goo

もっと早くできないの?

4年生の保護者のみなさまへ  
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内

ある算数の過去問を1年分やっていた子がいました。

制限時間は50分だったのですが、かかった時間は2時間。うーん、これでは合格しない、というのはその通りなのですが、今の時期、50分で切っても何の意味もないのです。

50分で切る、ということは、結局3分の1も問題が解けないでしょう。解けない、という印象が残るだけです。

しかし、最後まで解き上げるということは、時間さえあれば、できるということだから、あとはそれを短くするということだけになる。

これは力がついてくれば、自然とできることです。

ただし、意識をしていないといけない。つまり、なるべく短時間にやろうという意識は持っていて欲しいと思います。

そういう意識を持った上で、考えて最後まで解ければ特に問題はありません。

でも、それでは、やれる問題に限りが出てくるでのでは、と心配される方もおられるかもしれませんが、土台、何題やったら合格するというような絶対量は存在しません。

子どもが、自分の力でしっかり準備したのであれば、それで勝負するだけの話。

時間に追い立てられて、しっかり考えられなければ、結局力はつきません。

でも、もう少し早くならないかなあ、という親の気持ちは良くわかりますが・・・。






Newフリーダム進学教室からのお知らせ

【無料】合格手帳4月ー6月号「1学期号」を差し上げます。

今日の田中貴.com
力のつりあいに関する問題

5年生の教室から
マイペースで進む

算数オンライン塾
5月11日の問題






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 学習記録 そのがまん、... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。