goo

詩の出題


各校の入試問題を見ていると、長文読解として1つが物語文、もうひとつが論説文・説明文、それに漢字というスタイルが多いようです。

詩の出題はその意味ではあまり多くはないのですが、逆に出る学校は出る、というイメージが強い。

詩は長文読解のように、ひとつの論理や状況が明白、ということでない場合があり、解釈は幾通りも存在する、ということがあり得るわけで、それをそれとして受け入れた上で問題を作らなければなりません。

答えは誰がなんと言おうとアである、というようなところがないといけないのですが、それを設定するのが難しい。

しかし、逆にそうだからいろいろ考えられるだろう、ということでその自由度をひとつ採点の視点にしていく、という問題を作ることができます。

したがって記述で答えを書く、ということも多くなり、採点には時間がかかるが、それを読むことで子どもたちの言葉に対する理解度や表現力を試すことができる、とも考えられるのです。

ですからそういう視点が入学者を決めるのには必要だ、と考えている学校ではその出題が多い。

逆に入試に採用することが難しいな、と感じている学校は出題が少ない。

これははっきり過去問にその傾向が出ます。

ですから、詩の対策をしっかりするかどうかは比較的わかりやすい。もちろん今まであまり出なかったからといって出題の確率が0というわけではありませんが、やはり優先順位は低くなる。

この辺は過去問をしっかりやるのと同時に、当然これから勉強する内容を決めるにあたって考慮しておく必要があるでしょう。

=============================================================
今日の田中貴.com

第159回 公立一貫校の併願
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

ゆるめ、きつめ
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 親はあわてない 携帯の時計は... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。