goo

知識が広がると

New
フリーダム進学教室 2019 入会案内

この時期いろいろなことを覚えていくと、さらに疑問が出てくることがあります。

例えば、安土桃山時代。

安土は織田信長の居城である安土城をさすので、現在の滋賀県近江八幡市になるわけですが、では桃山とは?

織田信長と豊臣秀吉の時代だから秀吉の居城をさすだろうというところまではわかるでしょうが、しかし、桃山とはどこか?

これは京都の伏見をさします。伏見に桃山があり、秀吉の居城が作られました。秀吉はどちらかといえば大阪城が有名なのですが、公的な城は伏見の桃山城であったので、安土桃山時代、という言い方をするわけです。

で、ふと、そう思うことは出てくるでしょう。歴史の好きな子はつい、それを調べたくなる。結果として時間がかかる、ということもあるので、まあ、あまりそういうことに時間をとられるのも良くないが、しかし、本当はそういうのが勉強のやり方であることは間違いない。

同様に、算数や理科の問題でも、なぜ、こうなるのか、わからない、という場合があるでしょう。

教える方は、その子の受験する学校のレベルに合わせて「これはやらなくていい」という指示をしますが、しかし、勉強の本質を考えると、掘り下げた方が良いこともある。

先日、場合の数の問題を解いていて、どうしても答えが合わないという子がいました。

で、ノートを見ていて解き方としては合っている。何が違うのか、と思っていたら最後の合計の足し算が違っていた。

「ここが違うな」

と指摘をすると、本人は「まさか!」と絶句していましたが、それだけ悩んだ分、力はついていくものなのです。


Newフリーダム進学教室「入室説明会」のお知らせ

Newフリーダム進学教室 冬期講習のお知らせ

New【無料】冬の合格手帳(6年生は受験直前号)、差し上げます。

今日の田中貴.com
歴史に関する問題

6年生の教室から
安全校もしっかり吟味して

慶應進学館から
入試の服装






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 後が大変 ネガティブな... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。