goo

付属校か、受験校か

フリーダム進学教室 春期講習のお知らせ

受験校か、付属校か、で言えばこれまでは多くの方が受験校を選ばれていました。

子どもが将来進むべき道を決めて、大学を選び、そして受験できるようになればいい、と考えられていたからです。これは今でもそういう考え方が多いと思うのですが、しかし、2020年の大学入試改革がこの段階でもまだ明確にならない。

そこで、大学付属校を選ぶご家庭が増えてきています。2018年は早慶をはじめ、大学付属校の人気が高く、受験者も増えていました。この傾向は今後もしばらく続く可能性があります。

大学受験の方法がしっかり確定してくれば、状況は変わってくるでしょうが、何をどうやらせるのか、今一つ明確でない段階では、いざとなれば自大学に進んでくれればそれでもいい、と考えられているようです。

私立大学では特に昨今、私立中高一貫校との提携が進んでいます。少子化で学生の確保が難しくなる中、付属校や系属校からの進学者を増やすことで、経営のバランスを保つ、ということがその目的となっており、またその流れに合わせて自校の浮上を考える私立一貫校も少なくないことから、この動きは今後も続くことになりそうです。

が、やはり大学に進学する段階でもう一度、自分の方向性を見極めるのも大事です。

子どもたちの希望は中高一貫校で何を学ぶか、何を経験するか、ということで決まってくるでしょうから、受験校の魅力もまだまだあるので、入試制度に惑わされることなく、スクールカラーを中心に学校選びを組み立てていってほしいと思います。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第1回 洗足学園中学

今日の田中貴.com
難しい問題を少しずつ与える

6年生の教室から
基本問題に戻らない

中学受験 算数オンライン塾
3月13日の問題







にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 覚悟ができない子 成績は上がる... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。