goo

個別指導だけの受験準備は可能か

フリーダム進学教室 春期講習のお知らせ

これまでの受験準備は集合塾が中心になっていました。

中学受験は小学校のカリキュラムだけでは間に合わない。それだけでは差がつかないので、各校が「小学生でもできる」という視点で独自に出題した結果、中学受験に対応するためのオリジナルのカリキュラムを作る必要が出てきました。

そこで各塾が対応を始め、それぞれの塾でカリキュラムやテキスト、問題集ができ、それにしたがって子どもたちは受験勉強をしてきたわけです。

しかし、集団授業では、塾のペースで勉強が進むので、十分に復習ができないとか、ついていけないというケースが増えてきた。それで個別指導が補助的に使われてきています。

今では、大手集団塾にオリジナルの個別指導塾やコースが附属していますが、しかし、あくまで集団授業がメインで、個別指導は補助的な役割とされています。

したがって、まずは集合塾に入らないと受験準備は始められない、と考えがちなのですが、習いごとがあったり、体力の問題があって、そんなに遅くまでできない、というケースもあるでしょう。

そこで個別指導だけで受験準備を組み立てたい、という要望もあるかと思うのです。

で、結論だけで言えばもちろん可能です。今や、通信教育だけで受験準備を進めることも可能です。通信教育もまたオリジナルのカリキュラムを作っているので、それに従って準備すればいい。

個別指導も何かのカリキュラムにしたがって進めれば、個別指導だけで受験準備を進めることは十分できるのです。フリーダムもまた最初に2年間のカリキュラムと教材を作りましたが、それにしたがっていけば、授業形態は集合であろうと、個別であろうと、自宅で通信でやろうと、合格を目指すことはできるのです。

特に6年生の後半は、過去問をやったり、知識を覚えたり、学校別傾向に合わせた記述の練習をしたりしないといけない。となると、子どもたちがやらなければいけない課題は個別になってくるので、むしろ個別指導の方がプラスが大きいと言えるのです。

今は集合塾で準備をしている子どもたちが圧倒的に多いわけですが、今後いろいろなスタイルがあって良いと思うし、実際に十分に合格は可能なので、ご家庭にあった受験スタイルを準備してあげて欲しいと思います。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第1回 洗足学園中学




今日の田中貴.com
第316回 偏差値輪切りでの受験校選びの弊害

6年生の教室から
第一志望の出題傾向から受験準備を組み立てる

慶應進学特別から
多様性







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 体力がなくても 中学受験の個... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。