goo

図書室とレポート

小学校から中学校に変わり、中高一貫校に行くと、図書室は高校生と共同であることが多い。したがって置いてある本が変わります。

そして、新中1から新たなレポートを要求される。調べ物をしなければいけない。と、本を探すことからスタートするわけです。

ところが誰も考えることは同じなので、そのテーマに関する本はなかなか見つからない。

で、暇つぶしに、他の本を見ることになる。

ここが分かれ目です。

そこで本を見ているうちに、読みたくなる、読む、という流れになると、中高でも本好きというのは生まれます。

また、学校で手に入らないから、他の図書館や本屋を歩いているうちに、本を手にとるようになる。

たくさんレポートを出す、という学校は、どうもこの流れに「うすうす」気が付いているところがある。

だからレポートを出すとき、最近は先生がいう。

「いいか、インターネットで調べてコピペするのはだめだ。調べるなら本だけ。」

インターネットは確かに便利ではあるのですが、ただし、その出典が正しいかどうか、なんてまったくわからない。

本にあたれば、少なくとも原典ははっきりしている。だから本で調べろ、と先生は言います。

しかし、そう生徒はたやすくはない。

時間もないし、まともにやらずに、インターネットで調べてしまう。

ところが、そこで知恵が回らない。多少なりとも自分で書きなおす、という作業をすればまだましなのだが、それをしないから、似たようなレポートが(しかも、一字一句違わないようなレポート)がたくさん集まるわけです。

で、先生がちょっとインターネットを調べれば、「出典はあきらか」になってしまいます。

その結果として呼び出され、注意を受け。

結局、生徒は図書室へと追いやられる。

まあ、もちろん図書室と部活で、部活を選ぶ子もいるわけですが、結局、本を読み、原典にあたるということを始めるのが、図書室であり、それは脈々と続いています。

レポートの多い学校は、実はそういうことをもくろんでいるのです。

==============================================================
田中貴.com通信を発刊しています。登録は以下のページからお願いします。
無料です。
田中貴.com通信ページ
==============================================================
今日の田中貴.com

地図を読み取る
==============================================================
中学受験 算数オンライン塾

4月23日の問題
==============================================================




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村

皆様のポチッが私の励みです。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ホワイトボード 国語の授業の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。