goo

この時期、親がすべきこと

ここまで長い時間受験準備をしてきて、ここが一番大事な時期、と言えます。

残り時間が少なくなる一方。子どもたちの力は確実に培われていく。本人もその気になって勉強しているわけだから、その力を最大限に引き出す、ということを考えて行かないといけません。

受験勉強は、いろいろ対策があるわけですが、しかし、根本的なことを言えば本人の解く力が、試験当日最大限に活きれば良い。

だから、それを引き出すように努めていく必要があります。

具体的に言えば、
1 確実に伸びているということを実感させる。
2 まだまだ自分ができるようになる要素はあると思わせる。
3 その要素を残りの時間で確実にものにできるプランがある。


1について、そんなデータどこにもない、というようなことを考えてはいけません。これまでの模擬試験でできるようになっているデータはいくつもある。ただ、できることにはスポットが当たっていない。むしろ、そこにスポットを当てて、「やればできる」という気持ちをまず引き出しましょう。

次に、合格点までどうやれば達するのか、具体的な目標を決める。例えば、理科と社会の知識を増やして、あと10点加える。算数のミスを減らして10点加える。そういう要素を具体的に導き出す。ただがんばりなさい、ではダメで、何をどうやれば合格ラインに届くのか、具体的な要素を決めます。

そして最後、それをどう実現するか、具体的な計画にして、あとは実行するだけ、というように組み立てるのです。

そうすれば、子どもたちはこれをやれば合格できる、という風に前向きにものを考えることができる。ただ、その土台になるのは1の自信のある部分を強調することです。

これができたのだから、次のプランもできないはずはない、と考えさせることが大事。

子どもは前向きにも後ろ向きにもなる時期ですから、前向きに進む力を引き出すために何をすればよいのか、具体的なプランに変えて実行してください。


2019-2020 6年生用合格手帳入試直前号を差し上げています。
以下からお申込ください。
無料です。
2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み



Newフリーダム進学教室からのお知らせ
冬期講習のお知らせ

今日の田中貴.com
学校の魅力を再確認する

5年生の教室から
読解力を身につける

慶應進学館から
普通部、国語のポイント

最後の追い込みにご利用ください。

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)

4年生の保護者のみなさまへ 
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 複数のシナリオ やらされるか... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。