goo

過去問から見える課題

4年生の保護者のみなさまへ  
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

この時期、第一志望の問題がスラスラできる、という子はそう多くはありません。

で、過去問を研究し、練習していくわけですが、その段階で自分の課題が見えてくることがある。

速さの問題が良く出るが、条件がちゃんと読めていない。

国語の記述問題が必ず出るが、書いている説明が詳しくない。

理科の計算問題で、気体の発生がわかっていない。

などなど。

そういう課題は見つかった時点で、何らかの補習方法を考えていかなければなりません。

例えば速さの条件を読み取るためには、グラフを自分で描いてみる、という方法があるわけですが、グラフを描くのには時間がかかる。その時間がもったいない、とつい考えてしまいがちです。

しかし、グラフを書き慣れてしまうと、むしろそうやって条件をつかむことの方が簡単になる。なので、そこはやはり速さの問題を何題か選んで練習してみる、ということが必要になるのです。

過去問から見える課題をどう克服するか。

具体的な手を盛り込んでいってください。




Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2019年度6年生後期授業案内

【無料】2019秋の合格手帳を差し上げます。

今日の田中貴.com
第390回 優先順位

6年生の教室から
わからない問題を解決する手段を決める

算数オンライン塾
8月15日の問題






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ミスとの闘い 第一志望は変... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。