goo

反抗期のはしり

=============================================================
慶應3校別入試対策説明会のお知らせ
=============================================================

小学生の5・6年は、反抗期のはしり、と言えるでしょう。

中学生で迎える本格的な反抗期とは異なりますが、しかし、まあ言動的に激しくなる子もいる。

反抗期の元は「自立心」です。だから反抗期がなければ、自立もしないところがあるわけで、反抗するようになったら、それは自立のきっかけでもある。

しかし、できることはまだまだということがあるから、親は腹が立つことが多いのです。ただ、まだ11才、12才というところなので、できないことは致し方ない。

ただ本人はそれを認めないところがあります。これは反抗期の大事な一面で、自分でできないことを認めないから、また何か自分でやってやろうというところが出てくる。

だから、ある意味そういうやる気を引き出さないといけないところがあるわけですが、しかし、ただ待っていれば良い、ということでもない。それなりに大人の働きかけは必要です。

そのひとつが本人の話を聞くこと。

そしてもうひとつが本人がやったことを認めること。

反抗期はだんだん話さなくなる傾向が強くなりますが、しかし、まだ小学生なので、聞いていればいろいろ本人の考えが出てくる。そこでまた叱らず、怒らず、ただ親の意見はしっかり話すことが大事でしょう。

もうひとつは、やはりそれなりにがんばってやっていることがあるのだから、そこを認め褒めてあげることが大事です。

自分でいろいろなことがやれてくれば、本人の力はさらに成長発展をしてくれるので、この2点は心がけておかれると良いでしょう。



フリーダム進学教室 夏期講習のお知らせ

Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。

フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第5回 サレジオ学院

今日の田中貴.com
おごらず、落胆せず

6年生の教室から
今の子どもたちは幼くなりやすい

中学受験 算数オンライン塾
7月5日の問題

自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」









にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 夏休みの算数... いつからがん... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。