goo

偏差値が19ポイント上がったのは

=============================================================
フリーダム進学教室 夏期講習のお知らせ
=============================================================

昨年の塾生の成績を振り返ってみると、6年生の秋の模擬試験と合格した学校で19ポイント上がったという子がいました。

この間およそ3ヶ月ですが、そんなに上がるの?と思われるかもしれません。

しかし、模擬試験の前半から中盤にかけてはまだまだ成績が伸びていないケースは多いのです。勉強はしているが、いろいろ混乱もあるし、ミスもある。

本人はできたつもりでいでもミスのオンパレード、なんてこともありえます。

子どもたちは昨年黙々と学校別バインダーと過去問に取り組んでいました。

過去問は早くからやれば、後半は比較的良い点数がとれるようになるわけですが、学校別バインダーはそういうわけにはいかない。

「良く出てできない問題」を自動的に抽出する問題集ですから、できないところを鋭く指摘してくる。だからとにかく解き上げていかないといけない。しかし、やればやるほどその努力も認めてくれるというか、グリーンランプ(正解率が上がったサイン)が点灯してくれるので、それなりにがんばれるようになるのです。

結果として「良く出てできない問題」が減ってくれば、成績は上がるし、自分の力にも自信が持ててくる。

そうなると秋のころの模擬試験の成績と結果が大きく変わってきてもおかしくはない。だから、秋中盤で成績が悪くても決してあきらめるべきではないのです。

やるべき勉強の効率を上げていけば、その分だけ成績も上がりやすくなるので、志望校合格に直結する勉強を心がけていきましょう。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。

フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第4回 広尾学園

今日の田中貴.com
力のつりあいに関する問題

6年生の教室から
入試の合格点と模擬試験の合格偏差値の違い

慶應進学特別から
過去問の質問

自宅でできるオンライン個別指導「スタディールームオンライン」






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 忘れているの... なぜ男の子は... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。