goo

算数ができるようになる第一歩

算数ができるようになる第一歩はとにかく式を書く、ということです。

テストの様子を見ていると、もうそういう暇はない、という感じで問題を解いている子どもたちが圧倒的に多いわけですが、そうなると自分のミスも見つからない。

時間内に解き上げる必要があるからこそ、回り道はできない。

だから式を書くべきなのです。

ところが回り道ができない、と思うから式を書かない子が多い。これは、明らかに損をしています。

例えば、円やおおぎ形の面積を求めるとき、3.14は最後に1回だけ計算する、ということは教えてもらっているわけですが、これも式を書かないとうまくいかない。

でも、図形にちょこちょこと書き込んで、暗算で足し算をするから、間違えることになる。

式を書けば、その場で確認できるから、絶対ミスは減るのです。

まずすぐにこれを始めるだけで、点数は確実に良くなります。

ぜひ実行してください。



フリーダム進学教室無料体験受付中




今日の田中貴.com
何かを変えないといけない時期

5年生の教室から
公立一貫校への挑戦

中学受験 算数オンライン塾
2月13日の問題







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 次の夢を語る子 終わらないこ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。