goo

やり方を覚える、の盲点

算数の基本問題集をやり直してみて、できないところをあぶり出す。

そして、それを繰り返し練習する、というやり方は妥当な勉強法に見えるかもしれません。

しかし、一度できたところができなかったりする。

なぜ、そうなるのか?

単にやり方を覚える、というのは、理論的にわかっている、とは限らないからです。

歴史の年号みたいな感じになってしまっている可能性がある。

暗記と同じようになってしまうと、覚えられているかどうか、にかかってしまう。その記憶が消えてしまえば、もうわからなくなります。

歴史の年号をはじき出す方法はまあ、近くの年号を思い出すぐらいしかありませんが、しかし算数のやり方はそうではない。

逆になぜそうなるのか、原理的なものがわかってしまうと後でも同じように編み出せるところがあるでしょう。だから覚える、ということにこだわってはいけない。

なぜ、そうなるのか、ということにこだわらないと、忘れてしまったらもはやできない、ということになりがちです。

なぜこう解くのか、まずは本人が説明できるようにしてみてください。



Newフリーダム進学教室からのお知らせ

2019年度夏期講習のお知らせ

New【無料】合格手帳「夏休み特集号」を差し上げます。

今日の田中貴.com
計画が破綻したら

5年生の教室から
根気を育てる方法

慶應進学館から
式の横にメモを入れると

4年生の保護者のみなさまへ 
中学受験パパママ塾「ONE」のご案内








にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 間に合いそう... 余白を想定する »