goo

今の学習法の間違い

例えばあるパターンの算数の問題があったとして、このパターンを5回、6回と繰り返し練習することは本来はあまり意味がない。できるようになっていないといけない部分はあるのだが、だからといってこれを5回、6回と練習すると思考がパターン化されてしまい、実は伸びなくなる部分があるのです。

解いている本人が飽きてしまうからです。

同じパターンは2回繰り返せば終わりで良い。例えできなくとも、むしろ違う型の問題で、思考力を試し、また自分で解こうとする意欲を引き出さないといけないのです。

今の学習はどうもここが間違っているような気がするのです。

あるパターンの問題ができないと、それをできるようになるまで繰り返させてしまう。しかし、それでできるようにならなくなるところがあるのです。

その場、その場で結果を出さないと組み分け試験の成績がとれない、と思うから、みんなシャカリ気になってできるようにしようとするが、それをやることで子どもたちが考えたり、勉強したりすることに飽きる。

飽きるとやりたくないから、「わからない」とか「無理」とか言い出すのです。

組み分け試験がなければ、それができなくても、違うことに進めるのだが、それができないとどうしてもそこばかりを勉強してしまう。

子どもは考えることをやっていれば、少しずつ前に進んでいき、以前できなかったこともできるようになっていったりするので、ここで結果を出そうとしてはいけない、ところがある。

結果を出すところは入試だけで良いので、まずは勉強に飽きさせないようにするべきではないかと思います。


今日の田中貴.com
5年生から上位校を狙う

6年生の教室から
解き方、考え方はいろいろ

今日の慶應義塾進学情報
普通部、社会の入試傾向







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 中学受験は親... ストレス »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。