goo

ピークに持っていく

8月に入りました。

オリンピック真っ盛りですが、しかし、東京、神奈川の入試までちょうど半年。他の地域はもっと早くスタートするので、半年を切ってしまいました。

で、これからは「入試日に子どものピークを持っていく」ということを考えていかなければいけません。

例えば子どもが選手、お父さん、お母さんがコーチ、オリンピックの決勝が2月1日、とまあこんなイメージを持たれると良いのです。

ピークとは

1 状態が最高に良い
2 すべての準備が終わっている

ということです。

1は調子の問題もありますが、体調が良く、メンタルな状態も非常に積極的であれば良いということになるでしょう。試合で自己ベストが出せてくるような状態ですね。

2はこれはコーチングの課題で、残りの課題を克服して、すべての準備を十分にした、と感じられることが大事です。

やることはたくさんあるでしょうが、時間にも限りがあります。したがって、できる時間を最大限効果的に使って練習して、力を上げる準備をし、かつ「やるべきことは全部やった」と本人が納得できている状態、ということでしょうか。

もちろんデータを調べて、ここを克服するために、どういう練習をするか、という考えが必要なのです。

オリンピックの選手の後日談を聞いていると、やはりそういう具体的な目標、とそれを達成するための練習がしっかり盛り込まれているわけで、「ただ合格するぞ」と気合を入れているだけでは力はついていかないのです。

2月1日にピークに持っていく、ためにどうするか。

これをお子さんと一緒に考えながら、残りの半年を上手に使って課題を克服していきましょう。

「力は出し切れたと思います。」

と子どもが言えれば一番良いわけですから。

==============================================================
今日の田中貴.com

インプットを断つ
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

大きくなーれ
==============================================================




にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾・指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 総復習と過去... 何かを見つけ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。