。

 そんな倒錯の重なりが面白味をUP。 あおいちゃんの「初恋」や、2人の「恋談義」が面白!!

 

●ちぃちゃんのおしながき 繁盛記 (大井昌和 先生)

 コミックス2巻、発売中! さらに来月には、4コマ編7巻も発売! 私は買った(買う)~!!

 B級グルメが流行っているとテレビジョンで観ましたが、大東商店街も流行に乗るようです。

 ちぃちゃんがいればマスコミ受けするのでしょうけど、母より娘の方がしっかりしてた(^∇^;

 

●けものとチャット (みずしな孝之 先生)

 コミックス6巻、11月17日発売!・・・ということで、サイン会もあるようです!!

 そんな今回、ハロウィンにうかれる猫ーズ。 二階堂は物知りでクールだな~、さすが。

 話はそれますが、みずしな先生の某ゲーム関連での「↑↑↓↓←→←→」ネタは最高でした!

 

●セルライフ! (穂月想多 先生)

 「私の中のイヤなあなた」がシーズン連載! 金髪青年と同棲する高野ユリさんだけど、

 嬉しくないのは、相手がセルライト(皮下脂肪)の化身・セル光くんであるということ。

 むく美・たる美もいるよ! そんな光景が、さっぱり軽めの作風で描かれていて面白い!

 

●シュレディンガーの妻は元気か (中島沙帆子 先生)

 ちかさんご懐妊以降、面白おかしくなった修平さん。 マタニティブルーですか・・・(違)

 命名に推古・持統天皇をもってくるあたり、歴史知識も豊富なの修平さん?! 讃良いいね。

 同僚OLさんたちや、「巨乳」ちかさんも面白かったけど、次回最終回って・・・そんなあー!!!

 

●青春ドーパミン (航本佳奈 先生)

 ノーパンしゃぶしゃぶって、まだあるんですかね・・・と池ヤンの提案を見て思いました(ォィ

 そして、「沈黙がうるさい」と池ヤンに理不尽な文句言ったり、メイド喫茶がスゴかったり、

 女子たちが面白かった! ラストの咲山さん、君は貴重なツッコミ役だから負けちゃダメ~!!

 

●しばいぬ子さん (うず 先生)

 今回、巻末カラーになっている本作品、クセになりそな面白さがあります。

 愛らしき、しばいぬ子さんの存在感もさながら、観察者でツッコミ役の茶子さんが良き味。

 いぬ子さんがピッコロ(?)吹いてるのを聴いている、茶子さんの友人の表情が!゜(*゜´∀`゜)゜

 

 

コメント