goo

勝負は残り半年の比重が一番大きい



概ねどこの塾でも6年生の1学期までに、いわゆる受験カリキュラムはいったん終了します。すなわち出題されることの履修がいったん終わるわけですが、そこで夏休みに入り、復習し、そして学校別対策に入る。

さらに9月に入って学校別クラス編成を敷く塾も多くなるでしょう。で、実際にここから子どもたちは本当に力をつけていく。

だからそこまでに息切れをしてほしくないのです。

多少なりとも体力的なものを含めて余裕をもって6年生の夏に突入してもらいたい。別に成績が上がっていなくても大丈夫。それなりにがんばれたのなら、それでOKです。

で、ここまでに志望校が決まっていて、「ここを受けるぞ!」という気持ちが本人も家族もしっかり決まってきたら、本当はここからスタート、みたいなところがあって、過去問をやったり、「よく出てできない問題」をカバーしたり、知識を覚えて一点を取りに行ったり、として最終的な受験生の姿に変わっていく。

そして本人もああだ、こうだ、いろいろ言っていたかもしれませんが、残り半年ならがんばるか、という感じになってくるのです。

だからとにかく6年生の夏までは何とか持たせてもらいたい。もし持ちそうになかったらスローダウン作戦も悪くはありません。



今日の田中貴.com
採点基準を教えてくれる学校

フリーダムオンライン-学習のヒント-
5年生、スローダウンのすすめ

フリーダムオンライン-お知らせ-
夏期講習のお知らせ









読んでいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« この学校に入... 学校別特訓選... »