goo

違う個性

親は子をずっと育てているので、子どもは自分の言うことを聞いてくれるものだ、と思っています。

しかし、子どもたちは成長の過程であっても、やはり違う個性をそれぞれが持っているから、親が思う通りにならない場合も出てくる。

どうして、こんな子になってしまったのだろう、などとつい考えてしまいがちですが、違う個性なのだから、違うのが当たり前なのです。

これから先、さらに違う個性であることを思い知らされるようになるでしょう。

子どもが自分の言うことを聞かない、というのは、だからごく普通のことなのです。

それよりもその違う個性を認めた上で、その個性の成長を応援していく方がよほど子どもたちの将来にとってはプラスになる。

そろそろ後ろから子どもたちの歩く姿を見ていても良いかもしれません。

ほら、自分で試験会場に入っていくのも、その典型だと思うのです。


今日の田中貴.com
勢いがついたのか、それとも調子に乗ってるのか・・・

6年生の教室から
おいしいお昼でも食べに行こう

慶應進学特別から
まずはじめに







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 入試の答え合... もう迷わない »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。