goo

叱る→ふてくされる→さらにやらない→叱る

というような悪循環は割と良く起こるのではないでしょうか。

すでに反抗期に突入した、とおぼしき小学生もいるでしょうが、この時期はまだ本格的ではない。しかし、勉強をしないということにおいては変わらないし、親が手を焼くのも同じでしょう。

で、そうなるとこの循環をどっこかで断ち切らないといけない。

叱る→叱らないと当然やらないままですから、解決にはならない。

ふてくされる→これも叱られればこういう反応になるでしょう。

ということはここで、叱って本人がやるようにするにはどうすればいいか、ということなのです。

で、どうせ手がかかるのであれば、一緒に勉強してしまう。これとても本人にとってはいやだ、面倒だ、ということにはなるのですが、小学生の場合はまだなんとかなる場合もある。

そのとき、今度は叱るのではなく、なるべく褒める。

子どものいいところを見つける。ということをしていくとこの循環を変えることができる可能性が出てきます。

褒める→がんばる→できるようになる→褒める

の循環ですね。

要は実行する場面をいかに作り、そこで本人を認め褒めることができるか、にかかっているわけです。

つまりは叱る、はあまり説得力がないということです。

叱るより先に、一緒に実行してしまう。これで本人が少しでも前に進めれば、循環を断ち切る手になるのではないでしょうか。

===========================================================
今日の田中貴.com

早生まれは気にしない
==============================================================
今日の慶應義塾進学情報

慶應湘南説明会日程
==============================================================
慶應進学オンライン
==============================================================

「映像教材、これでわかる比と速さ」(田中貴)
==============================================================

==============================================================

==============================================================
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 答え合わせの... 指示を読み飛... »