goo

式の横にメモをつける

ミスを防ぐという意味では式を書く、計算を書くというのは、当たり前のことなのですが、出た計算の結果が何であるかということをメモすることは大事なことです。
例えばA君の最初の分速が出たとして
480÷12=40・・・A 最初 分速
でもかまわない。解説を書いているわけではないので、自分であとからわかればいい。
そして、自分が後で読んだときにわからないメモは、まったく意味がないのです。
男の子は面倒くさがり、女の子はばかていねいにやりがち。バランスが大事ですが、あとからA君が最初に6分間動いた距離を出すという問題であったと気がついた場合、ここにもどれば、
40×6=240
で答えはすぐ出てくる。
だから、式の意味を書く、出た計算の結果は何かを示すことがミスを減らします。すべての式にメモはいらない。
頭の中で動いたひとくくりの考えの結果について、メモを残せばいい、のです。
ぜひ家で練習してみてください。

【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

【海外で外出禁止になり、塾・学校とも閉鎖になった国や地域の皆様へ】
時差対応について





【NEW!】フリーダム進学教室からのお知らせ

2020 合格手帳4ー6月号を差し上げています。


無料です。
2020合格手帳4ー6月号申し込み【5年生用】
2020合格手帳4ー6月号申し込み【6年生用】

今日の田中貴.com
何ができるようになればいいのか

6年生の教室から
今は時間を計らない

慶應進学館から
中学単独校と中高一貫校








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 競える力をつ... 「桜は来年も... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。