goo

筆記用具は多少多めでもいい

入学試験中、筆箱を机の上に出させない、という学校もあります。

となると、やはりそんなにたくさんの筆記用具は出せないから、というので、あまり数を持って行かない、と考えられるかもしれませんが、それは違います。

やはり多少、何が起こっても大丈夫だ、という状態にはした方がよい。

例えば消しゴムがころがったときにことを考えて、複数個あった方が良いし、シャープペンシルがつまることだってある。

だからといって机に並べられないほど持って行っても仕方がないが、多少なりとも余裕があった方が良いのです。

それと、鉛筆とシャープペンシルはどちらも持って行く方が良いでしょう。

学校の試験実施要項を見ると、筆記用具は鉛筆またはシャープペンシル、と書いてある学校がほとんどで、どちらを使ってもいいのですが、やはりシャープペンシルはこわれることもあり、鉛筆は折れることもある。

そんなことは想定内、という対応が一番いいわけで、両方とも持っていれば何の心配もありません。

その他、学校によってコンパス、定規、分度器など、必要なものはすべて試験実施要項に書いてありますから、その通り準備してください。

また携帯電話は持ち込めないので、時計の準備も忘れずに。すべての教室に時計があるとは限らないので用意しておきましょう。

=============================================================
今日の田中貴.com

最後まであきらめない
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

中等部一次試験の会場
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 入試日程が進... 長い入試 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。