goo

「ダメだったら公立」には地域差

中学受験の結果で、「入れたい学校に入らなかったら公立に」という選択も当然あるわけですが、結構地域差があるようです。

そのエリアにあまり私立中学がなく、中学受験率も高くない、という場合は、まあ、ダメだったら公立で良いのでは?と考えやすい。一方、中学受験率が高く、半分近くが私立に行ってしまう、ということになると、これは何とか私立に入れたい、と考えるご家庭が多いのではないかと思います。

塾の進学指導は、やはり1校はとりましょう、というところがほとんどでしょう。折角頑張ったんだからやはり1校は合格させないと、と思うわけですが、「別に行かない学校を受けても仕方がない」と考えるご家庭もあるでしょう。

で、結局の所、家庭がどう考えるかということに尽きるのです。

ダメだったら公立、と家庭が選択すればそれで良いし、とにかく私立に入れようならそれも家庭の選択なのだからそれで良いのです。

我家はどうするのか、ここでしっかり方針を固めてください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ
冬期講習のお知らせ
2021年フリーダム進学教室 新年度募集






2020 合格手帳9-11月号を差し上げます。


無料です。
2020 合格手帳9-11月号申し込み【5年生用】
2020 合格手帳9-11月号申し込み【6年生用】


ここで理解を深めよう

「映像教材、これでわかるシリーズのご案内」(田中貴)

今日の田中貴.com
そろそろ朝型へ

5年生の教室から
受験勉強を自宅で始める

算数オンライン塾
11月11日の問題






にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 本人の意識を... 策におぼれない »