goo

案ずるより産むが易し


試験が近づいてくると、子どもたちにももちろんそれなりのプレッシャーはかかっているのだろうと思います。

しかしながら、じゃあ、眠れないとか、いらいらしているとか、そういうことはあまり感じられない。

子どもたち自身も何となく不安だったりする部分はあるのかもしれませんが、しかし、まあ、それも含めて入試だから、自分で乗り越えていかないといけない。

お父さん、お母さんからすれば何かあったらいけない、とつい過剰に心配してしまう部分があるのだけれども、しかし、子どもたちはもうそれなりに大きく強くなっている部分があるのです。

だから、あまりもう心配しない。

先回りして何かをやってあげなければ、などとは考えない方が良いでしょう。

ここは思い切り信頼しているのがいいと思うのです。

いずれにしても受験するのは子どもたちなので、子どもたちが自分で試験に向かって、それで自分の力を発揮してくればいいのです。

ああなったらどうしよう、こうなったらどうしよう、などとは考えず、大船に乗った気持ちでいてください。

=============================================================
今日の田中貴.com

サンデーショックだから
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

待ち時間用の本
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 長い入試 読めている子 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。