goo

全体を俯瞰する

歴史にしても、地理にしても細かいことをだいぶ覚えてきたと思います。

しかし、細かいことを覚えていくと、全体がつながらなくなる。ある地方に視点をあてていると、全国の中での位置が不確かになる、ということはあるものです。

例えば日本地図の問題でいえば、良く出るのが北緯35度線。

西から島根県、広島県、岡山県、兵庫県、大阪府、京都府、滋賀県、三重県、愛知県、静岡県と通って行きます。伊豆半島を通過して、太平洋に出ていくわけですが、それぞれどこを通っているかを地図上で確認してみると良いでしょう。

同様に北緯40度線は、過去に世界との問題で出題されたことがあります。
日本だと通過するのは秋田県と岩手県ですが、ヨーロッパだと結構南でポルトガル、スペイン、イタリアやギリシャを通過するし、アメリカはちょうど本土の真ん中を通っている印象でしょう。

歴史でも先土器から、奈良、平安、鎌倉と時代を通して年表を一覧し、例えば横で中国の時代を確認したり、政治と文化の関係を見てみるなどの工夫ができるでしょう。

入試問題はある時代だけを出題するばかりではなく、全体の時代を通していくつかのテーマで出題をする場合も多いので、全体を俯瞰するという勉強は結構役立ちます。

何となく日本地図を見ているだけでも、例えば内陸県である長野県を取り囲んでいる県はどこか、といったことが確認できるわけで、受験準備の仕上げとして全体を俯瞰してみましょう。

============================================================
今日の田中貴.com

第67回 首都圏 中学受験の全体像
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

受験証の発送
==============================================================

==============================================================
お知らせ
算数5年前期第1回 算数オンライン塾「約数と倍数」をリリースしました。
詳しくはこちらから
==============================================================



にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 列島を移動す... 親も具合が悪... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。