goo

子どもの話を聞く

子どもが勉強する姿を見ていて、「もっとできるだろう」と思うことはあります。

ゲームやってるし、テレビ見てるし、みたいなことは子どもの生活には当然あるわけで、それを全部勉強に向けられたら・・・と思うかもしれません。

でも、良く考えてみると、そんなことは可能でしょうか?

確かにもっとできる時間はあるかもしれないし、もっとやっている子もいるかもしれません。

しかし、もしかすると本人は「精一杯やっている」と思っているかもしれません。

「これ以上、どうやれっていうんだ!」みたいに思っている可能性だってあるのです。

だから、コミュニケーションが必要だと思うのです。良く子どもの話を聞いてみないとわからないことが多い。親はつい自分の子どもだからと思って、子どもの話を聞かない。自分の話をするばかりであることが多いもの。

しかし問題を解決するためには、まず相手の話を聞かないと始まらないことは多いのです。

もっとできる、と思っているのは親だけかもしれない、ということを頭のどこかに置いておかないと、またバトルが始まってしまいます。


今日の田中貴.com
たくさん解くよりも

5年生の教室から
本を読もう

今日の慶應義塾進学情報
スーパーマーケットに行ったことある?







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 漢字で覚える... 成績分布は広... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。