goo

5年の秋で崩れる理由

New本年度 最終回 オンライン中学入試説明会「慶應学校別説明会」のお知らせ

5年生の秋になって、これまで結構成績が良かった子がどんどんクラスを落とす場合があります。

また逆にこの時期になって、成績が伸びる子がいる。

これはカリキュラムによるところが大きい。この時期に算数で比と割合を習う。そして速さや相似形に進んで行きます。

一方理科は、比と割合を習うまでずっと知識を覚えなければいけないテーマばかりが続いていたのが、ここにきて水溶液や力のつりあいなど理科の計算問題が中心になってくる。

そうなると、算数の出来が良ければ、理科も成績が良くなるという流れになるのに対して、逆もおきる。

だから知識を覚えることで何とか点数をとってきた、算数の失点をカバーしてきた子どもたちが最早それだけではどうしようもなくなり、クラス落ちをするのです。

クラスの昇降にこだわらず、算数の力をつけることにがんばっていれば、ここにきて成績が急に上がるが、暗記ばかりに頼っていると最早どうしようもなくなる、というのが大崩れの原因になります。

小手先だけで勝負をしてはいけない。ちゃんとつけるべき力をつけていかないと、結果はどんどん悪くなり、自信を失ってしまう。

ここはとにかく、しっかり算数に向き合い、昇降にこだわらず、本当に解き上げる力をつけてください。まずはとにかく算数をがんばることです。

New【無料】秋の合格手帳、差し上げます。


New
新年度生スタディールームオンライン、無料体験のお知らせ

フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
New第7回 浦和明の星

今日の田中貴.com
グラフとの戦い?

5年生の教室から
単科でがんばる子どもたち

慶應進学特別から
一般枠の英語テスト





にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« まだまだこれから え、覚えてな... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。