goo

凸凹は悪くはない

4年生の保護者のみなさまへ  
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内




受験する学校は結構は、近年一人5~6校になっているので、当然のことながら、結果も様々です。

全勝で終える強者もいるが、しかし、それよりは凸凹していた方が本当は良い。

がんばった、けれども、それでも届かなかった、ということも大事な経験ではあるのです。まだ実はやれることはあったかもしれない。まだ力及ばず、ということで、これから先また努力していこうという気がある方が、子どもたちの成長にはプラスになります。

全勝して終わると、つい、逆に気が緩む。試験が終わった後も、お祝いモードでそのまま進んでしまう。楽しい卒業シーズンを迎えるのはいいが、しかし、その間に段々学力は落ちていく。

一方、僅差の勝負ですから、拮抗した力の持ち主たちが集まるわけで、そうなると入学後に大きな壁にぶつかる。ぶつかって、そこからがんばれればそれで良いのですが、どうもズルズル、と言ってしまう子もいるもので、それが「合格して失敗する子」になってしまうわけです。

だからここで力及ばず、は決して悪い経験ではない。

この先もいろいろ挑戦しなければならないことが多いので、その経験もまた活かしてもらいたいと思います。




フリーダム進学教室からのお知らせ

2020 合格手帳2ー3月号を差し上げています。
無料です。
2020合格手帳2ー3月号申し込み【新5・6年生用】



今日の田中貴.com
学校の品格

6年生の教室から
プラン通りに

算数オンライン塾
1月14日の問題











にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 合格発表を見... まず結論を書く »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。